2018年1月19日 (金)

1月18日(木) 「サラウンド・パリ」

 

1月18日(木) 「サラウンド・パリ」
 ドルビーサラウンドかなあ、ドルビーデジタルかなあ、DTSかなあ、ソニー・ダイナミック・デジタル・サウンド(SDDS)かなあ、アトモスかなあ(一応、劇場用のサラウンド規格限定駄洒落です)。元ネタは「サロン・ド・パリ」フランスの王立絵画彫刻アカデミーが18世紀にパリで開催するようになった公式美術展覧会。私は無教養なので名前以外はちーっとも知らんかった。

 夏木陽介死去 享年81 この人の私にとってのイメージはやっぱり『三大怪獣地球最大の決戦』の新藤刑事だなあ。正気を取り戻したサルノ王女に拳銃をチャキっと構えて「私は日本の警察官 そして貴方のボディガード」とカッコよく決めた瞬間、伊藤久哉に拳銃を撃ち飛ばされる。このあまりに無慈悲なタイミングの悪さにオールナイトの劇場中から失笑にも似た笑いが巻き起こったものである。

 (この後、伊藤久哉がキングギドラの引力光線によってまき散らされた落石をがっと受け止めて悲鳴を上げながら谷底へ落ちていくというみうら・じゅん師言うところの岩石ブレーンバスターによってさらに爆笑状態となるのである)

 追悼のために録画してある『独立愚連隊』『独立機関銃隊未だ射撃中』『のら犬作戦』『蟻地獄作戦』を急ぎみることにしよう。ご冥福をお祈りする。


 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にマルちゃん正麺の塩ラーメンとキュウリ。400キロカロリー。昼飯はケチャッピーのナポリタン。パプリカ細切り、電子レンジで3分加熱した茄子を使う。これでケチャッピーを大目に使ったらなんかにやにやするくらい美味しくできてしまった。やっぱりケチャッピーはケチったらいかんピー!500キロカロリー。夕食はカレー。冷凍のミックスヴェジタブルとシーフードミックスをフライパンで炒め水を灌ぐ。香味ペーストを入れた後しばらく煮込んでジャワカレー ルー一欠けを投入。焼肉のタレで味を調える。「クッキングパパ」の原口さん考案の簡単カレーを参考にしたレシピ(オリジナルは香味ペーストの代わりに豚骨スープの素を使う)であるが、ちょっと味が濃すぎた。あれはもう少し水で薄めなければならん。ゴハンが少し多めでだいたい600キロカロリーくらいか。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ネオンデーモン』を見る。20歳過ぎたらただの人、整形は当たり前、胸だって小さくしちゃうわ、ごらんなさい、おかげでハンガーみたいな体型よ!というモデル世界の実情と暗部を描く!というのはお題目に過ぎない。N・W・エフン監督はこのお題目を免罪符として、異常な性愛と美への執着を描くことにただひたすら腐心している。

 その象徴と言える存在がメイク係りでエンバーミングのアルバイトをしていてしかもレズというややこしい役柄を演じたジェナ・マローン。ヒロイン(エル・ファニング)から拒絶された彼女は、性的渇望を癒すためにエンバーミング中の女性の死体と自慰的な性行為を行うのである。それがまた、死体の胸を揉みしだきながら口中に唾を吐きいれ、それを自らの舌で掬い取る、終いには死体にまたがって激しく腰を使い始めるというおいおいおいおいおいなもの(笑)。そりゃ確かにジェナ・マローンはそのキャリアにおいて『ドニ―・ダーコ』(2001年)のグレッチェンに代表されるような「可愛いけれどもどこかイタい少女・女性」を演じてきた人だけど、まさかここまでやっちゃうとは。

