2017年8月22日 (火)

8月21日(月) 十面マイミクの計

 

8月21日(月) 十面マイミクの計
 どんな作戦なんだ?2017年8月16日 西日本新聞 一面に「ひめゆりの塔事件」の首謀者の談話を載せていて呆れる。川野純治 白銀病院でのテロを実行。皇太子殿下の車列にガラス瓶やスパナ、石を投げつけ警備車両を破損させる。この川野純治は2010年の名護市議選に立候補してなんと当選。

 知念功 他の仲間一人とともにひめゆりの塔地下壕に潜入し、皇太子殿下、皇太子妃殿下に火炎瓶を投げつけた。 <2017年8月16西日本新聞 一面より抜粋して引用開始>動員された女学生らの慰霊碑「ひめゆりの塔」に皇太子夫妻が献花した直後、壕からヘルメットをかぶった別の過激派が姿を現し、献花台に火炎瓶を投げつけた。激しく燃え上がる炎、混乱する警備隊。その先に「驚いた顔で後ずさりする皇太子が見えた」と火炎瓶を投げた知念功さん(67)=那覇市=は言う。<引用終了>

 (献花台に火炎瓶を投げつけた?他の文献では皇太子の足元に投げつけたとあるが)

 
何か、太平洋戦争で沖縄が捨石にされたから火炎瓶を投げても正当化されるってか(沖縄=捨石論はあきらかに事実誤認のサヨク思想)。この時、皇太子妃に軽傷とはいえ怪我させているんだぞ。思想の表明は自由だがこれは単なる犯罪行為でしかない。西日本新聞はこうした犯罪者(テロリスト)を持ち上げ、その狂った主張をあたかも正当なものであるかのような記事に仕立て上げる。

 フツーに頭おかしいだろ。なんだよ、このキモチ悪さ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にどんべえカップうどんのミニ、野菜ジュース。250キロカロリー。昼飯は納豆と大根おろしをまぜた奴。100キロカロリー。夕食は米国アンガス牛のステーキとパックの寿司。まあ、だいたい1,200キロカロリーぐらいか。

 本日の摂取カロリー量は1,550キロカロリーなり。

 その後『遊星からの物体X コレクターズエディション』を最後まで。終了後シャワーを浴びてだらだら。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて東宝国内盤ブルーレイ『ラドン』の続き。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

8月20日(日) コミケ百合子

 

8月20日(日) コミケ百合子
 こんな駄洒落はどうか。3管式プロジェクター奇談その3。関西で金属加工の会社に勤務しているみたいな人だったと思うが(何分にも記憶が曖昧なのですまん)、3管式プロジェクターを疑似天吊りするための巨大なタワーを自作してしまった。

 スターウォーズのスカウトウォーカーみたいな形をしたタワーで、その先っちょに3管式プロジェクターを吊り下げるのである。3管式プロジェクターは基本的にバカでかくてクソ重い。だいたい50キロ以上(9インチ管ともなれば100キロ近くあったりする)の重さだと思ってくれれば良い。それを吊り下げるのだからいきおいタワーも巨大で頑丈にならざるを得ない。巨石文明か、ストーンヘンジか、とツッコまれそうなほど馬鹿でかい金属製のタワーがリビングルームの真ん中にどかん!ということになるのである。

 その頃貧乏であったワタクシは(いや、今でもビンボーだけど)3管式オーナーという存在を非常に羨んでいた。俺もいつか3管式プロジェクターを買えますようにと毎晩毎晩お星様に願っていた(ウソ)。でもさすがにこの人はちっともうらやましくなかった(笑)。

 なお、このタワーは阪神大震災の揺れにも耐えたそうな。地震発生時、あわててタワーに駆け寄って手で押さえたそうだけど。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンと野菜ジュース。400キロカロリー。昼飯は冷やし中華。材料がなかったのでトッピングはトマト1個と茹でもやしのみ。400キロカロリー。夕食は秋刀魚の塩焼きと大根おろしぶっかけうどん。トマト1個、キュウリ一本。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて米国盤ブルーレイ『遊星からの物体X コレクターズエディション』を1時間ほど。従来のブルーレイと比べて画質・音質ともに向上しているのだが、特に音の違いは歴然。リミックスされたDTS-HDマスターオーディオのサラウンドはノルウェー基地でマクレディがランターンを灯すために燃料をしゃこしゃこ圧縮している音まではっきり聞こえるくらい(笑)。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ゴリパラ見聞録」 午後11時ごろにプロジェクターを再起動してブルーレイの『ラドン』を30分ほど。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

