2017年6月27日 (火)

6月26日(月) 「ハート・イン・ミニ四駆」

 6月26日(月) 「ハート・イン・ミニ四駆」
 アート・ガーファンクル駄洒落。はい、ようやく届いた『パッセンジャー』UHDウルトラブルーレイ(ブルーレイ+3Dブルーレイ+UHDブルーレイのセット)。日本アマゾンで注文、アメリカから送ってくるという形式の販売だったのだが、注文は5月1日である。到着まで実に57日を要したという記録的な遅配だ。もうこの形式で販売されている米国盤UHDには決して手を出すまいと思う。

 はい、ぼちぼち始めました。東宝国内盤『シン・ゴジラ』のUHDブルーレイ(映像:HEVC 5K/4K/3.4K/2.8K撮影・2Kマスター音声:DTS-HD Master Audio 3.1ch 24bit)対ブルーレイ(パナソニック ブルーレイレコーダー DMR-UBZ1による4Kアップコンバート)の画質比較です。冒頭のグローリー丸移乗場面ではデジタルビデオカメラという映像素材のせいもあってほとんど差がないのだが、続いて東京湾風の塔付近に巨大生物が現出するあたりからブルーレイとは隔絶した解像度の高さが見て取れる。

 ブルーレイではどうしても建物の輪郭がぼんやりしてしまうのだが、UHDブルーレイには一切そんな瑕疵がない。きりりと引き締められた高解像度映像がそのディテイールを浮かび上がらせる。

 閣僚の会議場面でもその差は歴然。ソファーなどの色味の複雑さは明らかに広域化された色域BT2020の恩恵であろう。またブルーレイでは細かなノイズが目立って画面全体が粉っぽくなる。しかし、クローズアップの映像になるとブルーレイもなかなか健闘。皆さんのうっとおしい顔面のテクスチャーの表現能力はUHDに負けていない。

 そしてUHDの決定的なアドヴァンテージがHDRによる拡大された映像ダイナミックレンジである。東宝ではHDRに合わせたグレーディングは行っていないのでアメリカ映画最新作のえげつないまでの効果は感じられないが、プロジェクターX770のピクチャートーンで暗部を少し持ち上げてやると見違えるように良くなった。ゴジラの放射能火炎で紅蓮の炎に包まれる東京。この炎が文字通り紅蓮に見える(笑)。暗い中で燃えているという感覚がストレートに味わえる。対するブルーレイはこの明部と暗部の境が曖昧で周囲の暗闇であるべき部分までもがぼんやりと明るくなってしまうのだ。

 米軍によるゴジラ攻撃から人々が避難する場面でも、車のヘッドライトが飽和することなくきちんとその形を保っている。これがブルーレイの非HDR映像だとライトの光が滲んでしまうのである。

 (続く)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は抜き。昼飯は病院に薬を貰いに行ったついでにウエストでミニカツ丼とざるそば二玉のセット。今日のカツ丼はことの他美味かった。タレの絡み具合が抜群であった。そしてざるそばは安定の美味しさ。やっぱりソバなんてぇものはご隠居さん、高級なソバをちょっぴりなんてのはいけない。それなりのソバをぞるるぞるると啜ってこそでさあ。もちろん、ソバ湯もたっぷり楽しみましたとも。外食摂取カロリー暫定一律基準 1,000キロカロリー。夕食は卵かけゴハンとトマト1個、そして白菜ともやしの味噌汁。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させて前述の『パッセンジャー』を見たのである。ストーリーはなんというか、少しアホな「オトコノコの都合の良いファンタジー」であって、移民宇宙船の中でお姫様(ジェニファー・ローレンス)を見つけた貧しい男(クリス・プラット)が彼女を蘇らせる。この場面がもろにガラスの棺桶の白雪姫でもう私など身もだえして喜んでいる訳です(笑)。

 そんな彼女と仲良く二人きりの生活をして、ついには恋人同士となる。5,300人近いクルー、乗客が乗っているのに他の誰も覚醒せずにやりたい放題、したい放題。その恋人にある秘密がバレてしまって仲たがい。しかし、宇宙船の故障(このためにクリス・プラットが予定より90年早く覚醒させられてしまった)で大ピンチ。二人で協力してこの危機を乗り越えて後はハッピリー・エヴァー・アフター!

