2018年8月19日 (日)

8月18日(土) 『チュチェ、帰る』

 

8月18日(土) 『チュチェ、帰る』
 いやー北朝鮮の拉致というのは信じられなかったよなあいやなにもあのキチガイ糞国家を擁護するのではなくて何故他国の国民を拉致するなどという馬鹿馬鹿しい行為をするのか理解できなかったんだよ日本人さらってきてスパイに日本人としての立ち振る舞いを教えさせたというがそんなんフツーに金払って日本人雇えばよかったじゃないかそれに拉致という惨い手段によらずとも当時の日本には病的な北朝鮮シンパがうようよいたのであるそういうのを利用して日本と太いパイプを持っていた方がよっぽど良かったんじゃないか上手くやれば日本は中国に次ぐ親北朝鮮国家になっていたのかもしれないのにとつくづく思う駄洒落。

 長いこと自炊してきてキャベツ・玉ねぎに飽きた。徹底的に飽きた。もう当分食わぬ、これからはホウレンソウ、なすび、トマト、ピーマンと仲良くやっていく。昨年は店頭でほとんど見かけなかった「マルタイの冷やし中華」 今年はどの店でも豊富に在庫していて大喜びで10袋まとめ買いしたら三食で飽きちゃってまだ7袋も残っている。おれはもう「うまかっちゃん」が食いたい。それに昨年まであれほど好んでいた「マルちゃん 北の味わいざるラーメン」も今年はなんとしたことか一袋(2食分)しか食べておらぬ。多分、それは具材に凝るのが(トマト、温泉卵、チャーシュー、茹でもやし)が面倒になったからだろう。そして最近はゴハンもよう炊かん。炊飯器の調子がおかしくタイマー炊飯が上手くできないからだ。昼飯のついでに帰宅時間の40分前にセットする。この炊飯器野郎は私がタイマーをセットして出かけたタイミングを見計らい5分後に炊飯を始めたりするのである。どうりで最近炊き上がりのゴハンがやけにパサついていた訳だ。私がうっかり忘れものをして部屋へ帰らなかったら今でもその炊飯器野郎の陰謀に気付かなかったに違いない。なんと恐ろしいことか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に柔麺1把。200キロカロリー。昼飯は最後のキャベツ・玉ねぎ・ピーマンを使った野菜炒め。300キロカロリー。夕食は日本酒を同量の水で割ったスープ?で豚肉・ホウレンソウ・豆腐を煮たもの。これを大根おろし+ぽん酢+牡蠣醤油で食うのである。これをつまみにビール500ml缶を一本。さらに日本酒をくいくいやっていたらあっという間に酔っぱらう。〆は残ったスープで柔麺を、などと考えていたが急速に眠くなってきたのでどうでも良くなった。

 ソファーの上でまどろみはっと気が付いたら午前2時過ぎ。入眠剤を服用してまた寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

8月17日(金) ガンスリンガー値下げ隊

 

8月17日(金) ガンスリンガー値下げ隊
 民主党駄洒落。本日の夕食ははうな重の鰻抜き。要するにゴハンに蒲焼のタレを掛けて山椒を振ったもの。意外といける。一応錦糸卵のつもりで薄焼き卵をのせたがこっちは火が通りすぎてしまってぱさぱさ。はっきり言ってマズイ。今度は生卵で行ってみようか。いや、しかし生卵の味支配力は圧倒的だからなあ。うな重の鰻抜きが単なるウナギのタレ味の卵掛けゴハンになってしまったら目も当てられない。

 おお、錦糸卵には耐熱皿にラップを敷いてその上に卵液を流して電子レンジで加熱するという調理法があるそうだぞ。確かにこの方法ならぶきっちょ極まりない私でもまともな錦糸卵(味はともかくとして)を作ることができるだろう。しかし、この調理法では卵1個分の卵液を一度に加熱することはできないのではないか。熱が入ったら卵が膨らんで皿からはみ出してしまうのではないか。卵液を半分にするか、しかし卵を余らせても仕方ない。どうやって保存したらいいか分からないからだ。しかし、ここで天啓のごときアイデアが閃いた!ならば卵の半分で錦糸卵を作り、残り半分を後半戦で卵かけゴハンにすれば良い。そうすれば、錦糸卵+うなぎのタレ、生卵+うなぎのタレの2種類の味が楽しめるではないか。

