2017年4月27日 (木)

4月26日(水) アーリア人バンク

 

4月26日(水) アーリア人バンク
 愛人バンク 夕暮れ族。最盛期には日本全国で5,000人を越える会員がいて、大学教授や弁護士、医者などのいわゆるインテリ層も多かったというから、まあ、呆れたものである。

 本日は休み。午前9時に起床してコーヒーを飲んでぼーっとする。午前10時過ぎに朝飯。塩秋刀魚を焼いて野菜味噌汁でゴハンを一合食べる。塩秋刀魚はカラーラで焼いたのだが、外は雨である。はい、4月24日の日記で書いたように風呂場へカラーラを持ち込んで焼いたのである。おかげで部屋が魚臭くなることはなかったけど風呂場の中がえらいことに(笑)。

 その後事務所でちょっと仕事してまた戻ってきてぼーっ。本日は珍しく映画は見ずに音楽を聴きまくる。ためしにサブウーファー TD725MK2のヴォリュームをちょっとあげてみたら、わあ、音の厚みがまして音場がより一層立体的になった。このセッティングでシンディ・ローパーの「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハブ・ファン」(「ハイスクールはダンステリア」)を聞くと元気が出るなあ。まさに懦夫をして立たしむ響きちゅう奴ですなあ。

 夕食もまた塩秋刀魚を焼いてビール500ml缶一本飲んで、豪華版マルちゃん「北の味わいざるラーメン」で仕上げ。

 その後、プロジェクターを起動させてUHDブルーレイの『ディープウォーターホライズン』(邦題 『バーニングオーシャン』 4月21日より絶賛公開中)を再見。冒頭の水中場面ではちょっとトーンジャンプ的な挙動が出ているなあ(笑)。まあ、これがブルーレイだったらもうぐにゃぐにゃでまともに見られたものではない映像になっているだろうけど。

 石油リグの爆発後はなんといっても夜空を彩る紅蓮の炎が見もの。実話に起きた事故の映画化なのだからちょっと不謹慎かもしれないが、美しいものは美しいのだ。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 竹田さんの同性婚はダメだ、日本の家族制度が崩壊する、でも同性愛者の人権は尊重するという無茶苦茶な理屈に大笑い。頭としっぽが全然繋がってねー!

 午後11時過ぎにプロジェクターを再起動。ブルーレイ「サンダーバード」より「太陽反射鏡の恐怖」を見る。今の高画質だと太陽反射鏡の支柱に木目があることがはっきり分かっていささか興ざめ(笑)。4Kアップコンバート映像の100インチで見たりする俺も悪いんだけど。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月25日(火) 深井零の姿煮

 

4月25日(火) 深井零の姿煮
 ジャムに捕獲された深井零中尉がバーガディシュ少尉と同じ目に!自分でいうのもなんだが、これは凄い駄洒落だと思う。まさに10年に一度の駄洒落である。毎日、駄洒落をひとつずつ考えるという過酷な修行を続けているとたまにこんな瞬間が訪れるのだ。

 最近の私。以前は野菜にはマヨネーズ、マヨネーズ、そのマヨネーズに醤油、レモン汁、胡椒を混ぜたものが一番!であった私であるが、何しろ食生活がヘルシーになったものだから(笑)、トマトを食べるのにオリーブオイルなどを使うようになったのである。オリーブオイルに塩を振って、トマトになすりつけてオーソレミオ!と食べると妙に青臭くて妙に美味しい。そのうち、フランスパンなどもこのオリーブオイル&塩で食べるようになるかもしれん。

 この変わりよう、自分でも信じられぬ思いだ、うん。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。300キロカロリー。昼飯はもやしをたっぷり入れた即席ラーメン、出前一丁。500キロカロリー。夕食はマルちゃん「北のあじわい ざるラーメン」 もちろん、スライスドトマト、もやし、温泉卵、チャーシューをこれでもかと盛り込んだ豪華版だよ。北朝鮮のミサイル技師が思わず「う、ウマそう」と唾を呑みこんだりして、そのせいで注意散漫になってミサイル発射を失敗したりするくらいだよ。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、米国盤ブルーレイの『ヒルズ・ハブ・アイズ 2』を再見。やっぱり趣味の悪いクソ映画だよなあ、これ(笑)。良くもまあ、こんな映画作るよなあ。でも俺はいくつになってもこんなのが大好きなんだよ。

 しかし、このブルーレイソフト スペック的には一層25GB収録であまり誉められたものではないのだが、画質が実によろしい。解像度は最新ソフトに負けず劣らずだし、それでいて嫌なノイズがほとんど見られないのである。後半ミュータント鉱山に入るとほとんど暗い場面になってしまうのだが、それでも明滅やあからさまなトーンジャンプはまったくなし。ちょっと黒潰れしているような気がしないでもないが、コッチの方がよほどましである。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