 なんだ、このご都合主義は、あんなひどいことをした男を女が簡単に許すもんか、ふざけるな、コンチクショーと評価はあまり芳しくなかったようですが仕方ないじゃありませんか、何しろ「オトコノコの都合の良い妄想」なのですから。

 そのほかにいきなりバーテンのロイド(『シャイニング』参照のこと)が出てきたりするのも私の好みにぴったりだったという訳でして(笑)。

 UHD画質は素晴らしいの一言。マスターはDIファイル4Kであり、その精細感は比類がなし。HDRによって生み出される宇宙の深淵はその奥行き感に吸い込まれてしまいそうだ。大恒星を使ってスイングバイする場面とか、なんかちょっと信じがたいっすよ。

 音声はドルビーアトモス。私のシステムではドルビートゥルーとして再生される。こちらも実に雄大なサラウンド空間。重低音もまったく乖離したところがなくすべてが混然一体となった音場に包まれるこの幸せよ。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時からプロジェクターを再起動させてWOWOWハイビジョン録画の熱海五郎一座「熱闘老舗旅館 ヒミツの仲居と曲者たち」を1時間ほど。東貴博の前説が「舛添要一」ネタ。現状を鑑みると別の意味でめちゃくちゃ笑える。大騒ぎして降ろしてみりゃ無駄遣いが数千億に膨らんだんだから。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

6月25日(日) 「正解するガロ」

 

6月25日(日) 「正解するガロ」
 ガロと言えばフォークシンガーグループじゃなくって漫画雑誌だろう駄洒落。「The Invisible Monster」(1950) 9. Trail to Destruction  窓の外から部下と共に落下したカーソン。部下はきゃーっと水木しげる漫画のような悲鳴を上げて落っこちます。カーソンは予想通り消火ホースをとっさに掴んで無事でした。航空会社の社長が彼をうんこらしょと引き揚げます。

 透明ボスはまたまた困ってしまいました。計画が失敗するばかりで組織がどんどん貧乏になっていきます。カーソンが航空会社に「図面を売ろうとする奴がいたら連絡しろ」というおふれを回しているのでせっかくの図面もこのままでは紙屑同然。

 透明ボスはやっと妙案を思いついたようです。「よし、図面を盗んだ航空会社を脅迫しよう。1万5千ドル支払わないと図面を公開するぞ。せっかく大金掛けた計画が水の泡だぞってな。わははは、オレは頭が良いなあ」部下が心配そうに「それでボス、金の受け渡しはどうするんで?」「わははは、それも良いアイデアがある」

 そのアイデアとはワンちゃんを使うこと。「どこそこあそこの木にワンちゃんをつないでおくので1万5千ドルの札束を首輪に結び付けろ。そしてワンちゃんを放すのだ」 心がほっこりいたします(笑)。カーソン、キャロルはその脅迫状の通り首輪に大金結びつけたワンちゃんを放すのですが、さすがは主人公、別のワンちゃんを連れておりまして、後を追うという。やっぱり心がほっこりいたします(笑)。

 カーソン・キャロルは割と安易に脅迫金が届くのを待っていた部下二人を発見。部下たちは馬で逃げ出すのでした。ひどいことに途中でお金を持ってきてくれたワンちゃんにずどん。追い払ってしまったのです。寄る辺を失ったワンちゃんはカーソンたちのところに行くのでありまして(笑)。カーソンはキャロルを残して単身このワンちゃんの案内で敵のアジトに向かうのでした。

 さて、牧場の納屋の中に設けられたアジト。三人の部下たちが大量に貯蔵してある爆発物を運ぶトラックが到着するのを待っております。そこへ飛び込んだカーソン。またまた殴り合い。この時カーソンが持っていた拳銃が叩き落とされ蹄鉄用炉の中へぽとり。高温のコークスにあぶられた拳銃が暴発しはじめました。そのショックで飛んだコークスが山と積まれた爆発物の箱の上にぽとり。だからそんなもの、炉のすぐそばに積んでおくなっての(笑)。

 後ろからぽかりとやられて倒れ伏すカーソン。直後に大爆発が起こって納屋が吹き飛んでしまいました。続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯は抜き。夕食はカラーラで焼いた鶏肉、大量の刻みキャベツ、白菜・もやし・長ネギを使った野菜炒め。乾麺のうどんを醤油、博多万能ねぎ刻み、大量のカツオ節を入れた卵で食べる地獄炊き風うどん。1,000キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 鶏肉は牡蠣醤油、オロシショーガを揉みこみ15分ほど置いたもの。片栗粉や唐揚げ粉は使わずにそのままカラーラで焼く。これが上出来で、小笹飯店の名物メニュー、鶏味噌定食を彷彿とさせるくらいに美味い。

 その後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ノック・ノック』 僕の大好きなイーライ・ロス監督作品である。これがもう実にイーライ・ロスらしくてただただキアヌ・リーブス悲惨!という映画(笑)。庭に首だけ出して埋められてさんざん責め立てられてブチ切れ「そりゃ、オマエら、すげえいい女が夜中に突然やってきて、シャワー浴びさせたら二人ですげえエロ話し始めて、挙句にバスルームで二人でチンコにあんなことやこんなことされて我慢できるか、コノヤロー、ぜったいやっちまうだろ、それが悪いのか」と涙目でわめくキアヌに大笑いである。