8月19日(土) カッタくんローム層

 

8月19日(土) カッタくんローム層
 関東ローム層の駄洒落なのだが、分かるか、君。俺の冷やし中華の作り方。まずスープを冷凍庫で冷やす。そしてもやしを茹でる。お湯に塩を加えて塩茹でにするのだが、この効果は良く分からん。分からんけどやる、何しろ料理指南本にそうしろと書いてあったからな。

 次に薄焼き卵を作る。卵1個に味の素を数回振ってかき回しフライパンで焼く。焼きあがったら箸で慎重に剥がして皿に置き冷ましておく。冷めたら包丁で細切りに。

 野菜を切る。トマトは薄切り。博多万能ねぎは細かく刻む。キュウリはピーラーで縞状に皮を剥く。私は単にキュウリを食べる時は皮を剥かずマヨネーズ(カロリーハーフの奴ね)と醤油を掛けてというぞんざいなやり方が好きなのだが、細切りにする時だけは別。皮をまったく剥かないと青臭さが強くなりすぎるのだ。

 ハムはそこらのスライスハムを使う。これも細切りに。冷やし中華のパッケージの調理例ではチャーシューが使われているが私が目指すのはあくまでも昭和の家庭の味、貧乏くさいとも言う、の再現である。スライスハムという安っぽい食材はこのコンセプトにぴったりなのだ。

 麺をゆでる。このゆで時間を利用して冷凍庫から冷やしておいたスープを取り出し冷えたミネラルウォーターでちょっと薄める。この手の冷やし中華のスープは少々濃いのでちょっと薄めたくらいがちょうどよい。

 茹でた麺を冷水で洗い良く水を切る。平皿に盛って用意した具を彩りよく盛り付け(昔の料理指南書の定番フレーズ)、博多万能ねぎの刻み、すりごまを振り掛ける。そして冷やし中華の脇にチューブのからしをちゅーと絞り出してはい、ようやく完成です。

 こうして書き出してみるとスゴイ手間だなあ。たかが冷やし中華にこれほどの手間を掛ける利点というのは、「こんなにたいへんだったから美味しくない筈がない」という思い込みに体と味覚が支配されて出来の良くない冷やし中華も美味しく食べられるということだ、うん。

 仕事はまあ、あった。これでオシマイ(笑)。朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。昼からちょっとお出かけ。福岡県某所の物件を視察に行ったのである。駅から10分ほど歩いた場所だったのでもう汗だく。昼飯に入ったうどんウェストでカツ丼・ざるうどんセットについつい瓶ビールをつけちゃったい。昼間っからビールとかおまえおまえおまえと言われそうだが、この5日間禁酒していたんだ、それくらいいいだろ!

 夕食はカラーラで焼いた生秋刀魚(もちろん大根おろしもつけたさ)と前述の大変な手間を掛けた冷やし中華。ビール500ml缶一本飲んだ。

 その後、テレビを見ながらだらだら。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ゴリパラ見聞録」

 ひれひれ酔って午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

8月18日(金) 「金日成ガ二」

 

8月18日(金) 「金日成ガ二」  
 昔はね、きんにっせいと日本語読みしていたんだよ駄洒落。3管式プロジェクター奇談 その2 そんなに馬鹿高かった3管式プロジェクター。でも買う人がみんなみんなお金持ちだった訳ではない。みんなみんな広いシアタールームを所有していた訳ではない。四畳半の部屋に無理やり3管式プロジェクターを設置した剛の者も存在したのである。

 雑誌HiVi誌 1994年9月号で紹介された某氏はソニーの3管式プロジェクター VPH500XJ を四畳半の押入れの中に設置。対面の壁に80インチのスクリーンを張って映像を投射していた。奇跡的に投射のための諸条件を満たしていたので、こんな無茶なやり方でも立派に映像を見ることができた。

 しかし、3管式プロジェクターというものは設置後に液晶などの固定画素プロジェクターとは比べ物にならぬほど各種調整を必要とする。この調整のために使うドライバーは磁性の影響を受けないようプラスチックなどの樹脂製が好ましい。しかし、そんなものはどこを探しても見つからなかった。ならばどうするか、割り箸を削ってドライバーみたいな形にすればいいじゃない!
 
