« 10月19日(月) 『原子怪獣とラジオ』 | トップページ | 10月21日(水) 港のヨーコ横浜揚子江 »

2020年10月23日 (金)

10月20日(火) 「NGの彼方に」

 10月20日(火) 「NGの彼方に」
 映画『ガール・クレイジー』で「アイ・ガッタ・リズム」を歌い踊ったジュディ・ガーランド。彼女はこの撮影で振付のバスビー・バークレーから執拗にNGを出され、あまりの辛さに楽屋へ駆け込み薬の錠剤をざらざらと口中に流し込んだという。薬と言ったって風邪薬の類ではない、もちろん。

 『怪獣大決闘 ガメラ対バルゴン』 ラストで「兄も死んだし僕はもう一人ぼっちだ。ニューギニアのあの村へ戻ります」という平田圭介(本郷功次郎)、「一人ぼっちじゃないわ」とそっと彼の手を握るカレン(江波杏子)。何をやらかしたのかすっかり忘れて二人だけのラブラブモードである。しかし、平田圭介はそんな生易しいタマではなかった。

 あの村ではバルゴンが産まれる度に大きなダイヤモンドを使ってバルゴンを湖に沈めてきた。そのダイヤモンドはすでにカットされており(笑)、大きさでいえば世界最大のダイヤ原石であるカリナン・ダイヤモンドからカットされた最大のカリナン1に匹敵する。そのカリナン1の推定価格が400億。そんなダイヤがいくつも湖の底に沈んでいるのだ。圭介の狙いはこれだったのである。そんな大きなダイヤなど目立ちすぎて返って売却が難しくなるのではないか。しかし、平田圭介はこう答える筈だ。そのままの大きさで売る必要などない。数個にカットしてしまえばいいのだ。あのブローカーの李(谷謙一)に連絡すればすぐに高額で引き取ってくれるだろう。オレはもう億万長者だ。

 ニューギニアへ向かう旅客機の中でにやにや笑いが止まらぬ平田圭介である。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にゴハン一合をソーセージ、味噌汁、海苔で食べる。げふっ!昼飯はスパゲッティナポリタン。ピーマン、茄子、ソーセージを使用。夕食はピーマンを炒めたものをツマミにしてビールを飲み即席味噌ラーメンで仕上げ。

 その後、プロジェクターを起動させて前述の『対バルゴン』を見ていろいろ腹黒い考えを巡らせたのである。終了後、ネットフリックスで配信中の「鬼滅の刃」を3話ほど一気に見る。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてユーチューブをだらだら見る。肉を焼く皆さんは「良い肉だから塩・胡椒で十分だ」と仰るのだが、その塩・胡椒の振り方が凄いの。ちょっと心配になるぐらい。キャンプの飯だから体が塩分を欲するのは良く分かるのだが・・・。

 ダイソンの天球より、メガマウスの口より大きなお世話ですか、そうですか。

 午前12時過ぎに入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

|

« 10月19日(月) 『原子怪獣とラジオ』 | トップページ | 10月21日(水) 港のヨーコ横浜揚子江 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月19日(月) 『原子怪獣とラジオ』 | トップページ | 10月21日(水) 港のヨーコ横浜揚子江 »