« 9月22日(火) 便衣兵の泣き所 | トップページ | 9月24日(木) 「推しの王子様」 »

2020年9月24日 (木)

9月23日(水) 「春団治のゲン」

 9月23日(水) 「春団治のゲン」

 ピカのためなら女房も泣かす~。ひでぇ駄洒落。事故物件がどうのと抜かすアレな奴らにはうんざりしているのだが、そんなところに幽霊が出るのならブックオフに遺族によって二束三文で叩き売られた蔵書家のコレクション本とかもっとヤバいのではないか。もっと恐ろしい怨念がこもっているのではないか。前にブックオフで故景山民夫氏のサイン入り幸福の科学本が100円で売られているのを見つけたことがあるけど、さすがに買わんかったぞ。そんなの買ったら寝室にプラモデル作っている幽霊が・・・。

 本日は休み。午前8時に起床してゴハン1合を炊きハムエッグ、大根おろし、味噌汁、かつおぶしで平らげる。その後部屋のお掃除とお洗濯。シーツやまくらカバーも洗濯してマットレスも干す。ああっ、俺ってちゃんとしてる!事務所へ行ってちょっとしたお仕事をしてからお買いもの。特殊スーパーマキイで出来合いのエビフライとバゲットを買ってきた。

 昼飯は朝飯を一杯食べたのでアイスクリームで済ませてしまう。その後はプロジェクターを起動させてiTunes Moviesで映画『レディオアノット』をレンタル。とある大富豪の一族に嫁ぐ女。その一族にはよそ者の花嫁・花婿にはゲームと称してカードを引かせる。そのカードがチェスやポーカーだったらOK。みんなで楽しく遊ぶだけ。しかし、うっかり「かくれんぼ」のカードを引いてしまうと大変なことになる。この一族には「このカードが出た場合、当該花嫁・花婿を夜明けまでに狩り立て殺さなければならない」という伝統があったのである。この伝統は呪いでもあり、これが果たされなければ一族が滅んでしまう・・・と信じているのだ。

 いい年した大人がかくれんぼって、まあ、お金持ちってやっぱり変わっているわね、くすくすと笑う花嫁であるが、目の前で彼女と間違えられて乳母が射殺されてしまう。以降花嫁は純白のウェディングドレスを血に染めながら逃げ惑うことになるのである。この恐怖に満ちた不条理状況が実にヨロシイのだ(笑)。

 ちょっとしたことでゴミのように殺されていく使用人の皆さんも可哀想で可哀想でとても愉快だった。

 そしてまた人を食ったようなラスト。ネタバレはしないけれども、あそこまで爽快なラストは久しぶりだったですよ。

 この作品はHDR、ドルビーアトモス配信。画質は今一つ、暗い映像の中の映像情報がもっと見えてくれないと恐怖を味わいにくくなってしまう。ドルビーアトモスは方向性の表現が実に明快。森の中のシーンで背後でかさかさと音を鳴らすのは恐ろしいので勘弁してください(笑)。

 夕食はマキイのエビフライとバゲット。エビフライはオーブンレンジモードで3分、電子レンジモードで1分加熱。ウスターソースと辛子で食べる。バゲットは前半を塩入のオリーブオイルで責め、後半はハム・チーズ・キュウリ・マヨネーズ・マスタードを使ったオープンサンドで完全決着。お供は安物の白ワイン。ボトル半分ほど飲んでしまった。

 その後はだらだらとテレヴィを眺め時間を過ごす。午後9時過ぎにシャワーを浴びて事務所へ。本日は事務所泊まり。ハイボールを呑み午前12時過ぎに就寝。 


 


 

|

« 9月22日(火) 便衣兵の泣き所 | トップページ | 9月24日(木) 「推しの王子様」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月22日(火) 便衣兵の泣き所 | トップページ | 9月24日(木) 「推しの王子様」 »