4月24日(月) 「学芸員大作戦」

 

4月24日(月) 「学芸員大作戦」
 キュレーター駄洒落。カラーラで塩秋刀魚を焼いてみた。実に美味く焼けた。レモンを振って味ポンかけた大根おろしと共に食べると何だか夢のように美味しかった。

 しかし焼き魚の常、それも塩をされたとはいえ脂の多さでは定評のある秋刀魚である。カラーラだと煙はほとんど出ないのだが、やっぱり臭いが残る。寝室の窓を開けて一時間ほど換気扇を回してみても気になる。部屋自体が魚くさくなるのはまあ、かまわんのだが、何しろAVルーム兼用でしょう、ローンを積み重ねてやっとの思いでそろえてきたAV機器に臭いがついてしまうのはいかん。でも、焼き魚は食いたいし・・・。

 はい、延長コードを買ってきてカラーラをルーフバルコニーに持ち出して焼くことにしました(笑)。今は寝室の窓から外へ出るための踏み台に置いているのだが、そのうち専用のテーブルないし台を買ってこようと思う。他人からみればものすごく変だと思うけど、仕方ないのだ、うん。

 雨が降っている時はどうするか。その時は風呂場・脱衣場にカラーラを持ち込んで焼くのである(笑)。今でも炊飯用のIH調理器を常備して飯を炊いているのである。そこで魚を焼いて何のおかしいことがあろうか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は抜き。昼飯は久しぶりにうどんウエストでざるそばとカツ丼のセット。もちろん、蕎麦湯もたっぷり飲んだぞ。外食摂取カロリー量暫定一律基準の1,000キロカロリー。

 夕食は焼いたソーセージを摘みにビール500ml缶一本飲み、後は茹でておいた根菜類、玉ねぎ、じゃがいも、にんじん。ソーセージが300キロカロリー、根菜類が160キロカロリー。根菜類は玉ねぎ、にんじんは少量のマヨネーズと醤油、じゃがいもはケチャップで食べる。びっくりするほど美味しかった。

 本日の摂取カロリー量は1,460キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイで『ガール・オン・ザ・トレイン』 エミリー・ブラントがブラックアウトしてなかったら話は簡単じゃん、だいたい、あの鬼旦那が一番やばいところを目撃したエミリー・ブラントを放っておくわけないだろ、いくら元妻のエミリー・ブラントが酒で記憶を失うことがあると知ってても、確実にそうなるとは限らないんだから。

 というツッコミは、鬼旦那がエミリー・ブラントのブラックアウトを利用して、彼女の記憶を自分の都合の良いように改ざんし、それを虐待のネタにしていたという驚くべき真相で帳消しになってしまうのであります(笑)。

 鬼旦那の現嫁が専業主婦なのにベビーシッターを雇っていたのは、一度、エミリー・ブラントに赤ん坊を誘拐されそうになったから、エミリー・ブラントが赤ん坊を連れ出そうとしたのはおそらく彼女の潜在意識に鬼旦那の虐待の記憶があったから等々、何か不自然に思えていたこれらの事柄に終盤びしびしと解答が与えられていくさまはまことに気持ちようございました。

 ハイビジョン画質は超絶的。特に驚かされたのが森の場面でUHDブルーレイ的な奥行き感を見せてくれる。音声はDTS X(DTS Headphone:Xも収録)。映画が映画だけにサラウンドも地味です(笑)。

 シャワーを浴びてお酒。お供はまたまた「ゴリパラ見聞録」 午後11時過ぎからプロジェクターを起動させてデジタルリマスター版の『ゴジラ 1954』 プロジェクター X770、UHDブルーレイディーガ UB-Z1の組み合わせによりコントラスト能力が倍増、ハイライトが伸びるのでああた、服のテクスチャーやしわの表現がえらいことになっとります。

 この画質に驚いてついつい最後まで見てしまいましたとさ。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

4月23日(日) 「駄弁って応援」

 

4月23日(日) 「駄弁って応援」
 食べて応援駄洒落第2弾。本日放送されたTV東京の日曜ビッグ「大反響!!“池の水ぜんぶ抜く”!緊急SOS外来種から日本を守れ」鯉を外来種と断定しており(日本在来種は現在琵琶湖のみに生息)ちょっとびっくり。クサガメが外来種であることも紹介したのも前代未聞ではないか。

