2019年3月18日 (月)

3月17日(日) 「起きてMe Too、寝てMe Too 蚊帳の狭さかな」

 

3月17日(日) 「起きてMe Too、寝てMe Too 蚊帳の狭さかな」
 加賀千代女駄洒落。でも実際は彼女の作ではなく、彼女の前に元禄時代の浮橋という遊女が詠んだ句だそうであります。

 米国盤UHDで映画『Overload』を見る。日本公開も未定の新作であるがなぜか米国盤UHDだと日本語字幕、日本語音声入りで見れちゃうという嬉しい仕様。内容も私の好みにどストライク。明らかにあの『武器人間』を意識した場面もあって私の好き心をびっちびちに刺激してくれる。

 てっとり早くいうとこの映画はノルマンディ上陸作戦に先立ち攪乱・反撃妨害のため投入された空挺部隊がフランスの寒村で変な実験やっているドイツ軍の部隊に遭遇するというお話で、何の実験をやっているんだって、あなた、そんなことを聞くのは野暮ですよ、映画の中のドイツ軍なのですからそんなの「不死の兵士作り」に決まっているじゃあありませんか。

 その実験材料としてその村のフランス人たちを使っているのである。あー、えげつない(笑)。もっとも、実験は失敗続き。失敗作の兵士というかフランス人たちは役に立たないので処分されてしまうのだが、不死性だけはしっかりあってなかなか死なん。面倒臭いのでみんなまとめて火炎放射器で燃やしてしまうのである。あー、えげつない(笑)。ただ、この実験、試みそのものにはえげつないけれどそれなりの必然性があり(やっぱり不死身の兵士欲しいよね)、『武器人間』のフランケンシュタイン博士のようなあんた、そんなん作って何しはりますねん!的な狂気はない。そこが唯一残念であった。

 どんな感想なんだか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パン 300キロカロリー。昼飯は大根おろしをたっぷりと使った釜揚げうどん 300キロカロリー。夕食はタイラギのヒモでビール500ml缶一本飲んで後はブリの刺身を使った海鮮丼+豆腐とワカメの味噌汁。ゴハンは1合食べてしまいました。900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリー也。

 この後プロジェクターを起動させ前述の『Overload』を見てしみじみと「ああ、良い映画に出会えたなあ」という喜びを味わったのだ。画質は最高。DIファイルは2Kなれどその解像感にまったく不足はなし。またHDRの効果が素晴らしく夜の森の中でも映像情報は保たれており奥行き感、立体感が失われないのである。

 音声はこんな映画なのにドルビーアトモス(笑)。冒頭の輸送機撃墜場面、終盤の教会崩壊場面ではサラウンドフィールドが音で満たされ強力な低音も相まって自分が情景の中心にいるかのような錯覚が味わえるのだ。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画の「ゴリパラ見聞録」 午後11時過ぎからプロジェクターを起動させて日本映画専門チャンネル録画の『メカゴジラの逆襲』を40分ほど。いやあ、真船博士のあの洋館の雰囲気は非常にいいなあと変なところに感心する。

 就寝午前1時過ぎ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月17日 (日)

3月16日(土) 音速の奇行種

 

3月16日(土) 音速の奇行種
 F1+「進撃の巨人」駄洒落。手術後のわいせつ事件とか人工透析中止事件とか医者いじめはもういい加減にするがいい。正義面したマスコミが医者をぶったたくこの見苦しいさまはあの大野病院事件から何も変わっていない。何度でも言うけど、日本の医療体制による「安く迅速に比較的高度な治療を受けられる」現状はいろいろな問題を孕んでいるにせよ現時点では疑いもなく世界一。そしてその世界一の医療体制は医療従事者の献身によって支えられている。しかし、マスコミや司法はそれをぶっ壊そうとしているとしか思えない。本気で「死ね死ね団」みたいな日本破壊を目的とした組織の暗躍を疑うほどである(いや、そんなものはないけどさ)。こういうバカげた医者いじめ・迫害が続けば健康保険制度の崩壊を招きかねない。自由診療のみとなって胃・大腸内視鏡検査で数十万円掛かるアメリカのような国になる可能性すらでてくるだろう(ちょっと極論ではありますが)。そりゃ、マスコミの皆さんは高い給料で保険をばんばん掛けられるからいいかも知らんけど、一般庶民にはたまったものではない。でもそうした一般庶民が「医者いじめ」のニュースやワイドショーを喜んで見ているのである。