 よーし、さっそく今度やってみよう。あー、ほんとどうでも良い話ですみませんね。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に釜玉うどん。400キロカロリー。昼飯はキャベツ、玉ねぎの野菜炒め。物足りなかったのでこれに千切りキャベツマヨネーズ(カロリーハーフ)掛けを足す。400キロカロリー。夕食は前述のうな重の鰻抜きと豆腐の味噌汁。ゴハン1合を食ってしまった。後は豆腐の味噌汁。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、本日届いたばかりの米国盤UHDの『クワイエット・プレイス』を見る。いや、まあ、終盤の展開は分かっていました。レディガードみたいなのでびーびー怪音波浴びせて撃退するんだと(笑)。ところで皆さん、この手の怪音波で敵を撃退する元ネタは『標的は地球』(『Target Earth』)(1954)だからね、決してティム・バートンの『マーズ・アタック』じゃないからね。『マーズ・アタック』が真似したんだからね(一般の人にとっては寒気がするほどどうでも良いネタ)。

 良かったのは序盤から中盤に掛けて。ゴーストタウンと化したアメリカの田舎町、状況がほとんど説明されないまま幼い子供が怪物に殺される。どうやらこの怪物は音を立てると襲ってくるらしい。一家は手話でコミュニケーションを取り、足音を立てないために撒いた砂の上を裸足で歩く。環境音を除いては一切のセリフ・BGMがなく観客である私も知らず知らずのうちに怪物の気配に耳を澄ませることになるのだ。

 そしてこういう状況下なのになぜか妊娠して臨月を迎える奥さん。破水して「う、生まれる!」かねてから出産場所として予定していた地下へそろそろと階段を降りていくのだが、途中で釘を踏み抜いてあまりの激痛に「ふぎぎぎ」しかし声を出すことができない!ドルーピーのアニメでこんなギャグがあったよな、寝ている保安官を起こさないためにドルーピーに痛めつけられてもその場では声がだせず、わざわざ遠くまで掛けて行って派手な悲鳴を上げる犬の強盗コンビ(「呼べど叫べど」)。それと昔の代表的な危機的シチュエーションの医者も設備もないところでいきなり盲腸炎を発症、麻酔なしで手術!(「漂流教室」)が合わさったようなイヤーな緊迫感に私はもうふらふらです。

 面白かったけど、これほど緊張を強いられる作品はしんどくってそうそう見返せないっての(笑)。

 UHD画質はいまひとつ(DIファイルは2K)、ノイジーであり暗部の立体感も物足りない。ただ、HDR(オリジナルはドルビービジョン)による強烈な光、特に赤い光を放つランプの鮮やかさが印象に残る。音声はドルビーアトモス。こちらは文句なし。床上を移動する怪物の表現、まがまがしいほどの重低音、品位の高いBGMなどどれをとっても一級品である。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。その後、午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて『フェイズIV 戦慄!昆虫パニック』を最後まで。蟻が強くなった・賢くなったというより人間が勝手に怖がって自滅していくように見えるのは『吸血の群れ』と同じだね(笑)。しかしスーパー蟻たちの描写は秀逸で特に黄色の化学薬品にやられた後、数匹の蟻が交代で化学薬品を女王のところまで運ぶ場面は凄かった。この化学薬品を女王に食わせ抗体を持った新しい蟻を生み出そうというのである。個々を群れ全体のために犠牲にすることも厭わない蟻の生態を上手く使った戦慄すべき名場面だ。

 これ、CGじゃないんだよ(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

8月16日(木) 「咬ませ犬のプリンセス」

 

8月16日(木) 「咬ませ犬のプリンセス」
 「咬ませ犬」という言葉を知ったのは戸川幸夫先生の御本からです、はい。とても恥ずかしい告白をします。私は今の今まで『フェイズIV 戦慄!昆虫パニック』を『燃える昆虫軍団』と混同していました。しかも私は『昆虫パニック』を見ていなかった。WOWOWで録画したことで安心してしまってそのままになっていたのです、ああっ、な、なんということだ!