 突然夜中に現れてキアヌにエッチな罠を仕掛ける女二人組 ロレンツァ・イッツォとアナ・デ・アルマス。ロレンツァ・イッツォは同じイーライ・ロス監督の『グリーン・インフェルノ』のヒロインであり、またイーライ・ロス監督の奥さんでもある。

 イーライ・ロス監督、自分の嫁さんによくも演技とはいえあんなエロいことさせますなあ。

 ハイビジョン画質はそこそこ。発色が今一つで地味な映像である。音声はAAC5.1チャンネル。音質はさほど良くはないのだが、効果音の定位が抜群。墓穴を掘っている音が左チャンネルにきっちり定位するのはさすがに恐ろしかった。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。NHK BSハイビジョンで放送された『サイレント・ランニング』をブルーレイメディアにムーブしたぞ。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前一時半過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

6月24日(土) ガーシュウィン船

 

6月24日(土) ガーシュウィン船
 貿易駄洒落。「The Invisible Monster」 (1950) 8. Window of Peril  まあ、もちろんカーソンはキャロルに車をぶつけられる前に脱出して助かったんですけど(笑)。さて、現金輸送列車襲撃に失敗してしまった透明ボスはさらに弱っております。ますます資金繰りが苦しくなったからです。

 でもさすがは透明ボス。部下の一人に「おい、ミラー、お前は航空機会社に勤務していたな。その会社の新型機の図面をパクってライバル会社に売ろうじゃないか」「でもボス、図面の保管してある部屋は警戒厳重です。人目にふれずに出入りなんかできませんぜ」「わはは、ワシを誰だと思っている。透明ボスだぞ、透明ボス」この後、透明ボスはまんまと図面を手に入れたようであります。

 この盗難事件を知ったカーソン(もう皆さん、忘れていらっしゃるかも知れませんが彼は保険会社専属の調査員であります。この航空会社もカーソンの保険会社と契約していたのです)はまさに神のごとき英知を発揮します。「部屋の窓のところにあいつらが使っていた薬品が付着していた。これはあいつらの仕業なのだ、あいつらはきっと図面の買い手を探しているのに違いない。そこで他の航空会社にそんな奴らがコンタクトしてきたら教えてくれと頼んでいた。さっそくある会社から連絡が来たぞ」

 頼むからご都合主義とか言わんでください(笑)。

 カーソンはその航空会社の社長に会い、売り手の名前住所を聞き出します。どうせ偽名と思ったカーソンですが、とりあえずその住所を尋ねてみます。でもそれはやっぱり罠でした。突然床下から飛び出してきた透明ボスがカーソンをぽかり。今しがた飛び出してきたばかりの床下の隠し部屋に突き落としてしまったのです。扉の上にソファーやらなんやらを積み重ねて閉じ込めた透明ボス。部屋に火を放って逃げてしまいます。またまた大ピーンチのカーソンですが、隠し部屋の壁をなんとか破って脱出に成功します。

 透明ではないフツーの状態のボスと初めて顔を合わせることになったカーソンですが、特になんてことはありません。他の部下たちと同じ扱いです。

 さて透明ボスは部下に命じて件の会社に図面を売りに行かせます。部下は「ボス、もし待ち伏せとかされていたらどうするんですか」と困惑顔。透明ボスはうんとうなずいて「心配するな、わしが透明になって建物の下にいるから、もしヤバくなったら窓から図面を落とせ」部下たちはどうなるんだという(笑)。

 はい、部下たちの危惧が100パーセント当たりました。カーソンが社長室で彼らを待ち受けていたのです。さあ、またまた始まる取っ組み合い。部下の内一人は逃げてしまいましたが、もうひとりがカーソンとえんえんと揉みあいます。二人はなぜか開け放たれている窓に近づいていって、あ、ついに窓から落ちてしまいました。きゃーっという悲鳴が響いて続く。あ、図面はちゃんと事前の打ち合わせ通りにビルの外で透明になって待ち構えていた透明ボスに回収されましたのでご安心を。

 窓のすぐそばにこれ見よがしに消火ホースのリールがあった。カーソンはこのホースに捕まって助かるに違いないとか頼みますから言わんでください(笑)。

 本日は午前6時半に起床してシャワーを浴び身支度拵える。朝飯はマルタイ棒ラーメンに茹でもやしをたっぷり乗っけた奴。それから午後1時過ぎまで私の目は私の体を離れ女子ドッヂボール大会の過酷な労働の時間の中に入っていくのです・・・。

 昼飯は大会で出された幕の内弁当。夕食は鶏鍋。白菜、えのき、しいたけを白出汁で煮て味ポンと博多万能ねぎ刻みを振り掛けて食う。ゴハン半合。

 その後、米国盤ブルーレイで『SAWⅣ』を再見。あれ、おかしいなあ、ソフトラックに『SAWⅡ』が見当たらないぞ。たしか買っていたと思うんだけどなあ、その特典ディスクに『SAW』がまるごと収納されていたんだけどなあ、どこいっちゃったかなあ。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