 かくして某氏は割り箸改造ドライバーを片手に押入れに上半身を突っ込み、調整のためだけに購入した双眼鏡でスクリーン上に投影されるテストパターンを注視しながら3管式プロジェクターの調整に勤しんだのである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯はコンビニの調理パンと野菜ジュース。400キロカロリー。昼飯は納豆卵かけゴハン。500キロカロリー。夕食はじゃがいも1個、玉ねぎ半個、豚コマ100グラムを使った豚汁。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリー。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『アバンダンド 太平洋ディザスター』を見る。素人に毛が生えたくらいのオーナーが操るヨットで、メンバー集まらなかったからそこらの素人集めてニュージーランドからトンガまで航海しようというプロットは『マタンゴ』から連綿と続く「お前、ヨットとか船でそんなことしちゃ絶対いけない」映画の正統なる後継者なのですな(笑)。

 案の定嵐にあってどんがらぐりぐり流されて挙句に大波食らって転覆。そのまま119日間も転覆したヨットのせまーい、せまーいスペースの中で男4人が顔を突き合わせて過ごす羽目になったという。実話をもとにした映画なのであまり茶化してはいかんと思うのだが、私はどうしてもくすくす笑いを抑えることができませんでした。

 ハイビジョン画質はジャギーが気になるもののおおむね良好。特に抜けの良い色彩表現が宜しい。音声はAAC5.1チャンネル。このサラウンドが良かった。情報量が豊かで濃密なサラウンド音場。下手したら船酔いしちゃうレベルだぞ、ホントだぞ。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

8月17日(木) 未読スルー粒子

 

8月17日(木) 未読スルー粒子
 これはミノフスキー粒子の駄洒落だが分かったかね。韓国のバスに載せられた慰安婦人形。どこかで見たことがあるような気がしていたのだが、そうだ、思い出した、アレだ 「ジャイアント・ロボ/第23話・宇宙妖怪博士ゲルマ」に出てきた草間大作のコピー人形だ!

 かなり精巧な人形だと記憶していたのだが、再放送で見るとそんなでもなかったりして。いや、むしろ不細工の部類に属する人形じゃないかとがっかりしたことがある。その不細工具合があの慰安婦人形に良く似ているのである(笑)。

 3管式プロジェクター奇談 1990年代後半、液晶プロジェクターはまだまだ発展途上にあり、究極の高画質を求めようとすればこの3管式プロジェクター以外、方法はなかった。この3管式プロジェクターは平たく言えば3つのCRTブラウン管から映像を投射するもの。必然的に筐体が大きくなりまた価格も100万以上は当たり前。ソニーの高級品ともなると270万円もしたものである。海外製品ではBARCOが有名であったが、その価格も天井知らず。650万円という外車なみの製品も存在したほどだ。

 その3管プロジェクターを天井釣りしていたのが相模大野の有名な焼肉店八起。NECの製品だったと思う。おかみさんに聞いたところ、これはその製品の初号機だったそうである。その価格は今では正確には分からないけれども200万は下らなかったのではないか。

 そんな3管式プロジェクターが特に何の対策もされずに焼肉屋の天井に設置され焼肉の煙とあぶらでどろどろに(笑)。これは3管式プロジェクターの使用方法としては空前絶後、世界でも唯一のものだったと思う。

 今ではもちろん撤去されているがその後もながらくプロジェクターの設置跡が天井に残されていたものである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガー。450キロカロリー。昼飯は豪華版ラ王の冷やし中華。トッピングはトマト1個、キュウリ半分、薄焼き卵(半個分)、スライスハム、茹でもやし。残ったキュウリ半分はキャベツのたれをかけて。600キロカロリー。夕食は納豆卵掛けゴハンともやしとキャベツの味噌汁。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリーは1,550キロカロリーなり。