 ということは置いときまして、NHK BSプレミアムで『アンドロメダ・・・』を録画することが出来ました。数年前にやはりNHK BSで録画したのですがその時は忌々しいことに途中でべったり地震速報のテロップが入ってしまい泣く泣く廃棄したのであります。この度、ようやく宿願を果たすことができて私はとても幸せであります。

 本日より通常営業。仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチにゼロカロリーコーラ。300キロカロリー。昼飯は釜玉うどん。400キロカロリー。夕食はマルちゃん焼きそばの豚肉入りヴァージョン。800キロカロリー。いや、やっぱり肉入れないほうが美味いわ、ほんと。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後何をするでもなくだらだらテレヴィを見て過ごす。午後9時過ぎから部屋やトイレの掃除。その後シャワーを浴びて録画分のアニメなど。午後11時過ぎにプロジェクターを起動させ、前述の『フェイズIV 戦慄!昆虫パニック』を1時間ほど見たのである。画質は1971年の映画、しかもWOWOWハイビジョン録画であることが信じられないほど美しい。これもまたパナソニックのUSBパワーコンディショナー 「SH-UPX01」の力なのであろう。

 映画の途中で入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝する。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月15日(水) 「と金の行者」

 

8月15日(水) 「と金の行者」
 横山光輝駄洒落。<https://www.dailyshincho.jp/article/2017/09060801/?all=1&page=2 週刊新潮 2017年9月7日号掲載> およそ1年前の記事であるが、頭から尻尾までMDに対する理解が出鱈目でどうにも笑ってしまう。MDシステムに対するダメサヨのトンチキな言論はいろいろ聞かされたが、この記事はその中でも最高に狂っており、いっそファンキーですらある(笑)。

 <同記事より引用開始>「日本のミサイル防衛ではとても撃ち落とすことはできません」と、防衛省関係者は語る。

「現在は、イージス艦及び地対空誘導弾パトリオット (PAC3)の二段階でミサイルを迎撃する仕組みになっています。イージス艦に関してはSM3という迎撃ミサイルで弾道直下から撃たないと、精度が落ちます。ですが、発射の兆候を掴めずに撃たれてしまえば、弾道直下に艦を移動させるのは不可能なのです」<引用終了>

 SM3は弾道直下から撃たないと精度が落ちる?そんなことは聞いたこともありません(笑)。この記事によれば発射の兆候(発射タイミングはもとより発射される前の段階でコースまで分かるらしい)を把握し、そのコースが万が一分かったらイージス艦を弾道直下に移動させるらしい。イージス艦、何百ノットで走るねん!

 <引用開始>PAC3も同様で、「全国に34基配備されているものの、射程範囲は半径20キロほど。仮に撃ち落とせたとしても、その破片が音速で周囲に降り注ぐことになります」(同)<引用終了> 

 いや、だから迎撃しなければそのまま弾道弾が落ちてくる。通常弾頭・核弾頭、どちらも破片云々とは比較にならない規模の被害が出るだろう。

 <引用開始>「アショアはイージスのレーダーシステムと最新型の迎撃ミサイル、SM3ブロック2Aを日本海側の陸上に配備し、イージス艦の負担を減らそうというもの。2基作れば、日本全域をカバーできると言われています。迎撃の最高高度は1200キロ。とはいえ、北朝鮮は今年5月に火星12型を高度2100キロ超まで達するロフテッド軌道で打ち上げています。そうなれば、迎撃することは不可能です」(同)<引用終了> 

 当たり前の話であるがミサイルは着弾する。迎撃可能領域まで高度が下がったところを狙えばよろしい。迎撃タイミングが難しくなるものの迎撃自体は不可能ではない。

 こんな狂ったことを言う防衛相関係者って実在すんの?

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に専用タレを使った釜玉うどん。うどんを食い終わった後、残ったタレにお湯をさして卵スープにすると2度楽しめる。昼飯は久々の膳でラーメン+替え玉。ああっ、基本のラーメンの値段が280円から320円になっている。40円も値上がりしている。ダメだ、そんなに高くなってはもうここでラーメンを食うことはできない!っていうほどでもないですけどね(笑)。夕食は豚汁。珍しく本当に豚肉入り。ゴハンは食べなかった。