 冒頭で述べた「安く迅速に」という部分は実は事実ではなかったりする。2007年の時点で既に外科医(・麻酔科医不足により手術待ち期間が長くなっていることが毎日新聞の調査により顕在化している。現在では有名病院ではホームページに「手術待ち期間」を表示しているほどだ。
 
 いや、皆さん、本当に病院で働く人たちを大切にしましょうよ、そんな自分の首を自分でそれも力いっぱい絞めるような真似してどうするんですか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとノンカロリーカルピス 300キロカロリー。昼飯は豆腐半丁とキムチの味噌汁? 後は柔麺と温泉卵。350キロカロリー。夕食は卵2個を使ったベーコンエッグと茹でホウレンソウ、刻みキャベツ、後はサッポロ一番塩ラーメン。750キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリー也。

 その後プロジェクターを起動し久しぶりにブルーレイの『ガメラ2 レギオン襲来』を見る。何しろ2009年8月発売のソフトなので(考えたら『ガメラ2』公開からもう23年も経っている!)画質的には大変厳しい。特に夜の場面など全面がざらざらの粒子に覆われるほどである。ただ、そういうソフトもDP-UB9000はそれなりに画質を良くしていてくれて「あっ、地中から出現する羽レギオンを吊っているワイヤーが初めて見えた!」なんてことになる訳である(笑)。

 そして画質が良くなった分、細かいミニチュアの作りこみが見えてくるのであるが、そこに安っぽさは微塵も感じられない。むしろゴミなどが放置された空地など絶品であり、これだけ静止画にして眺めていても飽きないほど(どんな誉め方だ)。『妖星ゴラス』でも痛感したが出来の良いミニチュアは画質が良くなれば良くなるほど安っぽくなるどころかまた別な魅力が見えてくるのである。

 ということでとっととUHDで出すようにお願いします。ただし、お値段は考えてくださいよ、いくら4Kデジタルリマスターだからと言って4作で3万円越えなんてことは絶対にしないように。分かりましたね。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。「ゴリパラ見聞録」 矢野ペペが40歳の誕生日。一献の席で矢野ペペがこんなことを言い出した。「誕生日だからオレを誉めろ、いい誉め方をしたら金を出す!」するとゴリけんが「うーん、何というか、矢野ペペがいないと「ゴリパラ見聞録」は上手く回らないんだよねえ」 矢野ペペ、実に嬉しげな笑顔を見せて「よし、1,000円出す!」 しかしプロデューサーの阿部氏に1,000円を借りようとしたら「5,000円札しかありません」 「仕方ない、5,000円やる!」 このやり取りを見ていた斉藤優が焦りまくって「え、本当にくれるの、金欲しい、今が5,000円だったから今度は10,000円だよね、よーし、負けるものか」 誰も10,000円とか言っていないのに(笑)。しかもこの後、斉藤優はとうとう矢野ペペの上手い誉め方を思いつけなかったという・・・。

 あんまり笑いすぎて鼠径ヘルニアが再発するかと思いました。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月16日 (土)

3月15日(金) キョーダイン本線

 3月15日(金) キョーダイン本線
 久大本線駄洒落。子供の頃はこれを九大本線と間違えて「さすが我が九州が誇る帝大じゃ、自前の鉄道路線まで持っとうばい」と無暗に感心していたものであります。イシガメ飼育場の水中ポンプの一つがついに寿命を迎えたようである。急ぎ代替機を用意しなければならないのだが、ここでアマゾンなどで「水中ポンプ」と検索したりするのは素人のやり方。私ほどの玄人?になるとホームセンターへ行って水槽壁掛け用の小型フィルターを買ってくる。このフィルター付属の水中ポンプを取り出して使うのである。一見無駄が多いように見えるが価格が1,480円(税別)なのでアマゾンで扱っている水中ポンプと比べても安い。それでいてパワーは十分にあり、しかも実にタフである。確実に4年は働いてくれる。熱帯魚用としてはいささか心元ないものの、その小ささと相まってイシガメ飼育には最適だと思う。

