« 9月24日(木) 「推しの王子様」 | トップページ |  9月26日(土)「アリとKinKi Kids」 »

2020年9月26日 (土)

9月25日(日) 「アリとキックアス」

 9月25日(金) 「アリとキックアス」

 本来の話は「アリとセミ」で、それがセミになじみのない北ヨーロッパへ伝えられる過程でキリギリスに改変された。当初、夏の間遊びほうけていたキリギリスは「ふざけんな、お前みたいな遊び人に食わせる飯はねえ!」とアリに見捨てられ飢え死にすることになっていた。それはさすがにどうかというおせっかいな人の指摘があって、アリから施しを受ける代わりに施されたら施し返す、恩返しです!キリギリスが働きものになるというつまらない話になった。さらにディズニーによって当時の社会情勢への配慮から「食べ物を貰う代わりにバイオリンを弾くキリギリス」ということになったそうである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。昼飯は豚汁の残りとかつおぶしなどでゴハンを一合。キャベツ千切りも山ほど食った。夕食は突然、どうしても矢も楯もたまらず肉が喰いたくなったのでアンガス牛ステーキ肉330グラムを買ってきてつけあわせの玉ねぎ、キャベツと共にステーキにして貪り喰らう。肉は私の体を活性化させる。私の体は肉食獣のそれへと変化する、がおーっ!これだけの肉でありながら600円前後で買えるのですから誠にありがたいことであります。

 その後プロジェクターを起動させユーチューブのロシア戦闘機のデモフライト映像を見まくる。最近常々思うのだが機体下面の「変形しそうな感じ」はF14亡き後はもうロシア機の独壇場。特にSU57の機体下面は変形しそうどころか、しなければオカシイというレベル(笑)。バトロイドはともかくガウォークならすぐにでも(いや変形しないから)。

 対するアメリカ軍機はF22の下面はほぼぴったんこ。F35に至ってはエンジン単発である。これでは変形のしようがない(いや、だから最初っから変形なんかしないんだってば)。なおF35の通称はライトニングⅡである。ということは初代ライトニングが存在する訳でそれが第二次大戦で活躍した双胴双発単座戦闘機 P38ライトニングとなる(ただし、この通称は英空軍でつけられたもの)。

 ややこしいことに英空軍にはもう一つ、ライトニングの通称で呼ばれた戦闘機が存在した。それがBAEライトニングである。この機体は2基のジェットエンジンを前後にずらした上で縦に並べて配置するという前例のない配置を使用しているのが特徴。このややこしい配置のお蔭でエンジンの下に燃料タンクを設けざるを得なかった。この燃料タンクがすごいぼてっ腹を作り出しており、機体形状をより怪奇なものにしているのである。

 おまけに主翼仮面には主脚が収納されるためにハードポイントが設置できず増槽を懸架することができなかった。増槽はどうしたのかというと、なんと主翼上面に置いたという。増槽を切り離すと当然ながら他の戦闘機のように下方へ落下していくという訳にはいかない。ぺりっと剥がれるようにパージされて後方へすっ飛んで行くのだ。その度に後方を飛行している僚機がきゃあっと悲鳴を上げて避けるという・・・(ウソ)。

 堪能して午後9時過ぎにシャワーを浴びる。その後はだらだらと過ごし午前12時過ぎに入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝・・・と思いきや眠れない。眠気が訪れるまでまたユーチューブでキャンプで火を起こして肉を焼いて食う類の映像を延々と見続ける。結局眠りの世界への入場を許されたのは午前4時過ぎであった。

|

« 9月24日(木) 「推しの王子様」 | トップページ |  9月26日(土)「アリとKinKi Kids」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月24日(木) 「推しの王子様」 | トップページ |  9月26日(土)「アリとKinKi Kids」 »