6月23日(金) 『魔女の卓球台』

 

6月23日(金) 『魔女の卓球台』
 私としては珍しいジブリ駄洒落。「The Invisible Monster」 (1950) 7. Murder Train  やっぱりあった抜け穴から脱出するカーソンとキャロル。彼らは電話のあるところまで行って警察に連絡。洞窟を調べることになります。しかし、驚いたことに洞窟はもぬけの殻。しまった、逃げられた!とくやしがるカーソンですが、なに、大丈夫でさあ、鉱山の入り口じゃ偽装砂利トラ(砂利の下ががらんどうになっていて荷物や人間を隠せるようになっているのです)を使って透明ボスたちが引っ越しの真っ最中だったんですから。

 まあ、カーソンたちは透明ボスたちと銃撃戦やったあげく、結局逃がしてしまうのですが。

 さて、透明ボスたちは困っております。悪の組織の運転資金(というのか)が不足しているからであります。そこで彼らが考えたのが現金輸送列車を襲うこと。透明ボスはニヤニヤしながら「銀行に運び込まれると警備が厳重になるからな、走っている列車に爆発物を満載した軌道車をぶつけるのだ」とまことに物騒なことを言っております。

 一方、カーソンのところに警察から連絡が。警察は偽装砂利トラを捕まえたというのです。運転手は何も積み荷のことを知らされておらず、ただ、何時までのどこそこあそこのガレージまで来いと依頼されていただけと言います。カーソンはこの運転手に化けて件のガレージへ。

 またそこで透明ボスの部下二人と殴り合い。後ろからぽかりとやられたカーソン、ばったりと倒れます。部下二人は彼を縛り上げて「こいつどうする?」「顔と手を潰して捨てちゃうか」「いやいや、もっといい方法があるぞ、ケーンジャンクションに連れて行って爆発物積んだ軌道車に乗っけるんだ」これを聞いたカーソン、格闘でこぼれてしまったペンキを利用して床に「ケーンジャンクション」と書き残します。

 キャロルはなかなか帰ってこないカーソンを心配してガレージへ。そこで彼の残した文字を見つけたキャロルは警官と共にケーンジャンクションへ急行。そこではまさに透明ボスの部下二人が爆発物を満載した軌道車にカーソンを乗せているところでした。「ややや、警官隊だ、すぐに軌道車を発進させろ」ごろごろと動き出す軌道車。このままいけば現金輸送列車と正面衝突であります。

 キャロルはこの軌道車を止めるために車で追いかけます。そして猛スピードで追いつくなりぐいとハンドルを切って車を軌道車にどかーん。キャロルは寸前で脱出しましたがカーソンが乗っていた軌道車は粉みじんになってしまいました。続く。

 へへへ、どうせ、カーソンは車とぶつかる前に逃げていたんでしょですって?うん、まあ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー。400キロカロリー。昼飯はマルタイ棒ラーメンの冷やしラーメンという奴。チャーシューやトマト、温泉卵、茹でもやしをトッピングしたので500キロカロリー。おやつに(笑)アイスクリーム 300キロカロリー。夕食はカラーラで作った唐揚げ4個、マグロブツのづけ、刻みキャベツ、ゴハン半合。缶ビール500ml一本飲む。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は2,000キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターで久しぶりに米国盤ブルーレイ 『SAW3』を見る。いやー、実に久々の鑑賞だったもので、このディスクの収録音声が「DTS-HD ハイレゾリューション」だったこととかすっかり忘れていたですよ。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は「ゴリパラ見聞録」 明日は地区の女子ドッヂボール大会で午前6時半起きなのでとっとと酔っぱらってとっとと寝た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

6月22日(木) シーチキン・礼金

 

6月22日(木) シーチキン・礼金
 賃貸物件駄洒落。さて、「The Invisible Monster」の続きである。 6. Ordeal by Fire  どっかーん、大爆発する橋。吹き飛ばされるカ―ソンの車。しかし、カーソンはもちろん無事です。なぜかというと後部座席の横棒に手錠で繋がれていた透明ボスの部下が、横棒(何のためについているのか良く分からない)を強引に外してカーソンを襲ったからであります。彼は失神したカーソンを車外へ放り出し自分で運転して橋へと向かったのであります。

 はい、やっと前回の不自然な待ち伏せの意味が分かりました。しかし、なんだなあ、この部下、こいつさえ変なことしなけりゃカーソンは何も気づかないまま橋に突っ込んでいたのに、もうバカバカバカ。透明ボスの苦労が忍ばれるというものです。透明ボスは警察無線を傍受して自分のほろ付きトラックの詳しい特徴が流されているのを知り、部下に命じて処分させるのでした。処分と言ってもアジトからそんなに遠くない道路の脇に置きっぱなしにするだけですけど(笑)。