 その後米国盤UHDブルーレイの『Snatched』を見る。ゴールディ・ホーンとエイミー・シューマーの親子が南米に旅行に行ってはしゃいでいたら誘拐組織に誘拐され、実家に一人残されたアゴラフォビアの弟(近所の少年にピアノを教えたりしているのでいわゆる引きこもりとは違うみたい)に身代金の請求が!という映画。

 さえない独身中年女性が旅行先で「素敵な出会いがあった!」とはしゃぎまわり、挙句その男の手引きによって母共々誘拐されてしまう。ホテルの防犯スタッフの女性二人から散々に「4人に一人は誘拐されています」と脅かされていたのに。

 さらに彼女たちの悲劇は続く。逃げ出そうとして追いかけてきた男の頭をエイミー・シューマーがシャベルでガンッ!男は死んでしまう。誘拐組織のボスは「ああっ、俺の甥が!」

 追い詰められた二人、エイミー・シューマーは傍らにあった水中銃を取り上げ脅かそうとするが、構えるなりぶしゅっ!スピアが発射されて男の腹にぐさっ。「ああっ、たった一人の俺の息子が!」と泣き喚くボス。

 二人は頼りになりそうなアメリカ人の男を見つける。アマゾンのジャングルを自信たっぷりに案内する男だが、実は彼はここに来てから3週間目。都会で働いていたビジネスマンで医者からガンで余命1ヶ月を宣告されていた。彼は南米であこがれの冒険の旅をして最後の時を過ごそうとしていたのである。呆れる二人を前に「よし、この谷をつるを使ってターザンみたいに飛び越えるんだ。最初は俺からだ、さあ行くぞ、ぶちっ、あー」谷に落ちて死んでしまった。おまけに彼の使っていた地図はそこらのレストランのテーブルマットだったという。

 まあ、もちろん二人は助かってハッピーエンドとなるのであるが、いや、この痛いギャグの数々は本当はえげつなく治安が悪いのにそうした姿を見ようとはせずリゾートで遊びほうける観光客(まあ、アメリカ人に限るまい)に対する痛烈な皮肉になっているんじゃないの?この私が言うのもなんだけど、リゾートで素敵な出会いとか、幻想だぞあれは(笑)。

 UHDブルーレイの画質は最初の10分ほど、旅行に出かける前が今一つ冴えない。解像度はそれほど高くもないしHDRの効果も控えめ。これが南米旅行が始まった時点でがらりと変わる。ジャングルの緑に代表される強烈な色彩、奥行き感を巧妙に演出する夜の場面でのHDR効果、南米の熱気を感じ取れそうなほどのリアリズムが私の心を震わせる!

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。広大な音場、明快な一つ一つの音の定位、この2つの相反する要素を見事に両立させている。BGMの品位も高い。まるで音楽が映像から浮かび上がってくるようだ。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動し今までちびちび見ていたチャンネルNECOハイビジョン録画の『太陽への脱出』を最後まで。いやあ、バンコクパートはいいんですよ、裕次郎や殿山泰司の現地英語がそれらしくって(特に裕次郎のそれはリアル)、なんか威張っているようで実は卑屈な彼らの有り様はあたかも敗戦国日本の東南アジア諸国への微妙な立場を表しているようではありませんか(笑)。

 しかし、日本へ帰国してからはあまり印象は良くない。社会派ドラマを標榜しながらいちいち裕次郎がカッコ良すぎるからである。特にあの死にざまとか、カッコ良さが現実離れしていて映画のテーマなど吹き飛ばしてしまう。

 ハイビジョン画質はそれなり。黒浮きがひどいがこれは画質調整でなんとか抑え込むことができる。解像度の低さに起因するのっぺりしたスキントーンはどうしようもないのだが、これはこれで納得するしかない。こんな画質でも終盤印象的に使われる東京の街の夜景がゴージャス、ゴージャス。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

8月16日(水) 残業スパイ

 

8月16日(水) 残業スパイ
 この頃は産業スパイたって大変なんでさあ。私にとってこの夏は「冷やし中華の夏」である。この手の冷やし麺ではマルちゃん「北の味わいざるラーメン」こそ至高の美味、味覚の王宮であると思い定めていた私であったが、母親が買い置きしていた「マルタイ冷やし中華」によってその諦念が打ち砕かれてしまったのである。