 でもようでっかいアリゲーターガーは確かに外見が恐ろしいが、人を襲ったりしないぞ。「水曜スペシャル」のガーギラスじゃないんだから(笑)。池に隣接する小学校ではガーがいるから危ないので池に入ってはいけないと児童に勧告したそうだが、だったらそれまでは池に入れたのか。そっちの方がよっぽど危ないじゃないか(まあ、あんな汚い池に入るコドモはおらんだろうけど)また、番組では「危険、危険」と煽っていたが、ココリコ田中が「わあ、網に食いついている!」と叫んでいたが、ガーを保護するためにやってきた施設の人は素手で魚体持ち上げていたぞ。
 
 そして、相変わらずカミツキガメを危険動物扱いなのはどうか。池の脇には地元の人が日常的に使用する道路が!ってカミツキガメが道路をのこのこ歩いて(これ自体はあり得るけど)人がきたらがぶりとやるんかい!んな訳ねー。カミツキガメは絶対に排除しなくちゃならない!と力説する大学の先生(これ自体は正しい)。カミツキガメはこんなに狂暴で危ないのです!でも先生、何がいるか分からない穴の中に手袋もしないで手を突っ込んでアカミミガメ捕まえていたぞ。 手伝いにきた研究室の女子学生さんたちもゴム手袋だったぞ、そんなに凶暴で危ないのならもっとごつい手袋使えや!

 甲長25センチオーバーのアカミミガメが大量に捕獲されているのにも笑った。あんなにでかいアカミミ見たの初めてだ。飼育下ではなかなかああまでならん。甲羅の色が綺麗なのは子亀だけで大きくなると黒ずんで不細工になると言われているけれども、この番組で出てきたでっかいアカミミたちはそれなりに綺麗だった。こういうことを言ってはなんだが、この亀に対する認識をすこし改めさせられた。

 でもほんと、気軽に飼うもんじゃないからね、あれは。

 私は大いに満足した。しかし、エンドクレジットが流れたところで大変なことに気が付いてしまった。あれあれ、カミツキガメが危険、デンジャラス、人が危ない!みたいなことを散々言っておきながら今回はただの一頭もカミツキガメでてこなかったじゃん!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。220キロカロリー。昼飯は茹でホウレンソウと昨日茹でておいた玉ねぎ、じゃがいも、ニンジンを使った根菜味噌汁。130キロカロリー。夕食はカラーラで焼いた塩秋刀魚、刺身の盛り合わせ(本当はスーパーの刺身切り落とし 198円)、昼飯の味噌汁の残り。ビール500ml缶一本飲んでゴハン一合。1130キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,480キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイで『ドントブリーズ』を見る。評判通りの大傑作。いや、ネットで「盗みに入る若者たちにも事情があって」という評価があって、私などはどんな事情があっても退役軍人でメクラの家に盗みに入るのはただのクズだろうと思っていたりしていたんですねー。いや、実際、登場人物で切迫した事情があったのはヒロインの女の子のみで、その仲間たちは不動産管理業の父親から委託物件のカギを盗んで盗みに入るというクズ(いや、そもそもそんなこと繰り返していたらすぐに捕まると思う)、女の子の彼氏で盗みに入った先で必要もないのにガラスの置物を壊し小便を垂れるというクズ(昔、日本では盗みに入った家でウンコを垂れると言う大便泥棒というのが実在した)、みたいなやつらなんですよ。

 ただ、彼らが大金を盗もうとしたメクラの退役軍人がそういうもろもろを銀河系のかなたまですっ飛ばしてしまうような化け物だったという(笑)。どうです、皆さん、コーフンしませんか、私はものすごくコーフンしましたよ。

 そして、さんざんこの手のホラーを見てきてはらわたが飛び出そうが目玉がぷちゅっとつぶれようが睾丸に赤熱した針金を突き刺されようが、肛門をドリルでえぐられようが(以下、延々と続く)どんな残酷場面でも平気な私が思わずやられたぁ!と叫んでしまった映画でもある。

 それはあることをするためにメクラの退役軍人が冷凍しておいた自分の精子をガスの火で温めて溶かす場面。その解凍された精子の中に毛が二本浮かんでいる!冷凍しておいた精子をガスで溶かすという無意味な行為、そしてメクラゆえにその中に毛が混入していることが分からない、このダブルパンチが私の脳髄をぐんらぐんらと揺さぶったのだ!