 これがあまりにショッキングだったので後の展開がもうどうでも良くなってしまったくらいです。

 ハイビジョン画質はまあダメですな。細かなノイズが目障りだしコントラストも不十分。N・W・エフン監督の特徴的な絵作りをスポイルしてしまっているようだ。音声はAAC5.1チャンネル。このサラウンドは情報量が多い、台詞の彫りが深く立体的、BGMの品位が高い。控えめな重低音の使い方など美点が多いが、これはまあ、ヤマハ AVプリ CX-A5100の力によるものなんでしょうなあ。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動し、今までちびちびと見ていたWOWOWハイビジョン録画の『血と砂』を最後まで。岡本喜八監督は単純な反戦ではなく、敵中の拠点をわずか17人(そのうち13人はそれまで実戦経験のない軍楽隊の若い奴ら)で奪取・固守しなければならないという絶望的な状況を使って戦争における「ひたむきな一生懸命さ」を描こうとしたのではなかったか。

 彼らがどれほど勇猛果敢、懸命に戦おうがその果てに待っているのは“滅び”でしかない。その冷徹な現実にすりつぶされる人間を描くことで結果的に戦争の空しさを強く訴えかけているのではないかと思うのである。

 モノクロハイビジョン画質はやっぱりダメ。コントラストが確保できておらず黒も浮き気味。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

1月17日(水) バカボン上映

 

1月17日(水) バカボン上映
 爆音上映というものを一度体験したいと思っているけれども、福岡では「爆音映画祭」みたいなのしかないんだ。上映作品も『マトリックス』とか『フットルース』『エクソシスト2』『セブン』だったりするんだ。なんか違うと思うんだ。

 付け加えると福岡にはいまだにドルビーアトモス上映館がないんだ。下関と大分にはあるのに福岡にはないんだ、世の中間違っとるよー(これは2016年3月時点での状況。もし間違っていたら世の中ではなく私が間違っていたということで勘弁してください)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー。430キロカロリー。昼飯はマルちゃんの冷やしラーメン。キュウリ一本、茹で卵一本をトッピング。500キロカロリー。夕食は鶏鍋。鶏肉4キレ、白菜、青ネギ、シイタケを香味ペーストのスープで煮たもの。300キロカロリー。後はざるそばで仕上げ。250キロカロリー。
 
 本日の摂取カロリー量は1,480キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイで『ターミネーター4』を見る。告白しよう。私は今の今まで『ターミネーター4』を見たことがなかった。それどころかこの映画の存在さえきれいさっぱり忘れていた。いかに『ターミネーター3』で失望したからと言ってこれはSF映画ファンとしてあまりにも酷い。

 という訳で申し訳ない、ごめんなさいと言いながらレンタルブルーレイを借りてきて申し訳ない、ごめんなさいと言いながら鑑賞したのだが、いや、これは巷の評価が信じられないくらい面白いではないか。半人半ターミネーターのマーカス・ライトのキャラクターの良さ、旧式ターミネーター T-600の幽鬼のような姿、いまひとつ何をしに登場したのか分からんモト・ターミネーター、見せ所を十分に心得たカーアクション、A10兄貴の大活躍等々、オレの心を熱くさせる要素が一杯だ!

 そりゃ、サイバーダイン社に改造されたマーカス・ライトがスカイネットとシンクロを完了すれば自由意志など奪われてしまうだろうとか、全体の絵面が『マッドマックス』でまったくターミネーターらしくないとか、そういう不満があるのも良く分かる。

 だが、なりふり構わず面白い映像を作ろうという熱意は低予算ながら『ターミネーター』を第1級のSFアクション映画に仕立てたジェームズ・キャメロンを彷彿とさせる。つまりこの『ターミネーター4』は『ターミネーター2』と同様、『ターミネーター』の正統なる後継者なのである。

 異論・反論はもちろんあろうが、オレはこうと決めたのだ!だからこれが真実なのだ!

 ハイビジョン画質はそれなり。暗部のノイズはまあ仕方ないか。音声はDTS-HDマスターオーディオ。AVプリアンプ CX-A5100のエンハンスドモードの効果で最新サラウンドに勝るとも劣らぬ臨場感を味わえる。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

1月16日(火) 卍こわい

 

1月16日(火) 卍こわい
 女子高生流行言葉駄洒落。参考<https://shirutoku.info/jyoshikousei-ryuukougo-taisho2016> しかしなんだなあ、 女子高生流行語大賞2016の第6位が「マ!?」というのは凄いなあ。昨今の女子高生というのは「ジャイアントロボ」か(笑)。

