« 1月8日(金) スクルトめくり | トップページ | 1月10日(日) 「愛とマヒャド」 »

2021年1月10日 (日)

1月9日(土) マヒャドに遺憾に存じます

 1月9日(土) マヒャドに遺憾に存じます
 ドラクエ呪文駄洒落第3弾!そういえば昔、「ルーラ無用の悪党に」という駄洒落も考えたな。一昨日は寒かった。雪も積もっていた。夕方には残された雪が凍っていて本気で怖かった。昨日はもっと寒いぞ、もっと雪が降るぞ、ゆーきーやこんこん、あられやこんこん、降っては降ってはずんずん積もるだぞと身構えていたら雪が降らんかった。ほっとした。今日は幾分か気温も上昇し、道路の雪もほとんど消えた。もう足元を気にせずのんのんと歩くことができる。大雪に襲われている地方の皆さんには申し訳ないが、実にホッとしている。

 今日というのは日記を書いている10日のことであります。毎度、毎度、申し訳ありませんがこの日記は時として時空の壁を超えた超時空日記となることがあるのです。

 私の心を悩ませていたパワーアンプ問題、ヤマハM5000にするか、米国ベンチマークのBAH2にするか、であるが私の心は決まった。後者のベンチマーク AHB2にする。国内メーカーであるヤマハ M5000の保守サービス(5年間の保証期間)は確かに魅力的であるが、万が一の故障の際に26.9キロもある重量級アンプを梱包して発送することなどできやしない。結局販売店のお世話になることになる。対するAHB2の保証期間は1年であるが、重量は5.67キロ。サイズも小型なので一人で梱包発送が可能。

 またAHB2は多様な使い方が可能である。モノラルパワーアンプとして使えるほかに、ステレオモードでスピーカーの低域端子、高域端子に接続するバイアンプモードが可能。この接続法は「月刊HiVi誌 2020年12月号」において音場がモノラルモードより立体的に広々と描かれる」と評価されている。最初はモノラルモードで聴いてその音に慣れてきたら、このバイアンプ接続をやってみる。そして「おお、音場がモノラルモードより立体的に広々と描かれるではないか」とHiVi誌のように驚くのだ(笑)。

 このパワーアンプは現在、どこの販売店サイトでも在庫なしのお取り寄せ。私が買うであろう販売店も例外ではあるまい。場合によっては納期に時間が掛かることもあるだろう。その納期がもし半年などという非現実的なものであったら(まあ、あり得ないだろうけど)ヤマハ M5000導入に切り替わることもあるだろう。

 (この販売店さんのお勧めパワーアンプもあって価格的には手頃。この販売店さんのおすすめならばマチガイはあるまいと思うのだが、何しろ、このアンプの会社はガレージメーカーみたいなものなので、万が一のことを考えたらちょっと怖いので対象外とさせて頂く)

 (実物の音を視聴しなくて大丈夫かという人もあるだろうけど、そもそも販売店に在庫がないので聴きようがない。もしあったとしても「音を聞かせてください、いい音ですね、はい、さようなら、別の店で買います」などと言う訳にはいかないではないか)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。昼飯は久しぶりのうどんウェストのそば二玉のざるそばとミニカツ丼のセット。ウム、ウェストのソバのほうが某ゆで太郎のそれより格段に美味しい!夕食は特殊スーパーマキイでフランスパンとチャーシュー。野菜ジュースを飲んでヴァイタミンを補給しフランスパンをオリーブオイル+塩、ハーフカロリーマヨネーズ、チャーシューとスライスチーズの組み合わせでがりがり齧る。ンまい!

 その後テレビや音楽を聞いたりして過ごし午後9時に事務所へ。本日も事務所泊まり。ゆったりと入浴し、後はドラクエ10とユーチューブ。午前12時過ぎに入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

|

« 1月8日(金) スクルトめくり | トップページ | 1月10日(日) 「愛とマヒャド」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月8日(金) スクルトめくり | トップページ | 1月10日(日) 「愛とマヒャド」 »