 くだらないホラー映画とか山ほど見ていると、こういう一般人にはまったく訳が分からないようなことでこれほどまでに感動できるんだよ(笑)。

 ハイビジョン画質は良好。暗部の描写能力に優れメクラの退役軍人が(いちいちメクラ、メクラと書くのはやめなさい)わざと電気を消す場面が非常にリアルでおっかなくなっている(なぜ、メクラなのに電気がつくようになっているという疑問を持つ方がいらっしゃるかもしれませんが、これは映画の後半で明らかになるあることへの伏線になっているのであります)。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。この映画はほとんどの場面がメクラ退役軍人の家の中なのだが、その閉塞空間の雰囲気の表現がウマい。サラウンドの遠近感も抜群だ。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は前述の日曜ビッグ「大反響!!“池の水ぜんぶ抜く”!緊急SOS外来種から日本を守れ」

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

4月22日(土) 「ダビデで応援」

 

4月22日(土) 「ダビデで応援」  
 一応、「食べて応援」の駄洒落っす。さて日本映画専門チャンネルハイビジョンで放送された谷啓の『喜劇 負けてたまるか!』をようやく見終わった。大学中退、無職、下宿代半年滞納の青年、谷啓が世間になんとか自分の居場所を見つけようと奮闘する姿を描いた好編。彼は香典返しのセールスを経て作詞家に弟子入り。首にされると今度は自分たちで作家のプロダクションを作り大成功を収める。しかし、会社を乗っ取られて放り出されてしまった彼は折からのテレビ勃興時代に乗っかり、ヒトの仕出し屋(要するにエキストラ仲介業)を始めてこれまた大成功。しかし同業者の妬みにあって袋叩きにされ、この仕事もお釈迦。ひょんなことから生CMに出演。カンペがライトで見えずに出鱈目口走ったらこれが逆に受けてついにはタレントに転身してこれまた大成功・・・。

 彼の七転び八起きの半生を通して当時の芸能文化史を物語る構成には隙がなく、これは隠れた名作だと思う。谷啓のキャラクター性がちょっと弱いのが玉に傷なのだが(『クレージーだよ奇想天外』のミステイク7を期待すると裏切られる)、その辺を補ってくれるのが人見明、浜美枝、平田昭彦といった面々だ。

 スケベェな作詞家を演じる人見明はいやに出番が多くてLDの時代からクレージーキャッツ映画を追いかけてきた身としては大変に嬉しい(笑)。

 浜美枝は初登場時、人見明に迫られてスリットの入ったミニスカートがまくれ上がりほぼ太もも丸見え(笑)。その後、谷啓とひょんなことからできてしまい押しかけ女房となる。この経緯から尻軽の軽薄な女かと思えば、彼女は文句をぶーたれつつ、最後の最後まで谷啓の糟糠の妻を勤めるのであった。まあ、最後の最後で「離婚よ!」と叫ぶのだが、谷啓の母親、飯田蝶子の上京で沙汰やみになってしまったし。

 そして、浜美枝の元夫の平田昭彦は暴走と言っても良いほどの演技を見せる。あのダンディズムの具象のような人間が「良い喘ぎ声を出させるために」コールガールの胸をにやにやしながら揉みしだくのだ、どしぇー!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にカップヌードル ナイスと野菜ジュース。250キロカロリー。昼飯は素麺2把と茹でホウレンソウ 400キロカロリー。夕食はカラーラで焼いた塩さんま1尾 221キロカロリー。後は茹でたじゃがいも1個、人参半分、玉ねぎ半分を白出汁で茹でたもの。160キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,031キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターにてWOWOWハイビジョン録画の『あいつだ!』を見る。2日続きの韓国オカルトノワール映画(こんなジャンルあるんかいの)しかもやっぱりユ・ヘジンが出てくる。昨日の『極秘捜査』では正義の占い師(笑)だった彼は今作では「媚を売る女は許さん!」の連続殺人鬼になってしまうのだ!

 最愛の妹を殺された主人公のチュウオンが「人の死に方が見える」霊能力少女イ・ユヨンの助けを借りて真犯人を突き止めそして復讐を果たすという物語なのだけれども、『極秘捜査』とまったく同じで警察は無能で横暴、海辺の町の異様なまでのみすぼらしさ(まあ、あれは周囲の地上げがほぼ完了していて再開発直前という事情もあったのですが)、イ・ユヨンへ浴びせられる周囲からの容赦のない迫害(本当に塩を撒かれている!)、そして何より、これもやっぱり実話ベース!という韓国エッセンスが凄いんである。もうこれだけで私は満足なのである!