 麺はぼそぼそ。スープは粉スープでどうも旨みが人工的で安っぽい。しかしこれが私の上品とは言えぬ嗜好にベストマッチ。5食分を連日食べても飽きるどころかその味に対する憧憬はいや増すばかりなのだ。しかしなんとしたことであろう。この「マルタイ冷やし中華」は近傍のスーパーなどで手軽に手に入るものではない。あるスーパーでごくまれに入荷するだけなのだ。このところ、これを求めて4軒ほど回ってみたがついに手に入らなかったのである。

 この飢えをいやそうとついつい他の即席冷麺に手を出すことになってしまった。まず手始めに「日清ラ王 冷やし中華 しょうゆだれ」 スープの酸味が強すぎるのが好みに合わぬ。冷やし中華ですっぱいのがいかんというのはおかしいが私の好みなので仕方ないのだ。ただ、冷えたミネラルウォーターでスープをちょっと薄め、チューブの辛子を適宜加えることによってこの欠点はかなり緩和される。その上でスライスドトマト、茹でもやしをトッピングするとなかなかに美味しく食べられる。ふりかけ代わりにじゃこを散らしてもンまいぞ。

 昨日など、パッケージの調理例にできるだけ近づいたものをと思って薄焼き卵、細切りにしたキュウリ、ハム(調理例ではチャーシューだが)、そして茹でもやしをトッピングして食べてみたら実に複雑な味わい(笑)となって良かったぞ。これは決してすごく美味しいという意味ではないが(笑)、食べ進むにつれて麺と具材がぐちゃぐちゃになってきて、このカオスこそ冷やし中華本来の姿ではないのか思ったりしてなかなか面白いぞ。

 さあ、今日は「マルちゃん正麺 冷やし中華」を試してみよう!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に朝ぺ(朝っぱらからぺヤングソース焼きそば)と野菜ジュース。600キロカロリー。昼飯は豆腐半丁を使った湯豆腐。夏に湯豆腐なんて信じられない!と言われそうだが、何せ昨日の豚汁に使った木綿豆腐の残りですからね、冷奴にはちょっと向いてないもので。後はトマト1個。150キロカロリー。

 夕食は前述の豪華トッピング乗せ「日清ラ王冷やし中華」 ビールは飲まず。600キロカロリー。本日の摂取カロリー量は1,350キロカロリー。

 その後、レンタルブルーレイの『Mr.&Mrs スパイ』を見る。途方もなくお人よしで間抜けな主人公夫婦のキャラクターが実にケッサク。自分たちのごくごくフツーの中流住宅街に美男美女の出来すぎたカップルが引っ越してくること自体が“怪しい”という発想にも大笑いである。

 ハイビジョン画質は今一つ。全編に細かなノイズが発生し奥行き感を著しく損ねている。音声はDTS-HDマスターオーディオ。重低音の使い方、定位の確かさ、動きの表現の上手さというのは良く分かるのだが、この迫力の無さはどうしたことだろう。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

8月15日(火) 「新学期の巨人」

 

8月15日(火) 「新学期の巨人」
 単行本巻末の嘘予告みたいですな。ようやく自炊電子書籍データのブルーレイメディアバックアップが終了。二層BD-REが実に18枚。メディアのトラブルもあって本当に苦労した。新しいブルーレイドライブを買う羽目にもなった。最も、メディアのトラブルと言ってもそれは前のデータを消去して新しいデータを書き込むプロセスにおいて生じたものであり自炊データの読み出しには問題なし。USB HDDより安定したデータ保存ができることには変わりない・・・筈である(笑)。