 ヤマハ AVプリ CX-A5100 にハーモニクスのインシュレーター TU-505EX MKⅡを使ってみた。音の分解能が良くなり一つ一つの楽器の存在感がより高まった。オレはにやにや。調子に乗って今までパナソニック UB-Z1に使っていた電源ケーブル Device1SEを接続した。現用のシナジスティックリサーチ Reference AC Master Coupler X2 Series に比べると音が異様に生々しくなった。ヴァイオリンの音で弓が一生懸命弦をこすってますという雰囲気をここまで感じられたのは初めてだ。オレはにやにや。

 なんか本当に凄いっすよ、このAVプリアンプ。

 本日は休み。本来の休みである水曜に外せない重大な要件が入ってきたので急きょ代休扱いにしたのである。午前9時過ぎに起床。天気予報通りに暖かくてしかも晴れている!ということで洗濯を開始。シーツも洗った、布団も干した。ああ、ちゃんとした人間の行為が出来てキモチ良いなあ。その後シャワーを浴びて音楽を聞く。この時に前述のCX-A5100のインシュレーター設置や電源ケーブル交換をやってその音の良さに欣喜雀躍したのである。

 昼飯は膳でラーメン+替え玉。その後帰宅してから米国盤3Dブルーレイの『ターミネーター 新起動 ジェニシス』を見る。

 夕食は昨日と同じく水炊き。ビール500ml缶一本飲んでゴハン半合で仕上げ。

 その後、テレビを見ながら読書など。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月15日(月) 一点ゴーガ主義

 1月15日(月) 一点ゴーガ主義
 「ウルトラQ」は「2020年の挑戦」とか「ゴーガの像」は子供の頃に見ていなかった・あるいは見たけど忘れてしまった、というエピソードだったのでDVDできちんと見られた時の嬉しさといったらなかったものですよ。

 今の子供といったら贅沢に過ぎて録画ができる、CS放送などで何度もやってくれる、へたすりゃネットで見放題!ですから、いけません。録画など夢の夢、ビデオデッキを持っていたのはほんの一部のお大臣だけの時代、いやいや、それから20年ほどたって録画ができるようになってもあのいまいましい巨人戦の中継延長で「スタートレック ネクストジェネレーション」の後ろ半分が録画されていなかったりしたんです。

 今の甘やかされた子供たちにもこんな体験をさせてやりたい。番組はリアルタイムでしか見られない、録画などもっての他。許されるのはラジカセを使った録音だけ(笑)。この時、ちゃんとイヤホン端子からケーブルで接続してもそばで母親が掃除機掛けているとその音も録音されちゃうからな。カセットテープはいっぱい録音できるように120分の奴。でもこの手の長時間カセットはテープが薄いのですぐぐちゃぐちゃと絡まってしまったりしたんだぞ、うん。中学生の頃、「宇宙戦艦ヤマト」の最終4話を録音していた120分テープがぐちゃぐちゃになった時はマジで泣いたぞ(笑)。

 こういう時代を体験できるキャンプとかやれ、そして現代のテクノロジーの凄さ、素晴らしさを再認識させよ!

 ああ、オレも面倒臭い大人になっちまったなあ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は抜き。昼飯は久々の小笹飯店で鶏味噌定食。夕食は水炊き。ビール500ml缶一本飲んでゴハンを大目に食ったらお腹ぱんぱん。

 その後プロジェクターを起動し米国盤3Dブルーレイの『ニュータント・ミンジャ・タートルズ』じゃなかった『ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影』を再見。ヤマハ AVプリ CX-A5100で味わうドルビーアトモス音声は極上である。うふふふ。

 映画自体も面白いのであるが、特に気に入っているのがサイとイボイノシシのミュータントに改造されるチンピラ二人組。こいつらはちょっと他に例を見ないほどの大馬鹿キャラコンビで、しかも一人は黒人。そのままだったらさぞ意識高い系の人から「差別だ、差別だ」と言われてしまうかもしれないが、何しろサイとイボイノシシになってしまいましたからなあ。どんなにバカをやらせてもオールOKなんであります。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