 さて、そのイシガメたちは未だ冬眠から目覚める気配はなし。時折水中で動いている姿は確認できるものの、まだ陸場への上陸はしていない。先日の休みに大掃除をして陸場へのスロープを綺麗にしたのでとっとと上陸してバスキングしやがれと思うのである(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのカップラーメンとお握り。昼飯はかっぱ寿司で回転寿司を7皿。夕食はコンビニの卵焼き(昨日の残り半分)と大根おろしと納豆を混ぜたもの、後は「マルちゃん 北の味わい ざるラーメン」 ただし具は茹でもやしと温泉卵のみ。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ラプラスの魔女』を見る。例によってJCOM 4Kセットトップボックス SR4300に録画したものをLAN接続経由でDP-UB9000で再生した。

 この『ラプラスの魔女』 2時間の長尺なのにいささか説明不足で分かりづらい。特に佐藤江梨子が演じた第一の犠牲者の妻などラストで出してきたことにまったく意味が見いだせなかったりする。また広瀬すずが「ダウンバーストが来るわ!急いで」とか言っているのにその後展開される豊川悦司の長広舌にもうんざりさせられた。映画自体はラストの舞台となる映画セットのCGのしょぼさを除けばゴージャスであり、悪いものではないのだが・・・。

 ハイビジョン画質は時折現れるトーンジャンプの凄さに驚かされる。「ああ、とても綺麗!」な映像である筈の月の虹がぐにゃぐにゃの輪に囲まれてしまい何が何だか良く分からなくなるのだ。音声はAAC5.1チャンネル。やはりサラウンド音場が薄味。最大の聞かせどころである筈のダウンバーストのシーンで包囲感が希薄なのはまずい。

 しかし4K放送を見慣れてくるとこの手のハイビジョン画質には我慢ならなくなってくる。WOWOWも予定を前倒ししして夏くらいには対応・・・にはならんだろうなあ。

 (WOWOWの4K放送は2020年末開始予定)

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月15日 (金)

3月14日(木) 「OECDたんてい」

 

3月14日(木) 「OECDたんてい」
 経済協力開発機構駄洒落。ピエール瀧がコカイン吸引で逮捕。しかしなんですなあ、先日の新井容疑者やこのピエール瀧といい、名バイプレーヤーとか、マルチに活躍している人とかいざ事件が起きるとその影響が広範囲に及んでしまいますなあ。ピエール瀧の場合は出演作品が配信停止、そしてメンバーであったテクノユニット 電気グルーヴのCDも出荷停止、デジタル配信すらできなくなるというではありませんか。そのうち、作家の人が不祥事起こすとアマゾンで購入したキンドル本が読めなくなったりして・・・。考えすぎですかね。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にピザトーストとゼロカロリーカルピス。300キロカロリー。昼飯はマルちゃん焼きそば肉抜きヴァージョン。400キロカロリー。夕食はサッポロ一番醤油ラーメン。後は大根おろしと納豆を混ぜたものや、コンビニの卵焼きなど。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリー也。

 その後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『いぬやしき』を見る。悪い方の人 佐藤健が母を捨てて別の女の元に走った父親の家に招かれてその豊かで仲むつまじい家族に暗い憎悪を燃え上がらせる。その後、まったく関係のない民家に押し入りその超能力で家族3人を皆殺し。ああ、こ、これは青少年の心の闇だ!と思っていたらニュースの場面で本当に「青少年の心の闇」というテロップが流れて大笑いしてしまった。

 だけど映画としての出来はかなり宜しい。こんなことで大笑いしている奴なんか放っておいて(笑)、皆さんご覧になるが宜しい。新宿での無差別殺人は明らかにアメリカの高所からの銃乱射事件(2017年のラスベガス銃乱射事件 59人死亡 犯人はホテルの32階から狙撃)をモティーフにしており訳の分からないまま殺されていく人々の恐怖・パニックを上手く見せてくれる。邦画にありがちな安っぽい画になっていないのだ。

 ハイビジョン画質は良好。暗部はきっちりと沈んでおり黒浮きは一切なし。あのスーパーマン的な飛行場面(空を飛べる人はなぜかガールフレンドを連れて行きたがる)で猛烈なトーンジャンプが出現したのが唯一の欠点であった。音声はAAC5.1チャンネル。重低音、音の定位、移動感、どれも優れてはいるのだがやっぱりAACはロスレスに比べると薄味に感じられてしまう。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動。テレ東4Kで放送されていた「大富豪の凄い家」番組を見てみる。番組表にHDR表示があったので期待していたのだが、なんだ、フツーのSDRではないか。呆れて視聴を中止、「4K ウルトラQ ガラダマ」をもう1回見たのである。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月13日(水) 「バックシャンの家の冒険」