 しかし、なんですなあ、韓国というのはいや、あれは軍事政権下だったからという言い訳がつくづく通用しない国ですよなあ。今でも同じようなことをやってますからなあ。

 ハイビジョン画質は良好。高い解像度で描かれる漁港の風景に思わず見とれてしまう。音声はAAC5.1チャンネル。サラウンドチャンネルの定位が良好。重低音の使い方も上手い。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動して前述の『喜劇 負けてたまるか』を見たのである。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

4月21日(金) ファースト毛沢東

 

4月21日(金) ファースト毛沢東
 ファースト毛沢東テーマのSF。昨日、アニメ「笑うカドには福来たる」じゃなかった「カドが立つ」じゃなかった「正解するカド」を見て考えた駄洒落。

 小西ひろゆき参議院議員がトップスピードで暴走開始!もっともこの人は始終暴走してばっかりだけど。
 <https://twitter.com/konishihiroyuki/status/854990157325389824より引用開始>安倍総理は法論理ではない不正行為によって歴代解釈を破壊し、国民から憲法9条を強奪した。つまり刑事犯罪人で例えるならば安倍総理は強盗殺人犯である。その安倍総理が共謀罪を濫用しないと主張するのは、強盗殺人犯が「私は自分の身勝手で泥棒することは絶対にありません」と主張するのに等しい。<引用終了>

 安倍政権の閣僚の失言に歯止めがかからん!とかいってっけどさ、こんな暴言というか、アレな発言を自身のツィッターでやるアレな議員には何のお咎めもなしっすか。

 <https://twitter.com/konishihiroyuki/status/854698588315635712より引用開始>正直なところ、安倍内閣の解釈変更が法論理も何もない不正行為であることを暴き、すなわち違憲の絶対証明を行い、今なお信念に基づきこれを追及している私は、共謀罪が成立すると本気で国外亡命を考えなければならなくなると覚悟している。日本社会が変わるのは一瞬であることは歴史が証明している。<引用終了>

 みなさんA「共謀罪はダメだ」 みなさんB「そうだそうだ戦前の暗黒時代に逆戻りだぞ」 みなさんC「酒場の会話ひとつで逮捕されてしまうぞ」 みなさんD「日本が密告奨励社会になってしまう、ああ、なんてことだ」 小西ひろゆきさん「私は共謀罪が成立したら日本から亡命する!」 みなさんA,B、C、D「どうぞ、どうぞ」

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。320キロカロリー。昼は素麺1把と茹でホウレンソウ 200キロカロリー。夜は鶏肉100グラム、ニンジン一本、じゃがいも2個、玉ねぎ1個をコンソメ2個使って煮込んだスープ。580キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,100キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『極秘捜査』を見る。韓国映画お得意の実録ものであり、なおかつ韓国特有のエッセンスがてんこ盛りで実に面白かった。幼女誘拐事件が起こった。大変な事件だ、犯人を捜さねばなんねえぞ!地方警察署の皆さんはとにかく怪しいと思ったら証拠があろうがなかろうが何人も引っ張ってきて尋問と称しぼこぼこにする。

 誘拐事件の舞台がソウルに移り、キム・ヨンソクの刑事とソウル警察の皆さんが協力しはじめると地方警察署の皆さんは手柄を取られてなるものかと子供の救出そっちのけであからさまな捜査妨害。

 この事件にはユ・ヘジンの占い師が深くかかわり結局、彼の占いによって子供が救出されるのであった。FBI捜査官もびっくりだ。

 そして事件解決後、すべてを丸く収める必要のあった警察上層部はキム・ヨンソクに賄賂の授受があったということで(賄賂を関係者みんなで分けるということが日常的に行われていたそうな)、事件の手柄はみーんな、無能で捜査の邪魔ばかりしていた地方警察署のみなさんに与えてしまったのである。

 ああ、韓国よ、韓国、あなたはどうしていつもそうなるの(笑)。

 ハイビジョン画質は高解像度で発色も綺麗。赤色がにじむように見えるのが気になるが、まあまあの高画質である。音声はステレオ。サラウンド音場が形成されるものの、いかにも淡泊。こんな映画だからこってりとした重低音を乗せて欲しかった。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎからプロジェクターを起動させてチャンネルNECOハイビジョン録画の『野獣を消せ』を最後まで。

 この作品に登場する愚連隊は単なる愚連隊ではなくれっきとした犯罪者集団。欲望の赴くまま通りすがりの女をレイプし自殺に追い込む。米軍からの横流し品で荒稼ぎ、はては何のためらいもなく営利誘拐に手を染める。

 また映画全体がなんだかやけのやんぱち。輪姦場面が2回もあっておっぱいもお尻もぼいんぼいんと出てくる。渡哲也の大口径ライフルを喰らったチンピラの腕がちぎれ、腹を撃たれた川地民夫ははらわた飛び出させて即死する!