1月14日(日) 「トイプードルファイター」

 

トイプードルで変身、トイプードルファイターってカッコわる!私のオーディオの歴史にはいくつかの転換期があった。CDプレーヤー TEAC VRDS-10。パイオニア インテグレーテッドアンプ A-07(AVアンプのプリアウトを本格的なオーディオアンプでドライブすると音が良くなる。これは後のLUXMAN M-7f、マークレヴィンソン NO27L、NuForce Reference9 V2 SE 、 Reference18等のパワーアンプ導入のきっかけとなった)、

 根岸通信の電源タップ、電源ケーブル。電源タップはオーディオに、電源ケーブルはプロジェクター PIANOに対して驚くほどの効果を発揮、私を不治の病、ケーブル病に追い込んだ(笑)。しまいには5万円の電源タップ(アコースティックリヴァイブ RTP-6E)や17万円の電源ケーブルを買っちゃった、えへ。

 パイオニア AVアンプ VSA-AX10 バイアンプの音は正に衝撃的だった。この機体はそれまでの私のオーディオ観を一変させたと言っても過言ではない。

 まったくお金を掛けずにオーディオの大幅な音質向上をもたらしたのがUSBオーディオ。CDからリッピングしたWAVEファイルをUSBメモリにコピーしてデノン AVプリアンプ AVP-A1HDに挿して再生してやるとそこらの普及価格帯のCDプレーヤーが顔色を変えて逃げだし、慌てた数台が思わずすっころぶほどの音が出てきたのだ。この驚きはハイレゾファイルを再生できるパナソニック DMR-BZT9300+NASの組み合わせによるネットワークオーディオに発展する。

 長年の憧れであったパイオニアスピーカー S-1EXの導入も忘れられない。ローンがいっそうきつくなったけど(笑)。

 ハイエンドサブウーファー イクリプス TD725SWMK2をオーディオ用に使った時も大きな感動を味わえた。基礎をしっかりと支える重低音再生がオーディオにいかに恩恵をもたらすものか、改めて認識させられたものである。

 そして現在、ヤマハ AVプリ CX-A5100のNASネットワーク再生の音を聞いてにやにやが止まらない私がいるという訳なのであります(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に食パン1枚、とろけるチーズ1枚、ケチャッピーを使ったピザトースト。目玉焼き、キャベツの千切り。350キロカロリー。昼飯はキュウリ一本とマルちゃん正麺塩ラーメン。400キロカロリー。夕食は冷凍のエビ焼売(240キロカロリー)、茹でホウレンソウでビール500ml缶一本飲んでケチャッピーのナポリタンで仕上げる。450キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,440キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させ、昨日はもういいやと思っていた(笑)『トランスフォーマー』の続き。やっぱりアトモスの音はすげえなあ。映画はすげえつまらないけどな!

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は久しぶりにWOWOWハイビジョン録画の「ウルトラマン」 ジラース登場回の「謎の恐竜基地」 ネス湖の奥地ってなんだ(笑)。そのネス湖の奥地がまるでアマゾンのジャングルのように描写されているのがこれまたよし。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

1月13日(土) タンシチュー学生

 

1月13日(土) タンシチュー学生
 男子中学生とタンシチューの駄洒落だ、うん。さて、LANケーブルを短くすることによってヤマハAVプリアンプ CX-A5100によるNASのネットワーク再生が可能になったことはすでにお伝えした。その後、某山田電器にてカテゴリー7の50センチのLANケーブルを購入。改めて接続し直しNASネットワーク再生態勢を構築したのである。そのうち、お金がある時を見計らって(お前にお金がある時って存在するのかええ?というのは置いときまして)50センチで10,000円オーヴァーくらいのオーディオ用LANケーブルに交換してやろうと思っている。音が良くなるとはさすがの私にも思えないけど(笑)まあ、気分の問題です。

 CX-A5100の使いこなしでもうひとつ。アンバランスでサブウーファーTD725SWMK2と接続してもいやなハムノイズがでない。デノンのAVP-A1HDでは盛大にぶーんぶーんと鳴って使い物にならず、バランス接続を余儀なくされたのに。ということで音楽再生時はヤマハ CX-A5100の右フロント音声のアンバランスプリアウトをTD725SWMK2の入力1に接続。LPF(ローパスフィルター)を使って40kHz以上の高域・中域をカットして再生する。このあたりの設定はもう少しいろいろ試してみてから決定することになるだろう。