 その後、ほろ付きトラックを警察が発見。カーソンとキャロルが調べに向かいます。カーソンはトラックのタイヤに挟まっていた砂利に注目。「むむむっ、これは鉱山特有の砂利だ。この近くに鉱山はないか」地図を調べて鉱山へ向かうキャロルとカーソン。その彼らの眼前で突然爆発が起こり大量の土砂が。透明ボスの部下二人が崖でダイナマイトを爆発させたのです。危うく難を逃れたカーソンとキャロルは二人と銃撃戦。一人を射殺し、もう一人を追って割と安易に透明ボスのアジトになっている洞窟にたどり着いたのでした。

 ずかずか入っていって拳銃を突きつけるカーソン、キャロル。しかし、偶然にも透明ボスが透明薬の実験中でした。透明ボスは気づかれぬままカーソンに近寄り拳銃を叩き落としてしまったのです。さて、たちまち起こる取っ組み合い。拳銃を拾ったカーソンと部下たちは激しい銃撃戦を展開します。形勢悪しと見て鉱山の奥深くに逃げ込むカーソンとキャロル。部下たちはトロッコにたまたま乗せられていた石油の樽をえい。トロッコはレールの上をごごごごと動き出します。銃撃戦で穿たれた穴から流れる石油に火をつけるとたちまち火だるまとなってカーソンたちを追う!追い詰められたカーソン、キャロル、どかーん大爆発。続く。どうせ、横穴があって二人とも爆発寸前に脱出したんだろとか思っちゃいけないですよ。

 仕事はまあ、いろいろとあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチ 300キロカロリー。昼飯はトマト1個、マルタイ棒ラーメン+もやしで400キロカロリー。夕食はコンビニのカルビ焼肉(冷凍食品)を丼飯に乗っけたカルビ丼、トマト1個、後はもやしとキャベツででっち上げた味噌汁。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイで『パシフィック・ウォー』を見る。原爆を運んだあと、伊号潜水艦に撃沈されたという重巡洋艦インディアナポリスとその生存者たちが救助されるまでの苦闘を描いた映画。邦題がいい加減だけど(『USS Indianapolis: Men of Courage』)、ニコラス・ケイジやトム・サイズモアが出演していて伊号潜水艦内部のメカニック描写もなかなかカッコよく、それなりにいい映画になる筈だったのだが・・・。

 CGがもうまったく徹底的に絶対的に壊滅的にダメ(大笑い)。伊号潜水艦から回天が発進する場面とかもうメカシャークと一緒ですよ。冒頭の特攻隊の攻撃も戦闘機が増槽つけたままツッコンできたりして、もう見ていていらいらさせられるのだ、これが。

 どんな良い映画を作ってもこれではただただ白けてしまうばかりなのである。

 ハイビジョン画質もダメダメダメ!特に顕著なのがクソCGが多用される場面で妙なソラリゼーションがでてしまうこと。諧調推移が紫に塗りつぶされてしまう、なんだこりゃ。CGを使わない時でも暗い場面はばちばちノイズが入って立体感もへったくれもなし。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。重低音の迫力はよろしい。ただ後半の地味な漂流劇になるととたんに平面的でつまらないサラウンドになってしまうのはどうかと思う。

 終了後シャワーを浴びてダビングいろいろ。NHKBSで放送された4Kデジタルリマスター版『嵐を呼ぶ男』 テレビの画面で見てもフィルムグレインの奔放な振る舞いが再現されていておおおっと思う。ぜひ、これはプロジェクターの大画面で見なくてはならん。

 午後11時からプロジェクターを再起動。前述の「The Invisible Monster」を2エピソード見たのである。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

6月21日(水) 「シーレーンレストラン」

 

6月21日(水) 「シーレーンレストラン」
 清水健太郎駄洒落。またUHDブルーレイで『シン・ゴジラ』を見る。HDRに関しては『ハクソーリッジ』や『パトリオットディ』の米国盤最新作のえげつないまでの効果に比べると旗色の悪い『シン・ゴジラ』UHDであるが、これはプロジェクターX770のピクチャートーンを上げることでかなり改善される。しかもピクチャートーンを上げることで色のりも良くなりあたかもさらに色域を拡大したかのような効果も得られるではないか。

 この画質設定で見る『シン・ゴジラ』 暗闇で赤く輝くゴジラのなんと禍々しいことか、おお・・・てな訳で最初は全編見るつもりなかったんですよ、某同人誌原稿のために同梱のブルーレイとの画質比較をやろうと思っていたんですよ、それがこんな絵を見せられてついつい最後まで行っちゃったですよ。

 (『シン・ゴジラ』トリビア https://twitter.com/Sankei_news/status/876778706575872000 カヨコ・パタースンが手渡す書類フォルダにNCC-1701-2199と書かれている。これはもちろん、エンタープライズとヤマト。さすがに分かりました。でもこれを劇場公開時に見つけていたとしたらその人はかなりのつわものでありましょう。『スペースバトルシップヤマト』でセロハンテープを見つけたみたいな。