 

3月13日(水) 「バックシャンの家の冒険」
 昭和死語駄洒落。西澤 保彦先生、ごめんなさい。JCOMの4Kセットトップボックス SR4300からパナソニックブルーレイレコーダー BRW-1020にLAN録画、LANダビングをすると映像や音に乱れが出る!問題。これはどうもCATVの番組では発生しないようでありまして。確認したのはチャンネルNECOの「ファイヤーマン 最終回」と日本映画専門チャンネルの『ゴジラ対モスラ 東宝チャンピオン祭りヴァージョン』である。両番組とも目を皿のようにして注視したのだが映像・音声の乱れは1回も発生せず。特に後者の『ゴジラ対モスラ』はプロジェクターの大画面で見たのであるから、これはもう間違いない。少なくともCATVではBS11録画のような現象は発生しないのだ。

 この現象はBS放送で発生のみ発生するのか。それを検証すべくWOWOWで放送されている「パトレイバー HDリマスター」をBRW-1020にLAN録画した。でも、怖くって未だに見ていなかったりする(笑)。まあ、仮に映像・音声に乱れが出てももういいや、SR4600のUSB HDDに録画しておけばいいや、何もブルーレイメディアにコピーしなくってもどうせ見ないし、てなことを考えはじめておる訳でして。

 本日は休み。午前7時過ぎに起床してだらだらとテレヴィを見る。午前9時すぎに盛岡冷麺の朝食。その後、事務所へ行ってあれやこれやの仕事。自室へ戻り、イシガメ飼育場の整備。陸地へのスロープ部分に生い茂っていた雑草を排除したのである。雑草でしょ、そんなの簡単じゃんと思ったあなた、大間違いですわ、この雑草は70センチ近くにまで成長していてさらにスロープ部分を貫通して水中に大きな根を張っていたのである。引っ張ったぐらいでは抜けやせぬ、反対に手の皮がべろりと剥けかねない(ちょっと大げさ)。だからハサミで切っていくしかないのである。30分ほども頑張ってなんとか排除できたのだが、驚くなかれ、排除した雑草は45ℓのゴミ袋二袋分にもなったのである。

 この作業で疲れ切ってしまった私はその後2時間ほどソファーの上でぐったり。午後4時過ぎにようやく元気を取り戻しプロジェクターを起動して前述の『ゴジラ対モスラ 東宝チャンピオン祭りヴァージョン』の画像チェックを行ったのであった。

 夕食はコンビニのレモンタンをツマミに缶ビール500ml缶一本飲んで、後は「マルちゃん 北の味わいざるラーメン」 トッピングはトマト、茹でもやし、チャーシュー、温泉卵、博多万能ねぎ刻み。今年初の「ざるラーメン」は実に実に美味しいものでありました。

 その後はだらだらとテレヴィ。午後9時すぎにシャワーを浴びてプロジェクターを再起動。「ウルトラQ 4Kリマスター 東京氷河期」を見る。江戸川由利子さんの帽子や洋服のディテール表現が圧巻。やわらかな映像でありながらその解像度はブルーレイを遥かに凌駕するものであり、これは4Kでしか味わえないもの。

 いや、何度も言う様ですが皆さん、これ見ましょうよ、これを見ないのは本当にもったいないですよ。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月14日 (木)

3月12日(火) 赤東坡肉

 

3月12日(火) 赤東坡肉
 九三式中間練習機駄洒落。JCOM 4KSTB SR4300のUSB HDDに録画してある「荒野のコトブキ飛行隊」をLAN接続経由でパナソニック DP-UB9000+プロジェクター X770+ヤマハ AVプリアンプ CX-A5100のドルビーサラウンドモードの組み合わせで大画面サラウンド再生してみたらこれがすこぶる宜しい。というか、「コトブキ飛行隊」はフツーのテレビで見るのはもったいない。80インチ以上の大画面+サラウンドで見ないとその真価は発揮されないのである。