 一方、サラウンドの0.1チャンネルはバランスプリアウトをTD725SWMK2の出力2に接続。これでTD725SWMK2の出力1と2を切り替えるだけで音楽2チャンネル再生・サラウンド再生に対応できることになる。デノン AVP-A1HDとは違ってプリアウトのフリーアサインができないというCX-A5100の欠点が完全に解消された。いや、むしろその操作はより簡単になったと言っていいだろう。

 もう私は予想を遥かに超えたヤマハ AVプリ CX-A5100のスーパーマシーンぶりにめろめろですよ!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に豆腐の味噌汁、ソーセージ3本とキャベツを炒めたもの、ゴハン半合。500キロカロリー。昼飯はキュウリと月見そば。400キロカロリー。夕食は白菜とソーセージ3本を香味ペーストで煮た鍋。そしてざるそば。500キロカロリー。
 
 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて米国盤3Dブルーレイ『トランスフォーマー4/ロストエイジ』を久しぶりに再見。いや、映画自体はどうでも良いのだが(笑)このソフトのドルビーアトモス音声がHiVi誌でやたらに誉められておりましてな、それを体験したかったものですから。

 その評価にいささかの誤りや誇張はなし。音場の情報量は比類がなく、従来のドルビートゥルーHD DTH-HDマスターオーディオでは難しかったリアレフトからリアライトへ飛んでいく戦闘機やヘリの軌跡もリアルに再現される。

 現在のシステムはフロントスピーカーの上にイネーブルドスピーカーをアドオンしただけなのでリア音場の表現不足を懸念していたのだが、なかなかどうしてやるものではないか。

 これはCX-A5100の性能によるところが大きいと思われるが重低音のコントロールも実に強烈。あふれるような低音をしっかりグリップしてくれる。

 長い映画なので2時間ぐらいで再生ストップ。堪能したのでもう続きは見なくていいや(笑)。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

1月12日(金) タンシチュー包茎

 1月12日(金) タンシチュー包茎
 タンシチューが食べられなくなる駄洒落。昨日の日記についてちょっと補足しておくべきこと。元ネタのブリアレオス・ヘカトンケイレスという名前を『アップルシード』で聞いた時、ヘカトンケイレスを「ヘカトン系列」と聞き間違えて、そうか、これはブリアレオスのサイボーグボディの形式名なのだなと思ってしまったのである(笑)。

 2017年12月27日にTVQで放送された「勝手にドラフト2017!今夜決定!福岡最強ラーメンBEST5 」でのこと。納豆をかき混ぜてふわふわにしてトッピングしたラーメンを紹介した女性タレント 「ゲレンデがほろほろと溶けて」 そりゃメレンゲや。他にも「この店のラーメンはスープ、麺、具の三位一体が凄いんですよ、司法・行政・立法みたいな」 そりゃ三権分立や。

 ちなみにその女性タレントは中上 真亜子さんです(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にかけそばとキャベツの千切り。300キロカロリー。昼飯はトースト二枚を使ったサンドウィッチ。具は茹で卵、千切りキャベツ、スライスハム。600キロカロリー。夕食は白菜・長ネギ、豆腐、餃子を香味ペーストで煮た鍋とざるそば。650キロカロリー。餃子は例の「油も水もついでに奥さんもいらない羽つき焼き餃子」という奴。これを鍋に入れたらどろどろになってしまうのではないかと思ったのだが、心配ご無用。水餃子のようなもちもちした食感はないが、喉につるつると滑り込むような快感を楽しめる。

 本日の摂取カロリー量は1,550キロカロリーなり。

 その後、米国盤UHDブルーレイで『ヒットマンズボディガード』を見る。日本未公開(配信のみ)が信じられないほどの快作。最初こそライアン・レイノルズとサミュエル・ジャクソンの掛け合いがうっとおしく感じられるが(笑)、話が進むにつれてぐいぐいと加速していく展開の妙に酔わされる。バイク・車、アムステルダムの運河を進むボート、これらを使って重層的に構築された追跡劇はありとあらゆるカーチェイスシーンの中でも間違いなく5本の指に入るものだ。

