« 1月20日(水) ボーイスクルト | トップページ | 1月22日(金) キアリク星人 »

2021年1月22日 (金)

1月21日(木) ピオリム少年団

 1月21日(木) ピオリム少年団
 アメリカにボーイスカウトあればソ連にはピオネール少年団あり。YouTube動画で得た日常生活にまったく役立たない知識。全自動麻雀卓は二組の牌を使う。上で人間が麻雀している時に機械の内部では牌が混ぜられて山が作られて待機しているのである。牌たちは「僕たち洗牌されているよう、ああっ、回る回る、ぐるぐるだ!」と喚き騒ぐのだ(ウソ)。

 YouTubeの「ゆっくり解説」動画。霊夢とかいうキャラクターが出てくるやつ。オカルト関連ではなかなか真っ当なことを言っていたのだが、こと食い物の話になるとかなりいい加減なようで。特にコンビニ弁当についての解説は明らかな都市伝説をそのまま紹介していたりする。だいたい、添加物の話になると妙に話を誤魔化してしまうのが良くない。添加物の基準量はざっくりと言うとラットなどの実験動物に生涯に渡って投与しても何の影響も出ない無作用量を求め、人間と実験動物の差を考慮して無作用量の10分の1、人間同士の差を考慮してさらに10分の1ドン!である。つまりラットなどの小動物にすら何ら影響を与えることのできない量のさらに100分の1なのである。これを説明すればウケが取れると思うのだが、なぜやらんのかなあ。

 この解説で大きく取り上げられているのが「100日間100種類のコンビニ弁当を食べ続けた人」の体験談。<100日間コンビニ弁当生活で100種類食べてみてわかったこと100個まとめました。https://foodfighter.jp/konbini-bento-matome>

 客観的な視点がまるでないのはまあ、構わないけれど、<口いっぱいに頬張ると、工場的な身体によくない味がする><冷静に考えたら、賞味期限が長すぎて怖い>などと書かれていると本当にがっくりする(笑)。またこれを伝えるネット記事(2020年12月5日)<https://maidonanews.jp/article/13974339?page=1>に寄せられた投稿にも酷いのがあって<以前ネット記事で、家畜にコンビニ弁当を1ヶ月食べさせたら、一部のコンビニだけ体液が茶色になったとの記事を見た。>おお、西日本新聞の「豚にコンビニの賞味期限切れ弁当を食べさせたら羊水が濁って奇形の豚が生まれた!>話が微妙に形を変えて今でも生き残っている(笑)。

 ひょっとしたら西日本新聞の「コンビニ奇形豚」の話もオリジナルではなかったりして。これにも元になるような話があったのかもしれない。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのお握り1個と玄米茶。200キロカロリー。昼飯は醤油ラーメンとトマト1個。500キロカロリー。夕食はマルタイ長崎皿うどん。豚肉70g、玉ねぎ、にんじん、きぬさや、キャベツ、もやし、ぶなしめじ、ピーマンを使う。本体320キロカロリー、豚肉300キロカロリー。野菜類が150キロカロリーとして770キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,470キロカロリー也。

 プロジェクターを起動してネットフリックスを見てみたのだが、まだ状況は改善されず。4K映像止まり。やっぱり解約してやると怒りに震えつつ「魔法が解けて」を2エピソード見たのであった。

 その後事務所へ行く。本日も事務所泊まり。例によって例の如くドラクエXとYouTube動画で時間をつぶして午前12時過ぎに入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

|

« 1月20日(水) ボーイスクルト | トップページ | 1月22日(金) キアリク星人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月20日(水) ボーイスクルト | トップページ | 1月22日(金) キアリク星人 »