« 12月29日(火) 「夜と霧のスミ入れ」 | トップページ | 12月31日(木) 「夏の犬夜叉」 »

2021年1月 3日 (日)

12月30日(水) 「犬夜叉の不養生」

 12月30日(水) 「犬夜叉の不養生」
 「鬼滅の刃」を見て「ヒー、残酷ざます、子供に悪影響があるザマス、大人の商売に子供を巻き込まないで欲しいザマス!」みたいな人が出てきて、まあ、それはこれほどの大ヒットアニメだから普段アニメを見ない人まで見て必要以上にビックリするという反応に過ぎないのだが、これに便乗して<ある人が「少年漫画誌の編集者が言っていた。こんなの昔だったら許されない」>とか言い出すアレなのがいる訳ですよ。いやいや永井豪先生の「凄ノ王」(1979年)では女子高生が不良グループに輪姦されるぞ、高橋留美子先生の「犬夜叉」(1996年)だって戦国時代の話とはいえめちゃくちゃ無辜の人間が大量にぐっちゃぐちゃに殺されるぞ。何が昔だったら許されないのか。そんなことを言う奴はどんな編集者だっての(笑)。

 まあ、おそらく五分で考えた作り話なんでしょうな。

 しかし、現実世界でもこの手の勢力の侵攻は依然として継続中である。 公立高願書の性別欄、41道府県で廃止「選抜に無関係」<https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=voice&id=6361454より抜粋して引用>性的少数者への配慮などから、公立高校の入学願書の性別欄をなくす動きが広がっている。朝日新聞が2020年12月、47都道府県の教育委員会に尋ねたところ、41道府県がなくしていた。このうち7県は21年春に行う入試からなくす。性別欄があるのは、山形、栃木、群馬、千葉、東京、静岡の6都県で、山形は「22年春の入試からなくす予定」、栃木は「検討中」と答えた。性的少数者への配慮などから、公立高校の入学願書の性別欄をなくす動きが広がっている。朝日新聞が2020年12月、47都道府県の教育委員会に尋ねたところ、41道府県がなくしていた。このうち7県は21年春に行う入試からなくす。性別欄があるのは、山形、栃木、群馬、千葉、東京、静岡の6都県で、山形は「22年春の入試からなくす予定」、栃木は「検討中」と答えた。>

 <引用開始>性別欄をなくした自治体の多くは「トランスジェンダーなど、性的少数者への配慮」を理由に挙げたが、「入学者選抜に性別は無関係で、不要な情報と判断した」(青森県)、「性的少数者への配慮もあるが、性別欄がなくても困ることはなく、他県の状況も見つつ『本当に必要なのか』と議論してきた結果」(山梨県)という回答もあった。<引用終了>

 でも施設整備やクラス分けなどの参考にするため、中学校側が作成して願書と一緒に受験先に提出する調査書には性別欄は残るのだそうです。でも決して、それじゃ意味ないじゃんなどと言ってはいけません。性的少数者への配慮(けっしてフェミの連中がうるさいからこういうことぐらいやってごまかしちゃおう、ではないので注意すること)は大変に重要なのです。

 もう面倒臭いからいっそ受験生全員に覆面被らせて体つきも分からないようにトーガ着せて便所も男女別なくして全部個室にしたらどうっすか。替え玉受験やり放題っすよ。

 本日より年末年始のお休み。まあ、実家の大掃除で終わってしまいましたけど。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。昼飯は卵ぶっかけうどんと大量の刻みキャベツソースかけ。夕食はコンビニのレンジでできる牛鍋でビールを飲み後は柔麺で仕上げ。

 その後は自室の大掃除。掃除機かけただけでオシマイ(笑)。その後シャワーを浴びてお酒。お供はYouTube画像や録画の「ゴリパラ見聞録」 就寝午前1時過ぎ。

|

« 12月29日(火) 「夜と霧のスミ入れ」 | トップページ | 12月31日(木) 「夏の犬夜叉」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月29日(火) 「夜と霧のスミ入れ」 | トップページ | 12月31日(木) 「夏の犬夜叉」 »