 この映画の公開は1969年。調布撮影所が売却されるなど日活斜陽期の真っただ中。そんなやけくそな空気が映画製作に反映されたというのはうがちすぎな見方であろうか(笑)。

 ハイビジョン画質は誉められたものではなし。解像度の低さはチャンネルNECOハイビジョンとしても低レベルだし、暗部諧調にぶつぶつ発生するモザイクノイズが非常に目障りだ。

 終了後、なんだか気分が乗ってしまったので今度は日本映画専門チャンネルハイビジョン録画の『負けてたまるか』を30分ほど。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

4月20日(木) サイン・根菜・タンジェント

 4月20日(木) サイン・根菜・タンジェント
 三角関数駄洒落。このパターンはいくらでも作れそうな感じがする。さて、UHDブルーレイ購入計画である。現在、ハリーポッターシリーズの後期4作品 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007)『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2008)『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(2010)『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011)のUHDブルーレイが日本・アメリカですでに発売済。

 音声仕様は米国盤・日本盤共通のDTS-X。米国盤にはUHDブルーレイのみ日本語字幕・音声収録との情報があり、国内版同様に扱えるので両者の差は値段だけだと言っていい。私はとりあえず『ハリーポッターと死の秘宝 PART2』を買う予定なので(いや、ホグワーツに先生たちが魔法防壁を張る場面を4K、HDRで見てみたいじゃありませんか)、このソフトの国内盤・米国盤の価格をアマゾンで調べてみた。
 すると『死の秘宝 PART2』 国内盤 4,811円 米国盤 29.99ドル(日本円にして3,398円。さらにこれに送料904円が掛かって4,302円) 送料まで含めるとその差はわずか509円(笑)。届くまでの時間を考えたらこれは国内盤の方が良さそうだ。

 さて、その『ハリーポッター』の派生作品である『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の場合、事情はさらに複雑となる。国内盤が2D、3D、UHDブルーレイのセットであるのに対し、米国盤では3Dがオミットされているからである。そしてさらに悩ましいのは『ハリーポッターシリーズ』と同じくUHDブルーレイのみに日本語字幕・音声が収録されていること。

 その価格は国内盤が6,607円。米国盤が29.95ドル(3,393円+送料904円で4,297円)と後者の方が圧倒的に安い。しかし、3Dが・・・。ウウーム、私自身はUHDブルーレイの導入以来3Dへの情熱をすっかり失ってしまったけれどもT子やY乃に見せるときのことを考えたら3Dがあった方がいいような・・・。

 (音声使用はドルビーアトモス。ただし、国内盤の3DブルーレイのみDTS-HD マスターオーディオ)

 いずれにしろ実際の発注は来月頭になりますので、それまでゆっくり頭を悩ませようかと思っております、はい。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー 320キロカロリー。昼飯は茹でホウレンソウと素麺を1把。200キロカロリー。夕食はマルタイ棒ラーメンを2食分と大量のキャベツ千切り。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,220キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイで『ザ・フォージャー 天才贋作作家 最後のミッション』を見る。いやあ、トラボルタ、先日の電線マン映画『アルティメット・サイクロン』でもそうだったけど、息子にぶきっちょな愛情を注ぐモサッとした親父が実に似合うようになりましたなあ(『アルティメット・サイクロン』では唯一の肉親である姪)。本当に最初はモサッとしていて、ガンで余命幾ばくもない息子のために、ギャングに借りを作ってまで早期の保釈を受けたのに、息子は上手く心を開いてくれないどうしてだっとか悩んでいる訳です。

 それがある計画に取り掛かったらとたんに溌剌としだして、息子との仲も好転。そこに最初はぎゃーぎゃー言っていたおじいちゃんも加わって家族の絆がより一層強まるという展開は実に好ましく感動的でありました。

 しかし、あの美術館への侵入強奪計画は頂けません。息子をトイレの天井裏に隠しておいて閉館後に活動開始。この人が中から鍵を開けてトラボルタたちを迎えいれるのかと思いきや、じつはじいちゃんがボケ老人のふりをして警備員から鍵を盗み出していて、これでらくらく侵入し、電源盤をいじくって警報装置やカメラをシャットダウンする・・・。あれあれ、息子を先に侵入させておく意味がなかったんじゃない?それに警備員がいつまでも鍵を盗まれたことに気付かないなどあり得ません。その直後、美術館を閉館していたからです。当然、施錠することになりますので、鍵を使いますからね。

 トラボルタを借金で縛って(早期に仮釈放させるための賄賂)美術館から絵画を盗み出させようというギャングも大概であります。トラボルタに紹介された美術鑑定士の身元も調べることもなく、あっさりと騙されてしまったのですから。このギャング、一度、トラボルタを密告して刑務所へ送り込んでいるのであります。そんな因縁のある人間を簡単に信じてどうするのでしょうか。

 ハイビジョン画質は良好。高い解像度で描写されるリアルな街並みが見もの。音声はドルビートゥルーHD。派手な効果はないが、ち密な環境音描写が魅力的である。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。

 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動。チャンネルNECOハイビジョン録画の『野獣を消せ』を1時間ほど。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎ就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