 賛否著しい作品であるが(笑)私はこの点で断固「コトブキ飛行隊」を支持する、うん。

 今度のBS11で放送されるドリフ映画は1975年製作の『正義だ!味方だ!全員集合!!』 登場するヒーロー ゴリレンジャーのデザインはなんと石ノ森章太郎先生だったりする。しかし、最終作とはいえ、それではちょっと上品に過ぎるのではないか。『ザ・ドリフターズの極楽はどこだ!! 』もそうだったけどドリフターズの面々にそうした映画をやらせるのは何か違うのではないか。松竹ドリフ映画の面白さといえば「ひたすらに加藤、荒井、仲本、高木を虐げるいかりや」と「ひたすらにいかりやを憎む加藤、荒井、仲本、高木」の関係性にあると思う。時としてこの関係が殺し合いにまで発展するその殺伐さがいいのである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にピザトーストとゼロカロリー カルピス。昼飯は膳で大盛りラーメン。夜はちょっとした祝い事で近くの焼肉屋へ行く。焼肉はさほどでもないが、やっぱり馬肉がうめー、馬焼肉喰いてー。

 焼肉なのでいつものごとくすぐに打ち止め。後はハイボールをがぶがぶと。最近はK太郎の好みもあって肉ばっかりだなあ。そろそろ魚が食べたいよなあ、イカの活き造りとかヒラメの刺身とかどんと行きたいよなあ。

 午後8時過ぎに帰宅。シャワーを浴びて後はだらだらとテレヴィを見る。午後10時過ぎから飲み直して午前1時過ぎに就寝する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月12日 (火)

3月11日(月) ハロー拳

 3月11日(月) ハロー拳
 あいさつ拳法<オスプレイって重さ15トンなんですけど鉄1トンをオーストラリアで買うと1万円です。それが15トンですから15万円ですよ。いろいろ付加価値はつくかも知れないけど15トンは15万円なんです。それが200億円なんです。どうして200億円になるんですか>「立憲民主党」川内博史のアレな発言。この人、これで現職の衆議院議員なんですよ、バッキャロー、てめえのバカさ加減には父ちゃん(父ちゃんじゃないけど)、情けなくって涙が出てくらあ。

 この人はこの発言に寄せられた反論について<私のオスプレイ発言が話題になっていますが、鉄の塊15トン15万円が、なぜ200億円になるのか?経済的には、それを付加価値と呼ぶ訳ですが、その付加価値なるものの中味を詳細に分析する必要があるのでは、という問題提起です。なぜなら、国民の皆さんの税金で買う物だからです。>と反論しているのだが、ならば税金から報酬を得ているあんたの付加価値の中身を詳細に分析する必要がありますな!

 なお、オスプレイは空虚重量は15,032kg。エンジンを除く13200ポンド(約6トン)の機体構造のうち6000lb(2.7トン)がグラファイト複合材(カーボン)で金属部分は1000lb(454kg)。2基搭載されているエンジン ロールス・ロイス AE 1107C-リバティーは一基当たり 971 lb (440 kg)

 本日、マルギナータリクガメが冬眠より帰還。例年より1週間ほど早いお目覚め。屋外飼育場に移して青梗菜を与えるとばくばくと実に美味そうに食べていた。その後、のんびりとバスキングを楽しみ後はシェルター代わりの犬小屋へとことこと入っていく。昨年の11月からほぼ4ヶ月冬眠していた訳だが、この犬小屋を忘れることがないのは凄いと思う(笑)。午後6時過ぎに犬小屋から冬眠箱へ再収用。まだまだ寒いですからな。また明日暖かくなってきたら出してあげましょう。

 食ったもの、朝飯にコンビニのカップラーメンとお握り。800キロカロリー。昼飯はアイスクリームとコーラ四分の一杯で済ませてしまった。200キロカロリー。夕食は茹でホウレンソウ、キャベツ、玉ねぎ、大根、豆腐の味噌汁。後は電子レンジで加熱した冷凍うどんに生卵をブチこんだ卵かけうどん。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリー也。

 その後、プロジェクターを起動しレンタルブルーレイの『スカイライン 奪還』を見る。いやあ、このお気楽でご都合主義な展開は嫌いではないよ(笑)。この作品で地球を侵略にやってきた宇宙人は携挙で捕えた地球人の脳みそをむぎゅともぎ取って義体に装着。兵士として使っている。これを流れ作業で見せるやり方はもろにティム・バートン風味なのだが、バートンの場合はあくまでもブラックユーモアとしての表現なのだ。それを大真面目にやって見せるものだから見ていて何か落ち着かないのである。