 いっそのこと、二層BD-Rをその都度買って書き込みだけにした方が手間が掛からないのではないかと思わないでもないけど、1年に一度とはいえ二層BD-Rを20枚(5枚パック)を自炊データの保存だけに買い足すというのもなあ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンと野菜ジュース。320キロカロリー。昼飯はトマトスライス、茹でもやし、じゃこをのせたラ王の冷やし中華。400キロカロリー。夕食はじゃがいも1個、ニンジン1個、玉ねぎ半分、豆腐半丁、豚バラ100グラムを使った豚汁。ゴハンは食べなかったので500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,220キロカロリー。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『パリ・エキスプレス』を見る。しがないバイク便をやっている主人公が犯罪組織の取引に偶然巻き込まれ奥さんや友達まで巻き込んで大騒動という映画。組織を裏切ろうとする男、彼を阻止して荷物を奪い返そうとする組織の人間、組織を内偵していたインターポール、この三者の板挟みになった男のあたふたとする姿が笑いを誘う。

 そこにダイヤの売り手である謎の美女が現れていろいろあった末に主人公を助けることになる。彼女の存在が最初から最後までドタバタし続けるせわしない物語の良いアクセントになっており、見るものを飽きさせない。

 ハイビジョン画質は可も不可もなし。コントラストが低く発色も地味、地味。音声はAAC5.1チャンネル。軽快な移動音の表現が楽しい。重低音も要所要所で効果を発揮する。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月14日(月) 「ポランスキー行進曲」

 

8月14日(月) 「ポランスキー行進曲」
 元ネタは「ホラ吹き行進曲」と映画監督のロマン・ポランスキーである、ウム。12日に旅館から高速バスターミナルに行くためにタクシーを使ったのだが、この時の運転手さんが何か変だった。まず、助手席前のダッシュボードに掲げられている運転手証の写真が女性なのである。しかし、運転手さんはどうみたって男性。ひょっとしたら性転換とかそんなややこしいことなのかと思ったのだが、それにしてはあまりにも顔立ちが違う。絶対に別人である。

 これは大丈夫なのか。

 そして今時、タクシー無線のうるさいことと言ったらない。配車の様子が手に取るように分かる(笑)。また、運転手さんの携帯が鳴りだしたと思ったら何のためらいもなく電話に出てしまうのである。それも3回も。

 これは大丈夫なのか。

 高速バスターミナルもちょっと変だった。トイレに行くと「いたずらがあまりにもひどいのでこの便所からトイレットペーパーを撤去しております。悪しからずご了承ください」 男性トイレだけならまだしも母親によれば女性トイレも同様であった由。

 こういう場合、フツー、トイレットペーパーの販売機とか置いておくものではないですかね。

 さて、本日から仕事。しかし午前8時半から父親を連れて墓参り。さらに午後から明日のお盆法要に備えた家の片付けに駆り出されたりしたので、やった仕事は各物件の郵便物整理くらいのものであった。

 食ったもの、朝飯は抜き。昼飯に膳のラーメン+替え玉。外食摂取カロリー暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食はスライストマト、茹でもやしをのっけたラ王の冷やし中華。ビールは飲まず。

 その後、やっぱり映画を見る気にはならず読書しながら音楽。午後10時過ぎにシャワーを浴び、午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月13日(日) 「アームストロング球団」

 

8月13日(日) 「アームストロング球団」
 「アストロ球団」実写版なんてのがありましたなあ駄洒落。私のソフトラックから米国盤ブルーレイ 『道化死ているぜ!』原題『Stitches 』を見つけたY乃、「うわー、これピエロが出てくるホラーなの、おじちゃん、なんでピエロってこんなに怖いのかなあ」

 おじちゃんの心に火がついた!

 「それはね、アメリカにジョン・ウェイン・ゲーシーという連続殺人鬼がいたんだよ。彼は割とお金持ちで町の名士でパーティでピエロになって子供たちを楽しませていたりしたんだ。それでアメリカの人は彼を殺人ピエロと呼んだんだ。

 そしてスティーブン・キングという人が彼をモデルに「イット」というピエロの怪物が出てくる小説を書いたんだ。これがベストセラーになってTV映画も作られて「ピエロ」が恐怖のアイコンとしてアメリカ人の間に定着したんだね」

 (なお、彼女の年齢を考慮してジョン・ウェイン・ゲーシーが同性愛者であり、33人もの少年に性的暴行をくわえた上で殺害し、その遺体を自宅地下に埋めたり近くの川に遺棄したりしていたことは説明しておりませんって当たり前だ)