 その後、プロジェクターを起動させて冒頭の20分ほどを見ていたWOWOWハイビジョン録画の韓国映画 『犯人は生首に訊け いやです、キモチ悪い!』(原題『解氷』)を最後まで。主人公である医師のフンスン。物語が進行していくにつれて彼の狂気が世界観を著しく歪めていることに気付かされる。彼のストーリーと現実との乖離が次第に大きくなり、その違和感が一気に解き明かされる面白さは比類なし。

 その後のオチ、はいささか蛇足めいてはいるものの(笑)じーさんのつぶやき「昔は川が4月まで凍っていた。でも最近は3月で氷が解けてしまう(これが原題)。だから早く見つかってしまうので困る」が何よりも恐ろしい。この見つかってしまうものは単なる落とし物じゃありませんよ、もうみなさん分かっていると思いますけど。

 たぶん、このじーさんはベトナム戦兵役経験者であっちでやらかしたあんなことやこんなことが遠因になってあんな浅ましい存在になってしまったのだとか想像するともっと恐ろしくなれます。

 ハイビジョン画質は良好なのだがやっぱり暗い場面はどうしようもないねえ。音声はAACステレオ。これは5.1チャンネルでどんどんずどどどーんと低音を効かせて欲しかった。

 終了後シャワーを浴びてお酒。へろへろと酔っぱらって今年のお盆休みも終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

8月14日(火) シチュー引き回しの刑

 

8月14日(火) シチュー引き回しの刑
 久しぶりにビーフシチューでも作ってみるか。プロ野球では今年から「申告敬遠」が採用されている。これはキャッチャーが「審判さん、次の人凄く打つのでボクたち敬遠したいんですけど」「いいよ!」で敬遠が成立するルール。昔の野球漫画であった敬遠球をヤーッとジャンプして打つなんてことはできなくなった訳だ。

 打者がヤーッとジャンプして打つで思い出したのが「アストロ球団」 川上哲治が無七志の殺人L字投法攻略のためにジャンプして打席を左から右へチェンジし(右から左だったかしらん。まあ、どうでもいいけど)、見事ホームランを打つのだが、その後、ブラック球団監督から「いや、そもそもピッチャーのモーション開始後に打席を移るのはルール違反だけど」という冷静なツッコミが入って思わず噴き出したことがあったのである。

 休みの2日目。とはいえ、父親への必要品配給と入院手続きを行ったのみ。後は部屋でだらんだらんと金玉のしわのごとく伸びきっていたのである。

 食ったもの、朝飯は抜き。昼飯にマルちゃん焼きそばの豚肉抜きヴァージョン。夕食はほうれん草のスパゲティ。本当はベーコンも使わなくてはいけないのだがあいにく切らしておりましたの。それでも結構美味しくできました。

 その後はプロジェクターを起動させて米国盤UHDの『ダークタワー』を再見。前回はドルビービジョン未対応問題で同梱のブルーレイを見たのでUHDはこれが初体験となる。いやあ、やっぱりブルーレイとは隔絶した画質ですなあ。色の美しさ、HDRによる超絶的なコントラスト、比べてみるとその高画質ぶりがより実感できるというもので。

 午後9時すぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画の「さんま御殿」 長嶋一茂がトップアスリートの世界観を実に上手く表現していて驚く。彼はああ見えても(失礼!)意外にカシコイのだ。

 その後プロジェクターを再起動させてWOWOWハイビジョン録画の「超時空要塞マクロス #1、#2」を見る。アクロバットチーム「エンジェルバーズ」として本編中に初登場するバルキリー。なんたる贅沢な使い方であろうか(笑)。航空ショーで展示されている旧式機の旧ソ連っぽさもなかなかいいぞ。

 就寝午前1時過ぎ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月13日(月) 『児雷也の女房』

 

8月13日(月) 『児雷也の女房』
 蝦蟇という字はつくづく凄い漢字だと思う私が考えた駄洒落。米アマゾンよりおすすめ映画メール。<We’ve found some new recommendations that you might be interested in.>『Them! Earth vs. the Flying Saucers』 Blu-ray 『20 Million Miles To Earth』『 It Came From Beneath The Sea』 Blu-ray 『Creature from the Black Lagoon』 [Blu-ray]  『When Worlds Collide』 DVD