 ハイビジョン画質は大ぺけ。黒が浮きまくり発色も鈍い。最近のブルーレイとしては珍しいほどの低画質。音声はDTS-HDマスターオーディオ。こちらはさすがに及第点。それでも爆発音や銃器の発射音にもう少し迫力が欲しかった。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎよりプロジェクターを再起動させてBS11録画の『祭りだお化けだ全員集合』を最後まで。冷凍庫で氷漬けになるいかりや。お湯で溶かした後、唇をつまんで「あ、深海魚」という加藤茶。猫いらずで加藤、高木、仲本、荒井の4人を毒殺しようとするいかりや。これが失敗して今度は4人を錨に繋いで海にどぶん。

 その夜いかりやは4人の幽霊にさんざん追い掛け回される。しかし、実はこれは4人の扮装であった。命からがらなんとか海から生還した彼らの復讐だったのだ・・・。

 何度も言っちゃうけどやっぱり「ドリフ映画」はすげえなあ(大笑い)。

 ラストも酷い。旅立つことになった5人だが、相変わらずリーダーきどりのいかりやはポンポン船の船首で隅田川を睥睨している。その背後から包丁片手に迫る加藤、仲本、荒井、高木ってどんな終わり方だよ。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月11日 (月)

3月10日(日) 「蒸気既婚者」

 

3月10日(日) 「蒸気既婚者」
 ディーゼル既婚者とか。あの東日本大震災から明日でまる8年が経過する。この大災害に関して一番怖かったのがデマと原発にまつわる差別だった。福岡ではなんら科学的根拠がないのにも関わらず震災瓦礫の受け入れを拒否、逆に受け入れた北九州では反対派と称するキチガイども(なぜかベビーカーに赤ん坊を乗せてやってくる)が押しかけて市役所を占拠したりした。反対派と称するキチガイどものこれらの行動は被災地に対するあからさまな差別であったが、当時の西日本新聞など、これを賞賛すらしていた。私はこうした風潮に背筋が寒くなった。当時の民主党政権の迷走も含めてあれほど薄気味の悪い時代はなかった。

 注 このような騒ぎもあった(https://www.sankei.com/west/news/150703/wst1507030012-n1.htmlより引用)

 <引用開始>24年5月22日。北九州市小倉北区西港町の不燃物保管施設「日明(ひあがり)積出基地」のゲート前で、40人の“市民”が集まり、市職員や警察官らと衝突する騒ぎが起きた。

 この日、積出基地では午前9時から、宮城県石巻市の震災がれき80トンの搬入が予定されていた。被災地で焼却が間に合わないがれきを、北九州で処理できないかを決める試験焼却のためだった。

 ゲート前で待ち構えた焼却反対派は、トラック前の地面、さらにトラックの下にまで寝そべり、搬入を阻止した。そのうち2人は、警備にあたっていた警察官に体当たりし、無線機を引き抜くなどして福岡県警に公務執行妨害容疑で逮捕された。後に起訴猶予処分となった2人は熊本と山口から来ていた。

 こうした阻止活動によって搬入は予定より8時間以上遅れた。

 警察庁が中核派系と認定する「すべての原発いますぐなくそう!全国会議」(NAZEN)のメンバーは、このゲート前の行動について、中核派の機関紙「前進」(電子版)でこう書いた。

 「トラックに体当たりをして止め、闘いの火ぶたを切り、さらにトラックの列の間に私たちの車を突入させ、トラックを完全にストップさせました。『やったぞ!』の歓声が上がり、市の環境局や警察はあわてふためいた」<引用終了>

 反対派と称するキチガイどもの行動が大きく報道されて北九州市が賛否で二分されているかのような印象を与えたが、実際は<引用開始>24年3月、北九州JCは、市民約700人を対象に、がれき受け入れについてアンケートを実施した。結果は、がれき受け入れ賛成75%、反対は6%に過ぎなかった。<引用終了>という。