 さて、本日はY乃の帰京である。飛行機の時間が午後1時半と遅かったので午前8時に起きた私とY乃は朝飯も食わずに映画。K太郎も例によって寝室でゲーム。見た作品は昨日に続いて『グラスホッパー』Y乃のリクエストとは言え、これはとほほだったですよ(笑)。

 映画終了後、身支度拵えて午後11時半にタクシーで出発。空港到着後チェックインした後おみやげを購入。フードコートで昼食を取って私はY乃の見送り、母親はK太郎を福岡県某所まで送っていくことになる。「お子様一人旅」なので私も搭乗口まで付き添いができる。搭乗時間が来ると、Y乃は割とあっさりと「じゃあね、おじちゃん」 

 Y乃を見送った私はタクシーで帰宅。本来ならば博多駅まで地下鉄、博多駅から西鉄バスという500円コースを使うべきであったがどっと疲れが出てきてどうしてもそんな気になれなかったのである。午後2時半に自室へ到着。そのままベッドに倒れ込んで2時間ほど眠ってしまった。

 夕食はトマトスライス、茹でもやしをのっけたラ王の冷やし中華で済ます。そしてビール500ml缶一本飲んだ。その後はテレヴィを眺めながらぼけー。午後10時にシャワーを浴びてまたぼけー。ウィスキー水割りを飲んでまたぼけー。午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

8月12日 「無痛プノンペン」

 

8月12日 「無痛プノンペン」
 産科医駄洒落。私のソフトラックから『ホテルトランシルバニア 3D』ブルーレイを見つけたY乃が言った。「おじちゃん、この映画は面白いよね」

 おじちゃんの心に火がついた!

 「うん、面白い。でもこの映画はそれだけじゃないんだよ。めちゃくちゃマニアックなんだよ。Y乃もドラキュラとかフランケンシュタインの怪物とか狼男とかは知っているだろ。おじちゃんがフィギュア飾っているし(笑)。でも他にも『顔のない悪魔』って誰も知らないような映画の脳みそだけでぴょんぴょん飛んでくるモンスターも出しているんだよ」私は寝室のソフトラックから『顔のない悪魔』のDVDを取ってくる。ジャケットに移っている件のモンスターを見せて「ほら、ほら、出てきてただろ、こんな奴!」

 午前8時に起床。朝食が9時からなので私一人露天風呂へ行く。ここでゆっくりと温まり昨晩の暴飲暴食に疲れた胃を癒すのである。朝食は5Fの大食堂でのバイキング。このバイキングは特筆すべきことはなし。ごくごくフツーのものであった。

 午前10時にチェックアウト。末弟とここでお別れして私たちはタクシーで近くの高速バス亭へ向かう。途中で朝倉の三連水車を見に行ったのだが、周辺のそこかしこに残された水害の爪痕が痛々しい。畑や果樹園は泥をかぶったままになっているし、破壊された家屋やガードレール、金網もそのままだ。積み上げられた流木など、その禍々しさに水害のすさまじさを改めて思い知らされた。

 (このたびの水害により 亡くなられた方々に謹んで哀悼の意を表しますとともに、 被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます

 午前11時過ぎの高速バスに乗り込み一路福岡へ。天神到着後、タクシーを使ってそのまま帰宅。みんな疲れていたので早く帰りたかったのだ。

 ちょっと休んでから私とY乃は近くのレンタルショップへ。彼女のリクエストに応じて「金田一少年の事件簿 実写版」と映画『グラスホッパー』を借りてくる。そして夕食まで「金田一少年の事件簿」を見ることになったのであった。

 夕食は肉野菜炒めと炒飯。炒飯はY乃、K太郎のリクエストであったが何を思ったか母親、10日に行った焼鳥屋で貰ってきたからし高菜をたっぷり混ぜ込んだものだからえらく辛くなった。私は大丈夫であったがお子達には食べられずまたも大量に残った炒飯を引き受けることになった。ビール350ml缶2本飲んだ。

 ああ、私はこの3日間で何度キャベジンのお世話になったことか。

 夕食後、彼女たちが風呂に入るのを待ってまた私の部屋で映画。『グラスホッパー』である。これが終了して帰宅。またまたひとしきり騒いで就寝午前12時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