 でもUHD画質(4KDI)は今3つぐらい(笑)。発色がさえず色滲みも散見される。明部の飽和も目立っており、せっかくのHDRの良さが十分に引き出されていない。音声はドルビーアトモス。DSPプログラムは頼もしい相棒、エンハンスド。こちらの方は文句なし。音場が三次元的に広がり部屋の狭さと言う物理的限界をやすやすと越えてくれる。上空を飛ぶヘリコプターの軌跡も気味が悪いほどに鮮やかだ。

 終了後、シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎにプロジェクターを再起動させて今までちびちび見ていた岡本喜八の傑作戦争映画『どぶ鼠作戦』(WOWOWハイビジョン録画)を最後まで。白虎(佐藤充)と無双(中丸忠雄)の対決がいかにも薄味。もう少し丁々発止のやり取りを楽しみたかった。

 モノクロハイビジョン画質はWOWOWにしては低水準。コントラストが伸びておらず黒は浮いているしハイライトの輝きも物足りない。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

1月11日(木) ブリアレオス健康器

 

1月11日(木) ブリアレオス健康器
 諸君に言っておくことがある。この駄洒落の元ネタは「アップルシード」のキャラクター ブリアレオス・ヘカトンケイレスとぶら下がり健康器である。

 CX-A5100のUSB再生を試してみた。自宅パソコンから8GBのメモリに音楽ファイル(WAVE) アルバム数枚分をコピーして再生してみたらこれがもんのすごい音。今まであんなに良いと思っていたUB-Z1のNAS(LAN)再生がすっかり霞んでしまった。驚くべきことにピュアダイレクトモードより補正を掛けたステレオの方が明らかに音が良い。今まで数多くのAVアンプを使ってきたがこんなのは初めてだ。

 はい、即座にシステムからNASを外すことに決定。しかし、決定したのはいいがUSBメモリ再生の実際の運用は一考を要する。保存している音楽ファイルは118GB。128GBのメモリなら全曲収録が可能。でもちょっと高い。ならば8GBのメモリを一つ買い足して音楽再生専用にするか。再生の度に自室のパソコンのHDDからコピーするのだ。8GBなら某山田電器の割引券とポイントで買えそうだし。でもやっぱり面倒臭いや(笑)。だったら64GBメモリを2つ買うか。ウウーム、価格的には128GB×1より高くなってしまいそうだ。

 いろいろ悩んでいたのだが、ひょんなことから解決。NASをシステムから外す前にもう一回チャンスを与えようということで、AV雑誌 「HiVi誌」のアドバイスに従って実行したプロジェクター X770のLAN端子ターミネイトに使っていた短いLANケーブルで接続し直してみたのである。すると、あれあれ、あっさり再生ができましたとさ(笑)。

 最終的にはUSBメモリとの音質比較をやって決定することになるけれども、本当に長いLANケーブルというのはネットワークオーディオの役に立たんということがよーっく分かりましたとも。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。朝飯は朝っぱらから盛岡冷麺。茹で卵、キムチ、キュウリをトッピング。600キロカロリー。昼飯はお歳暮のソバとキャベツの千切り。ソバは掛け蕎麦、キャベツはゴマ、カロリーハーフマヨネーズ、牡蠣醤油で。300キロカロリー。

 夕食は水炊き。鶏肉・白菜・長ネギを香味ペーストで作った中華風スープで煮込んだもの。味ポン、博多万能ねぎ刻みで食べるとンまい!あ、しまった豆腐を入れるのを忘れていた。後はキュウリ半分、ゴハンを半合。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,600キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて米国盤UHDの『アトミックブロンド』を見る。このUHDは早くに届いていたものであるが、なんとしてもDTS Xで見たくてCX-A5100が届くまで我慢していたのだ。さて、その『アトミックブロンド』 ストーリーがなんともややこしい。ベルリンの壁崩壊前後の混沌とした状況、それも当事者である東西ベルリンの人々たちの戸惑いを濃厚に反映させたのは分かりすぎるほど分かるのだが、それにしてもややこしすぎる。1回の鑑賞で把握できるとはとても思えぬほどである。私は何度か巻き戻して確認しつつ見たのだが、それでも顔と名前が一致しないままどこかへ行ってしまったキャラクターが少なくとも一人いる(笑)。