 JCとは北九州青年会議所のこと。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとカフェラテ。450キロカロリー。ぴんでんさんが来訪。現在のLAN接続についていろいろアドバイス貰う。有難し。昼飯はマルちゃん焼きそば肉抜きヴァージョンと豆腐の中華スープ。焼きそばは新しい試みとしてかつおぶしを混ぜてみたのだが、口当たりがもっさりとなって麺を啜る快感が損なわれてしまう。明らかに失敗であった。450キロカロリー。夕食は茹でホウレンソウでビール500ml缶一本飲み、冷凍食品のチャンポンに炒めたキャベツ、玉ねぎ、もやし、ピーマンをたっぷり乗っけたもので仕上げ。600キロカロリー。

 本日のカロリー摂取量は1,500キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させて米国盤ブルーレイの『ヒルズ・ハブ・アイズ 2』を見る。ウウーム、『ヒルズ・ハブ・アイズ』と『ヒルズ・ハブ・アイズ2』の両作品を見ると人間としてのステージが一段上がったような気がする(笑)。前回の鑑賞時にも書いたと思うけれどもこのブルーレイの画質は一層25GBなのに無駄に宜しい。またDTS-HDマスターオーディオのサラウンドもヤマハAVプリアンプ CX-A5100のドルビーサラウンドモードで見るとミュータントたちの動きがさらに明確になって気色悪いことこのうえない。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画の「ゴリパラ見聞録」 とある居酒屋のご主人が「活き鯖の刺身がありますよ。メニューには載ってないですけど裏メニューで」 するとゴリけん、メニューをひっくり返して裏を見ようとする。だからその裏じゃないって(笑)。

 ひれひれ酔って午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月10日 (日)

3月9日(金) 「既婚者トーマス」

 

3月9日(金) 「既婚者トーマス」
 私は「機関車トーマス」がくまモンと同じくらい嫌いだ。見たことはないけど。さて、私の得意料理のひとつである(笑)マルちゃん焼きそば肉抜きヴァージョンであるが、炒めた野菜の味付けに使用するウスターソースにはこだわりがある。それはカゴメの有機野菜と果実使用ウスターソースを使うことである。何しろ<6種類の有機栽培野菜と果実のおいしさを活かして、塩分も30%カットしたおだやかな味わいのソースです。爽やかなレモンの酸味と、まろやかでコクのある天日塩により、メニューをいっそうおいしく引き立てます。>というソースなのだから野菜の味を上手くまとめてくれて、またマルちゃん焼きそばの粉末ソースを邪魔しない。絶妙な味覚のコラボレーションが楽しめるのである。

 マルちゃん焼きそばについてのアイデアをひとつ。仕上がり直前にかつおぶしを混ぜ込んでみるのはどうか。炒飯では絶大な効果を発揮したかつおぶしである。焼きそばでもその味わいに豊かなコクを加えてくれるのではないか。

 そんなことはどうでもいい。黙って仕事しろ?はい、そのご意見は承っておきますです。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。330キロカロリー。昼飯は納豆そうめん。270キロカロリー。夕食はスパゲッティナポリタン。何を考えたか茹でホタテをちょっと加えてみたらあまり美味しくなかった。生臭かった。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後は映画も見ずに音楽聞きながら読書。読んだのは木宮条太郎先生の「水族館ガール」 この手の「ガール物」では他に「白バイガール」や「書店ガール」がある。なお、「高気圧ガール」はちょっと違うので混同に注意すること(「高気圧ガール」は1983年4月23日に発売された山下達郎通算10作目のシングルである)。

 この「水族館ガール」はすでに5作目までが発表されている。私が持っているのは「水族館ガール 3」まで。まあ、ブックオフの100円文庫本で追っかけているのでこれは仕方がないですな。何、そんなこと言わずにフツーに買えですって、はあ、そのご意見は承っておきますです。

 午後9時すぎにシャワーを浴びてあれこれ。「ゴリパラ見聞録」 ゴリけんが奄美大島の郷土料理「鶏飯(けいはん)」を「おけいはん食べよう、おけいはん」 誰、おけいはんって(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 9日 (土)

3月8日(金) チャラリーン、鼻から巨乳

 