4月19日(水) 『私はゾフィと歩いた』

 

4月19日(水) 『私はゾフィと歩いた』
 何の駄洒落か、君、分かるか。本日は休みでUHDブルーレイ祭り。朝っぱらから『アライブ』、そして夜に『アサシン・クリード』 見れば見るほどUHDブルーレイの凄さが分かってくる。解像度の高さはもとより、色の美しさ、そしてHDRによる暗部の情報量の多さで従来のブルーレイとは隔絶している。何度も同じようなことを書いているような気がしないでもないけど(笑)、本当にね、プロジェクターX770Rで見るUHDブルーレイは凄いんだよ。

 ということで、ちょっと怒られちゃうかもしれないですけど『キングコング 髑髏島の巨神』は結局劇場では見ないことにしました。これはどうしても初見をUHDブルーレイにしたいということで7月発売の米国盤UHDブルーレイを待ちます。こういうソフトが待ち遠しくてたまらないという心境は久々に味わいますな、うん。しかしなんですなあ、これも何度も書いていることですがUHDブルーレイショックは私のAV嗜好から完全にあれほど好きだった3Dを吹き飛ばしてしまいましたな。

 私の場合はUHDブルーレイの思わざる副作用みたいなものですが、最近のテレビは3Dに非対応という製品が増えているようであります。3Dの映画はまだまだ公開されているし、3Dのソフトもそれなりに発売されております(『バイオハザード』とか『ファンタスティックビースト』とか『ドクター・ストレンジ』とか)。そんな中ハードが非対応というのは一体全体どんな料簡なんでしょうかなあ。3D対応にそんなにコストが掛かるものなのかと思ってしまいますなあ。

 食ったもの、朝飯に焼いたソーセージ4本、刻みキャベツ、ゴハン半合。昼飯はマルちゃん「北の味わいざるラーメン」夕食は天然ひらめの刺身!でビール500ml缶一本飲んで例の卵も小麦粉もいらないパン粉、カラーラで作ったトンカツでゴハンを1膳。後は茹でホウレンソウ。やっぱりトンカツは見るも無残な出来でした(笑)。

 その後前述の『アサシン・クリード』UHDブルーレイを見たのである。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいたタモリ倶楽部。その後、プロジェクターを起動させて『ゾンビ ダリオアルジェント監修版』の続き。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月18日(火) スロバキアの牛丼

 

4月18日(火) スロバキアの牛丼
 大丈夫だとは思いますが、分かっているとは思いますが、念には念を入れて言っておきますね。これは「すき家の牛丼」の駄洒落ですよ。

 根菜大作戦。簡単に言ってしまえば人参、じゃがいも、玉ねぎ等の根菜をゴハンの代わりにしようということである。ゴハンは1食分半合で267キロカロリー。これを根菜にかえると劇的にカロリー摂取量を削減できるのである。料理方法も簡単である。皮を剥いて大きめにきった根菜類を鍋にぶちこんで煮ればいい。そして煮えた根菜類を皿に盛り、ローカロリーのマヨネーズとか牡蠣醤油をかけて頂くのである。レトルトのカレーを掛けてもいいかもしれん。コンビニのレトルトハンバーグの付け合せにもぴったりだ。

 一体どこの国の食事だというツッコミは甘んじて受ける覚悟である(笑)。

 しかし、こんな食事をしていたらますます痩せてしまうなあ、昨年から4キロもやせたというのにさらにまた痩せてしまうのだなあ。そのうち体がうすっぺらになって二次元人間になってしまうかもしれんなあ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。400キロカロリー。昼飯はカップヌードルナイス(1食分のカロリーが178キロカロリー!)と茹でホウレンソウ。250キロカロリー。夕食はマグロの刺身とマルちゃん「北の味わいざるラーメン」。850キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後レンタルブルーレイの『ジャック・リーチャ―』を見る。ウウーム、悪の組織の人たちが間抜けすぎてちっとも面白くないなあ。なんでわざわざ米軍の拳銃で米軍兵士を射殺する?トムたちを追っかけているのになぜ空港とか見張ってないの?なんでいっせいに尾行していた奴みんなでトムを襲う?用心のために一人は残しておくべきだろ、トムが「んふふふーん、追ってきた奴らをみんな叩きのめしてやったぜ、やっぱ俺って強いわ」と得意満面で立ち去るのを尾行させればいいじゃないか(まあ、映画的なお約束に反してしまいますが)。

 トムの娘の件もなんだか変。ラストで母親とトムがまったく面識がないことにしてしまっているから話が通じなくなる。母親がトムを「娘できたから認知しろよ、トム」と訴えた、それは娘がそそのかしたのだというのだが、だったらなぜ娘がトムの存在を知りえたというのか。ここは母親とトムに何らかの関係があって娘がそれを知っていたという風にしなければならんのではないか。