 しかし、シャリーズ・セロンのアクションは圧倒的。特に後半の長回し風映像(カットの切れ目をCGや編集で上手く繋いでいる)は市川雷蔵の『大殺陣 雄呂血』を連想させるほどのすさまじさ。ぼろぼろになってゆくシャリーズ・セロンの「あんた、いい加減に死になさいよおお!」という心の叫びが(私だけに)確かに聞こえた。

 UHD画質はシャープな解像度(DIファイル2K)とクールな青のルックが印象的。音声はDTS X やや上方の音場が乖離しているようなイメージであったが、ふと思いついてCX-A5100のDSPプログラム 「エンハンスド」を使ってみたら、このつながりの悪さが劇的に改善された。

 このモードは使える。これは常用にしてもいい。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。この時、前述の短いLANケーブルならNAS再生もOKということに気付いたのだ。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

1月10日(水) 「涼宮ハルヒの腰痛」

 

1月10日(水) 「涼宮ハルヒの腰痛」
 あの怖いモノしらずのSOS団団長だっていつかはおばあさんになりますからね。ヤマハAVプリ CX-A5100のインプレッション第2弾。ネットワークオーディオへの対応はDSD 5.6MHz、WAV/FLAC/AIFF 192kHz/24bit、Apple Lossless 96kHz/24bitとフル対応。アナログ・バランス接続したパナソニック DMR-UBZ1のCD再生は明らかにデノン AVP-A1HDより高品位。ならばLAN接続したNASの音楽ファイルはさらに高音質となるだろうと思ってやってみたのだが、ありゃりゃ、CX-A5100からNASの存在は“見えて”いるのだが、再生ができない。LAN接続の設定をやり直してみたのだが、やっぱりダメ。何がいけないんだろうなあ。面倒臭いから音楽ファイルの再生はUSBメモリを使ってやるか。

 本日は休み。午前8時半に起床して豆腐の味噌汁、ハムエッグ、ゴハン半合の朝食。午後10時過ぎに販売店より連絡あり、ヤマハ AVプリアンプ CX-A5100、パワーアンプ MX-A5000、オンキョー イネーブルドスピーカーD-309Hの配達が午後4時前後となる由。にやにやしながら事務所へ行ってちょっとしたお仕事。

 昼飯はピザトースト。ケチャッピーを塗ってその上にハム、焼き海苔を載せてからとろけるチーズをかぶせてオーブントースターで10分加熱。なかなかに面白い味であった。決して美味しいとは言わんが(笑)。

 そして午後4時、ついにヤマハ AVプリアンプ CX-A5100、パワーアンプ MX-A5000、オンキョー イネーブルドスピーカーD-309Hが到着。ついでに販売店の人に手伝って貰ってお役御免となったデノン AVP-A1HDを梱包する。

 販売店の人が帰っていった後、私は喜び勇んでセッティングに取り掛かる。各種接続、イネーブルドスピーカーの設置など約1時間を要してようやく完了。

 とりあえずこの段階で中断して夕食。メニューはコンビニのお握りセットとうまかっちゃん。お握りセットのソーセージと唐揚げをつまみにしてビール500ml缶一本を飲みうまかっちゃんで仕上げ。いや、食材は揃っているのだが、早くCX-A5100で英国盤UHDブルーレイで『パシフィックリム』を見たかったんだよ、手の込んだ料理なんかやってられなかったんだよ(笑)。

 まずは、ヤマハ自慢のYPAO-R.S.C.で部屋の音響特性を測定。何しろ私はAVP-A1HDの時代から音響測定用マイクを載せるためだけにカメラ屋で三脚を買ってますからな(笑)、より一層正確な測定が出来ようというものです。