 DVDでなら全部持っとるわ(笑)。『Creature from the Black Lagoon』(『大アマゾンの半魚人』)は3Dブルーレイ持っとるわ。

 この手のクラシックSF映画のDVDを米アマゾンで買いあさっていた時、「この映画を買った人は他にこんな映画もみています」というおすすめ画面に表示される作品群が全部私の持っている奴で「この映画を買った人」というのはオレのことなのだ!と分かってちょっと怖くなったことがあったなあ(笑)。まあ、この時買ったDVDのほとんどがリージョンコードの関係で今では再生すらできなくなっているけど、クソ。

 本日よりお盆のお休み。起床は午前10時過ぎ。いくら盆休みといってもあまりにも怠惰ではないかと怒られそうだが、何しろ昨晩寝たのが午前3時過ぎですからなあ、しかも父親の入院騒ぎで疲れ切っておりましたからなあ、大目に見てくださいな。

 末弟家族が遊びに来ていたので彼らが持ってきてくれたお寿司などで昼飯。その後は部屋に戻って音楽など。父親の病院には母親と弟が行ってくれたので私はちょっとのんびりしたのである。夕食はお寿司の残りで簡単に済ませてしまう。

 その後プロジェクターを起動させてUHD『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル』を再見。終了後シャワーを浴びてまたお酒。お供は録画の「タモリ倶楽部」など。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月12日(日) オカズの間

 8月12日(日) オカズの間
 姪のT子が某デパートでアルバイトをしているそうな。私は勝手に「そのアルバイト先が地下の惣菜売り場で彼女はアルバイトを始める前よりお腹が空いたと思う時が二倍になった」と想像している。これを言ったらT子は多分かんかんになって怒ると思う(笑)。

 今日はちょっと大変だった。父親が体調を崩して午後3時半から車で某病院へ連れていく。いつもの腸閉塞かと思いきや、病状は意外と深刻で、場合によっては開腹手術の要ありと説明されて青くなる。それから2度の血液検査を経て手術自体は回避できたものの、検査、処置で時間が掛かり父親を入院させて帰途についたのが午前12時半。病院に到着したのが午後4時だったから実に8時間半が過ぎていたのである。

 結局手術の必要はなかったし、処置後の父親が大分落ち着いた様子だったので安心して帰宅したのだが、20数年ぶりの午前12時過ぎのドライブはちょっと気味が悪かったですなあ。

 午前1時過ぎに自宅へ到着。シャワーをさっと浴びてビールやウィスキー水割りを飲む。午前3時を過ぎても気が高ぶっていて眠れそうもなかったので酔っぱらって入眠剤服用と言う荒業を試してみたら、どすんと気をうしなうかのような勢いで寝てしまった。

 あ、食ったものは朝飯にコンビニのサンドウィッチとゼロカロリーコーラ。昼飯は入院騒ぎで食いそびれ、午後6時過ぎに病院内のローソンで買ったうどんとお握りで夕食。帰宅後は前述のごとく酔っぱらって寝たので夜食はなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月11日(土) ジェーンウェイ共済

 8月11日(土) ジェーンウェイ共済
 「スタートレック駄洒落」 昔、携帯の着信音を「スタートレック ディープスペースナイン」のメインテーマにしていたところがある。ちょっとしたトラブルがあって何度も呼び出されるようになり、心労のあまりこのメインテーマ、はては「ディープスペースナイン」そのものを嫌いになりそうになって慌てて着信音から外したのであった。

 韓国映画『犯人は生首に訊け』 冒頭15分あまりを見ただけなのだが、それでもイヤーな映画だと分かってしまう。主人公の医者が住んでいるマンションの大家さんはお肉やさん。今日も今日とて店頭で肉の処理に励んでいる。この店の先代が少しぼけてきていて、息子が処理したばかりの生肉を口に入れたりする。それも生の豚肉を。娘があわてて「お父さん、豚肉はダメよ、E型肝炎ウイルス(HEV)が!食中毒が!」それでも先代は何しろぼけているから「いいじゃないか」と言いつつくちゃくちゃと噛み続ける。彼の唇の端から赤い液体がつつーっ。

 うわあ、い、イヤだなあ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとカフェラテ。何か腹がいっぱいになってしまい昼飯はミニサイズのチョコミントアイスクリーム2本で済ませてしまう。その分、夕食は300グラムオーヴァーのアンガス牛ステーキとゴハン半合、豆腐・ホウレンソウの中華スープという超豪華メニューでしたけど。

 その後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ロンドン ペイバック』を見る。いや、ヤクザものから40万£(日本円にして約5,600万)という大金を奪っているのに呑気な主人公がはがゆくてならん。なんでそのまま別れた彼女のアパートメントに住み続ける?(この辺はちょっと複雑な事情があるのだが、面倒臭いので割愛させて頂く)、なぜパスポートを持ち歩かずアパートメントに置いたままにする?なぜ友だちに大金をばらまく?なぜ怪しい女をアパートメントにためらいもなく連れ込む?