 またトムがこの件について妙に神妙な顔をしているのが笑える。実際、この娘が「自分の本当の娘ではないか」と悩んでいるようにしか見えない。ということはトム、身に覚えがあるな、避妊なしのセックスをしてその相手とそのまま会わなくなって幾星霜みたいな(笑)。

 ハイビジョン画質は暗部のノイズが目立つのが残念。音声はドルビーアトモス。上空を行きかうヘリコプターの定位の良さにびっくり。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

4月16日(日) 金嬉老掬い

 

4月16日(日) 金嬉老掬い
 こういう駄洒落もヘイトになっちゃうのかしらん。さて、須賀原洋行先生の「天国ニョーボ #1」をブックオフの108円本(消費税込)で発見。まあ、108円になってなかったら買わなかったとか、そういうことはいいとして(笑)、須賀原先生、この1巻の中で2回もジビエの鹿の生食をやってしまっているんだよねえ。

 1回目は「猟師の会」 猟師さんが獲ってきた獲物を有志で楽しむ会らしいのだが、「獲ってから数日、肉を熟成させた鹿刺しとレバ刺しです。ショウガ醤油でどうぞ」というのはまずかろう(笑)。他の料理はシカ肉のアヒージョやローストなどちゃんと火を通しているのに。

 2回目は「猟師の会」から貰ってきた鹿肉のレバ刺し、ハツ刺し(大雑把にいえば粗塩をもみ込んで流水で流しスライスしたもの)、鹿肉ユッケ。この時はご丁寧なことに欄外に(編集部からのお願い。2015年6月より新たに飲食店等での豚生肉の提供が規制されています。鹿肉の生食についても、厚生労働省の注意喚起を踏まえ、食の堪能とリスクのバランスを個々にご考慮いただきますようお願いいたします)という注意書きが。

 厚生労働省 <http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000032628.html>「生または加熱不十分な野生のシカ肉やイノシシ肉を食べると、E型肝炎ウイルス、腸管出血性大腸菌または寄生虫による食中毒のリスクがあります。」

 こんな注意書きしなければならないような料理のレシピとか紹介しなければいいのに。須賀原先生がこれを食べるのは自己責任かもしれないけれども、こうやって紙面で発表させてしまうのはいかがなものか。ジビエの鹿肉の料理法は他にもあるのだから、ちゃんと安全な食べ方を啓蒙するのがスジじゃないっすか。

 この「天国ニョーボ」の他に「かびんのつま」を連載していたスペリオール、「美味しんぼ」で鼻血デマを垂れ流したスピリッツ、そしてビッグコミックの近藤誠監修のがん漫画。小学館はさすがにアレだよなあ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に久々の朝ぺ(朝っぱらからぺヤングソース焼きそば)と野菜ジュース。600キロカロリー。昼飯はホウレンソウの茹でた奴、40キロカロリー。夕食はゴハン半合をソーセージの焼いたやつとキャベツ、玉ねぎ、もやしの味噌汁で。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,440キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させて米国盤ブルーレイ 『ヒルズ・ハブ・アイズ』を見る。いやー、予想よりはるかにえげつなくってぐろぐろで情け容赦がなくてしかもしつこくて、ひーひー言わされてしまいましたよ。私が先に見ていた続編の『ヒルズ・ハブ・アイズ2』とかこれに比べると甘々。ディズニー映画くらいに見えてしまいます。

 (これはですね、ジョージ・ロメロ監督の『ゾンビ』が話題になった時、この作品に比べたらヤコペッティの『世界残酷物語』などディズニー映画みたいなものだという何だかよく訳の分からないことが言われていたという故事に因んだギャグです、はい)

 しかし、なんですな、核実験場で放射能を浴びて奇形・食人鬼化した一家が旅行者を襲うという都市伝説的な話を映画にしたのに、これを福島原発事故に絡める人がいるのはちょっと解せませんな。あまりにも単純すぎます。風評や差別意識はその単純さの中から生まれてくるんですよ。

 ハイビジョン画質は解像度が非常に高く、砂漠のごつごつした風景を正確無比に描き出す。そこから得られる画面の奥行き感も、実に不気味。なんだかそこかしこから何者かが飛び出してきそうな気がしてしまうからだ。ただ、暗部はざらざら(笑)。これはプロジェクターの画質調整「明るさ」をいじっても回避することはできなかった。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。動きの表現が細密でこれまた大変に不気味悪い(笑)。背後を何者かがひゃっと通り抜ける場面など本当に5センチほど飛び上がってしまったくらいだ(ウソ入ってます)。

 その後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