 そして測定後、昨日の日記に書いたように英国盤UHD『パシフィックリム』を見てその凄さに仰け反ったのである(笑)。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供はヤマハのサイトからダウンロードして電子書籍閲覧用のパソコンにぶちこんでいたCX-A5100のマニュアルだ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて『ゴジラ デジタルリマスター』の続き。

 このリマスター版は人物の瞳の水っぽさ、生々しさがちゃんと表現されている。30数年前、西新の映画館で初めて見た時のぼけぼけの映像を思うとまさに夢のようである(この時の『マタンゴ』もフィルム傷でざらざらだった)。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月9日(火) 「涼宮はれのひの憂鬱」

 

1月9日(火) 「涼宮はれのひの憂鬱」
 時事駄洒落。たぶん、3年後くらいにはどんなニュースを駄洒落にしたのか分からなくなると思うので(笑)概略を記しておく。「着物の販売・レンタルなどを手がける「はれのひ」(横浜市)が突然店を閉じ、お客さんが注文していた着物、着付けのために預けておいたお客さんの着物、を全部持って社長がばっくれた」事件である。その被害額は4,500万円に及んだ(たぶん、これからもっともっと増える)。

 このニュースについて小倉智昭氏が「これを契機に成人式で着飾るのをやめた方がいいんじゃないかな」と発言したそうだが、やめてー、そんなことになったら呉服店大量死だから。

 ヤマハ AVプリアンプ CX-A5100、パワーアンプ MX-A5000、オンキョー イネーブルドスピーカーD-309Hが到着。実際の到着は10日午後4時だったので9日の日記で書くと時系列が狂ってしまうことになるが、まあ、それはうれしさのあまりということで勘弁してください。

 前使用機デノン AVP-A1HDが沈着冷静なストレイカー司令官とすればCX-A5100は情熱的なポール・フォスターという感じ。サラウンドに向くのがどちらかといえばそれは絶対ポール・フォスターなので(笑)。 これでみる英国盤UHDの『パシフィックリム』はちょっと凄い。重低音のアグレッシブな使い方、ドルビーアトモスによる情報音場の細やかさ、燃える、燃える、燃える!そして意外だったのがステレオ2チャンネルの音質の良さ。発売当時735,000円のAVP-A1HDより高音がきらびやかで音場の構築力も高い。CX5100は定価280,000円なのに。

 デノンAVP-A1HDの発売は2007年10月 ヤマハCX-A 5100は2015年10月。AV機器にとって8年の歳月はこれほどまでに大きいのだ。


  もちろん欠点もある。一番の欠点はAVP-A1HDで可能だったプリアウトのフリーアサインができないこと。AVP-A1HDでは2チャンネル再生時 フロントLもしくはRのプリアウトをサブウーファーに割り当てることができた。CX5100はこれができない(サブウーファーへアンバランスで出力できるか試してみる予定)。

 またUSBが全面シーリングポケット内の一端子のみの装備というのも恐れ入る。USB機器からの音楽ファイル再生ができるようになっているのだが、音楽を聞いている間シーリングドアが開けっ放しにならざるを得ないというのはなんとも間抜け。せめて背面に一系統装備して欲しかった。

 全面表示窓がピュアダイレクトモード以外消灯できないのも困る。表示を暗くすることは可能なのだがそれでは足りないのである。全部真っ暗にしたいのである(これは私の使い方が間違っている可能性もある)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝ぺ(朝っぱらからぺヤングソース焼きそば)。550キロカロリー。昼飯は朝の暴挙を反省してキュウリと茹でホウレンソウ。150キロカロリー。夕食はみつせ鶏の水炊き。まあ、かつおだしで鶏肉、白菜、ネギ、豆腐半丁を煮てやってアジポンを掛けて食べるだけなのだがこれが鶏肉の良さもあってめっぽう美味かったの。ゴハンが半合しか食べられなかったのが残念でならなかったの。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、明日届くであろうヤマハ AVプリアンプ CX-A5100、パワーアンプ MX-A5000、オンキョー イネーブルドスピーカーD-309Hに思いをはせつつ夢うつつで過ごす(笑)。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時半に就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