 嬉しいのは分かるけれども、ここまで呑気だと物語全体がウソっぽくなってしまうではないか。いや、映画はフィクションでウソだけど(笑)見る方は最低限のリアリティを欲しているのだ。

 ただ、主人公を追う二人組はなかなかの間抜けさを見せてくれてよろしい。やっていることは残忍極まるのにどこかユーモラスなのである。この過程においてだんだん仲良くなっていくように見えるのだが、ラストで主人公に逃げられ切れてしまい、「もう、うんざりだ、全部警察にぶちまけてやる」を喚く相棒をもう一人があっさりと射殺。「わりーな、オレ、お前のお目付け役だったんだ」こういうのは上手いです。

 ハイビジョンはフツー。暗部のノイズやトーンジャンプが目立ちすぎ。音声はAAC5.1チャンネル。音場の上方向がすかすかで物足りないサラウンド・・・と思ったのだが、AVプリアンプ ヤマハ CX-A5100のサラウンドモードを「エンハンスド」にしてしまっていたことに後から気付いた。これは「ドルビーサラウンド」モードにしてやらないとAAC音声では上手く上方向に伸びてくれないのである。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎにプロジェクターを再起動させて『犯人は生首に訊け』を見始めたのだが、前述のとおりとてもイヤーな気分になって20分ほどで鑑賞をストップしたのである。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

8月10日(金) サマータイム県川越市

 

8月10日(金) サマータイム県川越市
 仙台市ア・バオア・クーに続く地名駄洒落。いや、まさか本当にサマータイムなんかやったりしないよねえ、日本。<https://career-find.jp/archives/35588>安倍総理は2017年6月に末期がんで余命3ヶ月の宣告を受けた・・・。もう寝も葉もないクソみたいなデマだと分かっているじゃないか。それなのに、なぜ、今頃(2018.6.28)になって持ち出してくるのか。バカじゃないのか。

 それ以外にもこの記事は安倍首相はうつだ、軽度の総合失調症だ(この記事では小泉元首相にも統合失調の疑いありなどと書いている)、発達障害(「安倍首相が世間に謝らないから」だそうだ、ぷぷぷっ)だの昭恵夫人との関係が極度に悪化しているとか、言いたい放題の書き放題。それでいて最後の最後に<いろいろあるとは思いますが、今後も末永くお元気で総理大臣として国家運営を行われることを願ってやみません。>ですと。

 本当にどうしようもない記事ですな。

 なお、安倍総理末期がんデマの出所はこいつ。 https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/7052e8942c53ca9fb9f4b49ec4b1e201

 (関連情報を調べるために検索していて見つけたサイト。http://takayamaukondaiyunagafusa.net/ これもすげえアレだ)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとカフェラテ。昼飯はKら寿司の某大きな病院前店へ行ってみる。酢飯がきつくてはっきりってマズイ。指定された席には横のおばちゃんが荷物を置いていてイラッとさせられた(これは店の責任じゃないけど)。後は食べ終わった寿司の皿をレール下の回収口に落とす音がうるさい。私も落としたけど(笑)。これならフツーにKっぱ寿司に行っておけば良かった。夕食は何か面倒臭かったのでうまかっちゃんで済ませてしまう。

 その後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『スマーフ スマーフェットと秘密の大冒険』を見る。スマーフ側のキャラクターはまあ、ごく当たり前の人たちでいまひとつ面白みに欠けているのだが、それを補ってあまりあるのがヴィランの魔法使い一味。禿げで団子鼻の魔法使い、さかんに猫語で不満を訴える猫(一応魔法使いとの間でコミュニケーションが取れているらしい)、まぬけ顔のコンドルだか禿鷹だかの鳥が良い味を出している。