 他にもグローリー丸の船籍番号“MJG15041”は『マイティジャック』の飛行戦艦マイティジャックの船体スペック「MJ号全幅150m全高41m」から。冒頭で登場するプレジャーボート 「グローリー丸」。これを直訳すると『ゴジラ』で最初にゴジラに沈められた漁船「栄光丸」 ゴジラ第二形態の遡上場面で押しのけられる小型船が「The Alpha」 これは『緯度0大作戦』のα号より、なんてのがあるようですが、そんなの分かるかつーの)

 本日は休み。午前8時過ぎに起床してぼけーっ。シャワーを浴びて頭をすっきりさせてから亀のお世話。イシガメ屋外ケージの濾過機の掃除やマルギナータの餌やり等々。午前11時過ぎにトースト2枚にマヨネーズ、レモン汁、胡椒、醤油で合えたシーチキン(少量の牡蠣醤油がぐっと味を引き立てる)とスライスしたトマトを挟んだサンドウィッチ。600キロカロリー。

 午後12時過ぎから外出してちょっとしたお仕事と買い物。午後1時過ぎに帰宅して前述の『シン・ゴジラ』を見たのであった。

 夕食はシーチキンの残りとゴマ油、クバラキャベツのタレ、塩昆布のドレッシングで合えたキャベツでビール500ml缶一本飲んで仕上げにマルちゃん「北の味わい ざるラーメン」 800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後は音楽を聴きながら読書。戸梶圭太「亡霊ラジオ」読了。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は「ケンミンショー」 そして午後10時半からプロジェクターを再起動させて『プッシーキャッツ』を最後まで。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月20日(火) 『シリアスの黄色いハンカチ』

 

6月20日(火) 『シリアスの黄色いハンカチ』
 前科者とより戻すとかマジあり得ないからby倍賞千恵子。私の愛機 パナソニック UHDウルトラブルーレイ再生機能付きブルーレイレコーダー DMR-BZ1。前にも書いたと思うのだが、外付けNASの音楽データを再生しようとすると高い確率で「LANネットワークの断絶」が起こる。むろん、再設定は可能なのだが、LANケーブルを引っこ抜いてあべこべに刺し直す必要があったりしてとかく面倒臭いのである。そこで考えたのがUB-Z1のHDDに直接音楽データを貯め込むという機能を使うこと。リンク断絶の心配はないし、LANケーブルを介することがないのだから音質的にもきっと+になる筈だ。

 マニュアルを読むとUSB-HDDから取り込めるとかLAN接続したパソコンから取り込めるとか書いてある。何だか良く分からんが今度挑戦してみよう・・・と思いつつ、ずーっと先延ばしになっているんだよなあ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。400キロカロリー。昼飯はトマト1個とソーメン1把。200キロカロリー。夕食は例のマルちゃん「北の味わいざるラーメン」 焼き豚、茹でもやし、トマト1個、温泉卵を乗っけたので700キロカロリー。

 本日の摂取カロリーは1,300キロカロリーなり。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『ロブスター』を見る。一応、ブラックなコメディという体裁をとっているがその実かなりエグいディストピアもの。この世界ではパートナーを持たない独身者の存在が許されない。そういう不届きモノは婚活ホテルに送られて49日間(だったかな)のうちにパートナーを見つけないと動物にされちゃうのだ!寓話的な意味なのかと思ったらとんでもない、本当に犬や馬にされてしまうのだ。主人公のコリン・ファレルはもし自分が動物にされるのならロブスターがいいと思う。これがタイトルになっているのである。これは何か『私は貝になりたい』のフランキー堺みたいなものか(ちがうと思う)。

 周辺の森の中には対照的にパートナーを持たないことを選択したアナーキスト(決してモテないという訳ではない)たちがいる。しかしこっちはこっちで、パートナーをうっかり見つけてしまうと眼を潰されてしまったりするのであった。

 私は決して大層な主義主張があって独り身でいる訳ではないのだが、むしろ果ての無い怠惰と無能の末の結果なのだが(笑)、こういう映画を見るとちょっと言いたくなりますね。「独身、それはそれでいいんじゃないですか、何か悪いんですか」

 ハイビジョン画質は意外に綺麗。解像度が妙に高いし、森などの風景が実に美しく見えるのも好ましい。ただ、これが暗い場面になると激変。細かなノイズに覆われてしまうのであった。

 音声はAAC5.1チャンネル。ホテル周辺の自然と都会の環境音の対比表現がウマい。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

6月19日(月) 「イデオン ウソつかない」

 

6月19日(月) 「イデオン ウソつかない」
 元ネタは「インディアン、ウソつかない」というCMの文句。今だったら人種差別だわあわあわあと言われるだろうなあ。

 『The Invisible Monster』 5. Bridge to Eternity  思った通りトラックと衝突寸前で車から飛び出すカーソンとキャロル。しかし、このキャロルは女丈夫というか女傑と言うか悪漢と銃撃戦はやるし、今回みたいに車から飛び出したりします。こういう活動的な女性キャラはこの時代には珍しかったのではないでしょうか。

