« 9月6日(日) 「ノンアルコールの使者」 | トップページ | 9月8日(火) 「大麻神怒る」 »

2020年9月 8日 (火)

9月7日(月) 花魁級巡洋戦艦

 9月7日(月) 花魁級巡洋戦艦

 同時期にオライオン級戦艦が存在するので駄洒落にするとややこしい。キンドル読み放題で「人間兇器」原作:梶原一騎。劇画:中野善雄を読んでいる。主人公は自身を人間凶器にするべく凶暴の修業に励んでいる(笑)。手の付けられないワルで少年院でもその実力をいかんなく発揮。ボス各に収まる。

 またこいつは根っからのヒモ気質。目をつけた女は確実にものにする。通常性交では飽き足らず必ず肛門も犯し、あられもないポーズの写真を撮影して脅迫の種にする。そしてその後は浣腸である。いちじく浣腸をぶち込み「BUOOO!」と排便させると女の心は折れ、彼に完全に従うようになるのだ。結構、裏切られるけど(笑)。この排便時、主人公が顔をしかめて「わあ、どんな美しい女でもやっぱり臭いや」というのがお約束。

 主人公は後に「神の手 ゴッドハンド」と称される空手家、大元列山が主催する空手団体、空心会へ参加。実力を認められニューヨーク支部副長に赴任する。しかし、この男は結局、大元列山を裏切り、出奔。破門される。その後はメキシコで覆面レスラーとして活躍するも、また騒ぎを起こし今度はキューバに逃げチェ・ゲバラの革命に参加するのであった。

 いろいろあって、アメリカへ舞い戻る主人公。地下プロレスで死ぬような目に会わされたりする。そんな彼を沖縄流空手を使って救い出したのが妻。盲目でありながら神秘の技で戦うのである。この主人公はこの女性との間に子供を作っているのだが、そんなのお構いなし。放ったらかしである。

 主人公は助けられたのにも関わらずまた逃げ出す。そしてアメリカでいろんなことをやらかして、ついに刑務所へ収監されることになる。その罪なんと懲役20年。

 空手の師匠、大元列山は彼のために非難を受け全米支部を閉鎖することとなる。しかし大元列山は主人公を見捨てない。それどころか密かに自身の後継者として見込んでいるようである。大元列山は全米の刑務所で空手を教えることになる。その助手として任命された主人公。感激して忠誠を誓う彼だが、やっぱりいやになってまた脱走し、さらに犯罪を繰り返してついに国際的指名手配を受けるのだ。

 主人公はなぜかCIAの密命を受けて日本へ舞い戻るのだが・・・。

 こうしてあらすじを書いているだけであまりの波乱万丈ぶりに目が回る思いである。また、これほど浣腸を多用する劇画の主人公も初めてだ。とにかくイキオイがあるので、がんがん読み進めているけれども一旦読み終わったら、もう2度と目にすることはないという類の漫画だと思う。

 仕事はまあ、いろいろあった。台風で吹き散らかされた木の葉の始末が大変であった。もっともこの台風の被害は実質それだけだったのだが。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にじゃがりこ半分。300キロカロリー。昼飯はコンビニの冷凍焼きおにぎりとほうれん草の味噌汁。450キロカロリー。夕食は日清の二郎系インスタントラーメンの「豚園背脂醤油豚ニンニク」を食べる。自分で用意するもやしはともかくとして、添付のチャーシュー、にんにくが今一つ。スープや麺自体はなかなかおいしいので、本格的なチャーシューや卸立てにんにくを使うともっと美味しくなるのに違いない。まあ、ラーメン本体だけで700キロカロリーありますけど。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリー也。

 その後、映画は見ずに前述の「人間兇器」に読み耽ったのである。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びて後は録画の「さんま御殿」など。午後11時過ぎからユーチューブに切り替えてまた「キャンプで飯を食う」動画など。

 午前12時過ぎに入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

|

« 9月6日(日) 「ノンアルコールの使者」 | トップページ | 9月8日(火) 「大麻神怒る」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月6日(日) 「ノンアルコールの使者」 | トップページ | 9月8日(火) 「大麻神怒る」 »