 川(海?)でおぼれそうになった魔法使いをスマーフたちが筏の上にひっぱりあげて助けたら、魔法使い「ありがとう、ありがとう」と涙をこぼさんばかりにして感謝していたのに、その一瞬後「でもわしはやっぱり悪人なんだもんね」と叫んでスマーフたちを払い落としてしまうギャグにも大笑いだ。

 魔法使いの小屋はもろにフランケンシュタイン博士の実験室だけど、これは定番ですな。あと、ちょっとわかりづらい『スタートレック2 カーンの逆襲』ネタもありましたぞ。

 ハイビジョン画質は綺麗なのだがその分画像破たんが目立つ。音声はAAC5.1チャンネル。BGMの品位が高く動きの表現も実に的確である。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

8月9日(木) 「佐清とハンニバル」

 8月9日(木) 「佐清とハンニバル」
 元ネタは「スキピオとハンニバル」と『犬神家の一族』  『犬神家の一族』はやっぱり水面から足が突き出ているヴィジュアルがどうにも衝撃的だったなあ。あれを初めて見た時思わずげらげら笑ってしまったもの。

 韓国映画 『野良犬たち』 いやもう、ジブリアニメのように夢と冒険と希望に満ち溢れた映画でねえ(笑)。人をイヤーな気分にさせる仕掛けの巧みさに辟易しながら引き込まれてしまう。閉塞的な寒村で何やらよからぬことが進行中!というストーリーは珍しいものではないが、その「よからぬこと」が露見するきっかけが一人の少女に対する性的虐待だったりするのである。この少女は夜盲症であり、暗いところでは目が見えない。それを利用して村のいい年こいた親父たちが夜ごと彼女をいたぶりまくる。しかも家に入って電灯のスイッチを切るという手間を省くために家の前の電柱に特別のスイッチを設けているという・・・。

 ここまでされてなぜ少女が村から逃げ出さないかというと、それは彼女の母親が末期がんで寝たきりだから。この母親がいよいよ危ないということが分かると親父たちはにやにやしながら「母親が死んだらあいつは逃げる。俺たちのやってきたことがバレるとさすがに不味い。いっそのことあいつをぶっ殺して死体を肉挽き器にぶちこもう!」このオヤジたちはベトナム戦での兵役経験があるのでへんな風に腹が据わっているのである(笑)。

 私はね、正直言うと電柱のスイッチとこの肉挽き器の件でもう心が折れそうになりましたよ。いくら韓国映画だって限度があるだろうと。しかもこれが例によって例の如く「実話ベース」だというのですから、本当に韓国映画というのはすげえなと思うのであります。

 なお、少女虐待の伏線としてこの親父たちが酒を飲みながら「ベトナムでやらかしちゃったあんなことやこんなこと」をがはははと笑いながら自慢しあいます。なんだ、韓国でも「ベトナムであんなことやこんなことをやらかしちゃった」という認識がちゃんとあるではないですか、ねえ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にカフェラテとコンビニの調理パン。昼飯は初めての蕎麦屋でカツ丼・ソバのセット。ソバは三玉まで価格が同じと言うソバウェストと同じシステム。またこの店では客がそばを食べ終わる頃に「おそばの追加はいかがですか」と聞いてくる。私は二玉を頼んでいた。三玉まで価格が同じシステムだから一玉追加しても同じだろうと思って頼んだのだが、しっかり70円取られてしまった(笑)。まあ、これはともかくとしてつゆの味がしょっぱすぎて私の好みからは外れているのでもう行かないだろう。夕食は玉ねぎ半個をラップして電子レンジで三分加熱した奴とサッポロ一番味噌ラーメンで済ませてしまう。

 その後プロジェクターを起動して前述の『野良犬たち』を見たのである。ハイビジョン画質は良好。すっきりとして見通しのよい映像が楽しめる。まあ、暗部はノイズだらけでびっくりするようなトーンジャンプも出るけど。音声はAAC5.1チャンネル。重低音が誇張されすぎと思ったのだが、映画が進んでいくにつれ、そのあまりに凄惨な内容にその違和感がかき消されてしまう。そりゃどーん、どーんと重低音鳴らさなきゃやってられませんって(笑)。

 その後、シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させ『海底軍艦 HDリマスター』の続き。午後11時半に入眠剤を服用して午前一時過ぎに就寝する。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