 さて、トラックに積むことができなかった透明用薬品のドラム缶はアルトン化学会社の倉庫へ運び込まれますってまたここかい。前に透明ボスに酸を盗み出されてしまったのに、こりない人たちだなあ(笑)。この情報を聞きつけた透明ボスはさっそく取り返しに向かいます。

 例のほろ付きトラックでアルトン社の倉庫に乗り付けて透明になる透明ボス。どうするのかと言いますとドリルを持ってきてごーりごりと壁に穴を開けるのであります。壁の向こうは透明薬のドラム缶。穴を開けてホースを通しポンプで吸い取るのですな。ちなみに透明ボスったらドリルにはちゃんと特殊布をかぶせているのですが、ホースはそのまんま。ぶらーんぶらーんと揺れるホース。

 ああ、透明になる意味が微塵もない!

 さて、倉庫の中にいたカーソン。なかなかこれに気付きません。二缶分抜かれたところでやっと「ああ、大変だ、おいこらまてー」 でも逃げられてしまいましたとさ。

 しかし、警察の力によってトラックの行方が判明します。勇躍車で飛び出すカーソン。しかし、これは透明ボスのワナでした。彼は部下に途中の橋に爆弾を仕掛けさせていたのです。さらにカーソンの車で部下が待ち伏せ。彼は乗り込んできたカーソンをやっつけようとするのですが逆にノサれて手錠で車の後部座席に拘束されてしまいました。

 え、あれ、橋に爆弾しかけるんだから、こんな待ち伏せなんかしなくていいのに、何か変だな。まあ、これも次回で理由が明らかになるんですけど。

 爆弾を仕掛けられた橋に突っ込むカーソンの車。どっかーん、大爆発が起こって橋がばらばらに吹き飛んじゃいました。続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンと野菜ジュース。300キロカロリー。昼は思うところあって抜き。夕食は完全コンビニ飯。厚焼き玉子、豚汁、唐揚げ、ソーセージ、厚焼き玉子がそれぞれ一つついたお握りセット。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,100キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『ムーンウォーカーズ』を見る。スタンリー・キューブリックみたいな有名な映画監督に秘密裏に月着陸のフェイク映像を撮影させるとかできるか、バカ、それで機密保護はどうするんだよ、まさか関わった人間全部殺すのか、バカ等々アポロ陰謀論に対する強烈なイヤミが痛快。キューブリックはダメだからとルパート・グリントが紹介してきた映画監督がサイケの人で「月を極彩色にするよ、宇宙くらげも出すよ」と言い出したのに不覚にも大笑いしてしまった。

 ハイビジョン画質は今一つ。映像のダイナミックレンジが狭く眠い画質である。音声はAAC5.1チャンネル。冒頭のベトナム戦悪夢以外は目立った効果なし。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動してCSハイビジョン録画の『プッシーキャッツ』を半分ほど。いやあ、やっぱりこの映画でのレイチェル・リー・クックは死ぬほどかわいいなあ。こんな娘を屋台に連れていっておでんや焼鳥、ラーメンを食べさせてあげたいなあ。それで「美味しいよ」、ニコっとかされたらた、たまらんなあ。ああ、考えただけで頭がくらくらしてきて、あれ、あれあれあれ・・・(バカ)。

 まあ、それは置いといて(笑)。残念なのはこの録画の画質・音質が非常に良くないこと。人がいっぱい出てきたり、動きがちょっと早くなるとモザイクノイズがばりばりばり。音声もステレオでドルビーデジタル5.1チャンネルだったDVDにも劣るのである。この作品はアメリカでもブルーレイになっていないので私にはこの録画しかないのだ。

 せめてWOWOWでやってくれんかなあ。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

6月18日(日) ルナ・のび太

 

6月18日(日) ルナ・のび太
 最初、ルナ・オービター(計画)とアポロ計画の月着陸船(ルナ・モジュール)を混同していたのはナイショだよ。久々に『クレージーだよ奇想天外』を見た。拳銃で撃たれてぼろぼろの中古車のドアなどが次々と外れしまいにはハンドルだけ握った谷啓が尻からナンバープレートぶら下げてひいひい言いながら走っていくという物凄いギャグ、08(ゼロハチ)を演じる藤田まことのカッコよさ(やたらにスタイルがいいんである)、ハナ肇の愛人という設定からか妙になまめかしい星由利子、この作品の好きなところを語らせたら止まらないよ(笑)。