3月8日(金) チャラリーン、鼻から巨乳
 私はかって巨乳に代わる新概念、「超乳」を提唱しましたが、誰にも顧みられることはありませんでした駄洒落。https://www.tv-tokyo.co.jp/information/2019/03/07/214387.html<より引用開始>「突撃!しあわせ買取隊・特別編」芸能人がぶっとび家族と共同生活 仰天ハウスに泊まってみました!」  元フジテレビアナウンサー・近藤サト。
あえて白髪を染めないグレーヘアに変身し注目を集める近藤が、約17年ぶりの旅ロケで向かったのは、栃木と福島の県境、携帯の電波も通じない秘境。

真冬には-20度近くにまで冷え込む山奥に現れたのは、住人が足掛け8年、廃材で作ったという仰天ハウス。そこに暮らす家族の生活は…基本、自給自足。限りなくゼロ円生活を目指しているという。水は近くの沢からくみ上げ、暖を取るための燃料はほぼ薪のみ。薪の節約のため、湧き水を沸かして入るお風呂は週に2回。この生活をするためには大量の薪が必要とのことで、都会生活に慣れた近藤が、小学校以来という過酷な薪割りに挑んだが、早々に何やら異変が・・・<引用終了>よくもまあ、何の経験もない、しかも女性である近藤サトに薪割りなんかやらせるよなあ。あれは結構危険な作業だぞ。

 この家族、子供たちを安全・安心に育てたいということで田舎への移住を決意したそうな。基本的に自給自足で電気も来ていない。唯一の電源は太陽光発電(笑)。暖房は薪ストーブ。大量の薪が必要で薪割りだけで何時間もかかる。風呂も薪で沸かすので節約のために週2回のみ。安全・安心って大変だなあ。息子さんの夢はプログラマーになること。なるほど、マックのノートパソコンがあった。でも電気がきておらず携帯も繋がらないようなところでどうやってネットに接続するのかなあ。私が知らないだけで何かうまい方法があるのかなあ。アマチュア無線 ハム(漫画では自動車で運用するモービルハム)を使って接続するとか。笑うなよ、さいとうたかお先生の漫画でそういうのがあったんだから。

 このような生活は両親に従うしかない子供たちへの虐待ではないかと言われかねないが、まあ、安心しろ、1971年に娘さん、奥さん、弟さん、で北海道の無人島に移住した畑正憲先生と言う先達がいらっしゃるから。しかもあっちはヒグマ付きだったんだぞ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に大根おろしをたっぷり使った釜揚げうどん。300キロカロリー。昼飯はラ王の醤油豚骨味。茹でホウレンソウともやしをどんと乗っける。400キロカロリー。夕食は冷凍食品の焼鳥と冷奴半丁でビール500ml缶一本飲み、マルちゃん焼きそば肉抜きヴァージョンで仕上げ。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリー也。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『時間回廊の殺人』を見る。植民地時代、日本の収奪に怒った民衆がたった6人くらいで日本の将軍の家に押しかけた!何の苦労もなく家に押し入る6人の民衆。そしてその事件がちゃんと朝鮮人記者の署名記事になっているという。ずいぶん自由な植民地ですな(笑)。最近の韓国映画を見るにつけかの国ではもはや単純な日本人の悪役像(山本太郎が喜んでやりそうなやつ)が成り立たなくなっているのではないかと思えてならんのである。

 映画そのものはラストのいかにも韓国映画的なシツコサに辟易させられたものの(笑)大変面白かったですよ。ただ、この作品は2013年のベネズエラ映画『マザーハウス 恐怖の使者』のリメイク。あいにく未見であるがネットで紹介されているストーリーを読む限りではかなり忠実なリメイクである模様。ですから、この作品に対する評価は差し控えさせて頂きます。

 画質は今一つ。特に暗部のノイズがひどい。4K映像を見慣れてきているとこの手の映像に耐えられなくなる。音声はステレオ。ヤマハAVプリアンプ CX-A5100のドルビーサラウンドモードを使うとほぼ5.1チャンネルサラウンドと同等の効果を得ることができる。まあ、ホラーですから背後を駆け抜ける足音とかそんな効果まではいらんと叫びたくなりますけど、だって怖いんですもの(笑)。

 その後シャワーを浴びてお酒。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させ「ウルトラQ 4K ガラダマ」を再見。見れば見るほど素晴らしい画質だ。DVD、ハイビジョン放送、ブルーレイと長年にわたって「ウルトラQ」を見てきた私だからこそ、この画質の素晴らしさが分かるのだと他人には決して理解してもらえぬ類の喜びに身を震わせる(笑)。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