« 9月11日(金) メルカリコング | トップページ | 9月13日(日) キャロライン・陽キャ »

2020年9月13日 (日)

9月12日(土) 『カーセックスと共に去りぬ』

 9月12日(土) 『カーセックスと共に去りぬ』

 スカーレットさん、すんません。「車中ニテ性行為ニ及ブ」を意味するカーセックス。これはもちろん、和製英語であり、英米人には通じない。「カーセックス?ホワット」とけげんな目で見られてしまうのが関の山である。本来の英語では「Public sex」(公共の場所でのセックス?警察に捕まるぞ)、あるいは「have sex in the car」(そのまんまやんけ!)となるようである。

 ある爬虫類ユーチューバ―の人がベランダでケヅメリクガメを放し飼いにするためにウッドパネルを敷き詰める動画をアップしているが、ケヅメだろ、1年も持たずにボロボロにされちゃうんじゃないかと思う。ウチのマルギナータリクガメでさえ、噛み散らかせてぼろぼろになっている部分があるから。大丈夫ですかね。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチ、350キロカロリー。昼飯に味噌ラーメン。単品売りのラー麦を使ったストレート麺、同じく単品売りの味噌ラーメンスープを使ったもの。ストレート麺はあの三氣をホーフツとさせる仕上がりであり、味噌スープとの組み合わせもなかなかのもの。よし、今度は豚骨スープを使ってみよう。トッピングは博多万能ねぎ刻み、ゴマ、ゆでもやし。後はレタスをカロリーハーフマヨネーズで。450キロカロリー。夕食は昨日食わなかったどん兵衛カップうどんとコンビニのお握りを一個。後はキャベツ千切りをやっぱりカロリーハーフマヨネーズで。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリー也。

 その後プロジェクターを起動させてネットフリックス配信の『ザ・ベビーシッター キラー・クィーン』を見る。これは私が大喜びで見たスプラッタホラー 『ザ・ベビーシッター』のまさかの続編である。しかもドルビービジョン・ドルビーアトモス配信だ(大笑い)。そして嬉しいことにこの続編は私のヨコシマな期待を一ミリも裏切らず前作以上に間抜けでバカで残酷であった。

 前作のヒロイン格であり、今作でも高校でいじめられる主人公を何くれとかばう良い人だったメラニーが主人公を湖畔のボート遊びに誘う。そんな上手い話などある訳がなく、今度はこの人が悪魔と契約して主人公の血を狙うのであった。前作でどれだけアホな死に方ができるか競争していたような皆さんも悪魔の契約で蘇って、今回もまた実にザツに死んでいく。あのチアリーダーの人は今回もやっぱり胸を撃ち抜かれて「またかよ!」 ここでもまた大笑い。

 なお、こういうお話で「ザツ」というのは決して欠点ではない。むしろ美点でさえある。私は言う、「ホラースプラッターではザツが正義!」さあ、皆さんもご唱和ください。「ホラースプラッタではザツが正義!」

 (あ、あの決して発狂した訳ではないので、キチガイ病院に電話したりしないでくださいね)

 ザツの他に(笑)もう一つ良かった点は新ヒロインのフィービー(ジェナ・オルテガ)、初登場時には単なる変な女の子だったのにストーリーが進むにつれてどんどん可愛くなっていく。主人公からおしっこを顔にひっかけられたりしているのに(笑)。これは変なプレイなどではなく、偶然そうなってしまったのであって勘違いしないようにお願いします。

 画質は今一つ。4Kらしい解像度の高さは感じられるのだが、それは明るい場面に限ってのみ。暗い場面になるとHDRなのにコントラストは取れていないわ、トーンジャンプが出るわ、ハイビジョン画質なみになってしまう。音声もドルビーアトモスらしい重厚さは感じられない。良かったのは重低音の迫力だけであった。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午前12時過ぎに入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。
 
 

|

« 9月11日(金) メルカリコング | トップページ | 9月13日(日) キャロライン・陽キャ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月11日(金) メルカリコング | トップページ | 9月13日(日) キャロライン・陽キャ »