 ただ、所謂政治風刺という奴がどうにもぎこちなく青臭いなあと思っていたのだが・・・。昨今の喜劇的な政治状況を経験した今の目からするとこれが逆に鋭く見えてきたという。国会議員鈴木太郎(谷啓)は「平和法案」を国会に提出する。しかし、その法案をつぶさに読んでみると通常兵器を廃棄する代わりに核武装するというではないか。「これは平和法案ではない、戦争法案ではないか」と激怒する鈴木太郎。

 「戦争法案」むむむむっ。「法案をろくすっぽ読まないで偉そうなことを言う」むむむむっ。なんかどっかで聞いたような(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのお握りとカップワンタン。400キロカロリー。昼飯はお中元で頂いていて、でもその存在を今の今まで忘れていた沖縄アグー豚レトルトカレー。500キロカロリー。

 夕食は白菜を炒めて「ゴマ油+クバラきゃべつのタレ+塩昆布」のドレッシングで食べる。後は冷凍食品の肉うどん。これが抜群に美味かった。あまりにも美味かったので残ったスープにゴハンを入れておじやにしたくらいだ。900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,800キロカロリーなり。

 その後、映画は見ずに音楽聞きながら読書。戸梶圭太の「血祭り」を最後まで。主要登場人物のほとんどがクズのキチガイという戸梶節が心地よい。そうだよ、戸梶圭太はこうじゃないといかんのよ。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 午後11時過ぎからプロジェクターを起動させて前述の『クレージーだよ奇想天外』を見たのである。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

6月17日(土) 「ツィッターの砂漠」

 

6月17日(土) 「ツィッターの砂漠」 
 子供の頃「月の砂漠」を聞いてそんなに月の砂漠を旅したいか、砂漠とか昼はクソ暑いし、夜は寒いし、喉は乾くし、ラクダはきっと臭いし、唾を吐くし(たしか何かの動物番組でこのラクダの癖を見たことがある)ろくなもんじゃねえと思っていたことはナイショだよ。

 パソコンで名刺を作成。いや、凄いですね、某山田電器で名刺用の用紙をおおよそ500円(税込)で買ってきますな。その用紙のパッケージで指定されているサイトにいくと無料で名刺作成用のアプリがダウンロードできる。それを使うと簡単に名刺のデザインが出来てその用紙にプリントできる。この私がですよ、年賀状の印刷にだって毎年、毎年、2枚や3枚失敗する私がですよ、この名刺の印刷を1枚もミスらなかったのですよ。これは皆さんが思うよりはるかに凄いことですよ。そんなことを力説してどうするとおもうけれども(笑)。

 そりゃ私の作った名刺だから美的センスがまるで欠如していますが(笑)、名刺120枚が500円1時間でできたんですよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。食ったもの、朝飯にトンカツサンドと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯は茹でホウレンソウ。60キロカロリー。夕食は昨日の鶏鍋の残りでビール500ml缶一本飲んで、後はスープにサッポロ一番醤油ラーメンをぶちこんで〆とする。ラーメンは少々塩辛くなってしまったが、実に美味かった。

 その後、プロジェクターを起動させWOWOWハイビジョン録画の『エスコバル 楽園の掟』 うっかりコロンビアの麻薬王の姪に惚れたばっかりに自身ばかりか肉親までひどい目に会わされるカナダ人青年の話。いやあっちの麻薬組織のえげつなさというのは知っていたつもりであるけれども、じっさいに女子供にも容赦しないやり口を映像化されたらたまらんっすよ。二人も乳飲み子が射殺される映画など前代未聞じゃないのかしらん。神父相手に「神はおれだ」と言わんばかりの麻薬王の肥大しきった自我も恐ろしかった。

 しかも実在の人物をモデルにしているのだ!

 この後に作られた『ボーダー』では麻薬組織に妻子を殺された元検事という実に対照的な役を演じているヴェニチオ・デルトロ。どっちにもぴたりと嵌る彼の演技も見ものである。

 ハイビジョン画質は並以下。暗部のノイズがひどく発色も誉められたものではなし。音声はAAC5.1チャンネル。適切な重低音の使い方が宜しい。後半、追い詰められる主人公の心理描写に大きく寄与する。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は「ゴリパラ見聞録」 山に登るのに弁当持って行ってピクニックにしよう、その弁当も手作りでというゴリけんの無茶な提案でなんと、天草市某所の番組ディレクター、トミさんの叔母さん家の台所を借りて弁当作りにチャレンジ!

 野菜を洗おうとしないゴリけん、切ったピーマンの断面眺めて「このぶつぶつ(種のことならん)取るんですよね」と首を捻る斉藤優、鶏肉唐揚げを作ろうとして最初に鶏肉に片栗粉をまぶしつける矢野ペペ、こ、これはあの「みうら・じゅんのマイブームクッキング」の再来だ。

 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動して日本映画専門チャンネル録画の『クレージーだよ奇想天外』を30分ほど。ミステイク7の衣装のぎんぎらぶりの凄いこと。野川由美子の可愛らしさにもびっくりだ。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