2018年6月19日 (火)

6月18日(月) 行こうここもじきオフ会に沈む

 

6月18日(月) 行こうここもじきオフ会に沈む
 元ネタの『ナウシカ』は当然見ている筈なのですが、ストーリーなどほとんど覚えていないという・・・。返って喜国雅彦先生のパロディ、テレビ放送された『風の谷のナウシカ』 突然、「ただいま米ソのミサイル基地から核ミサイルが発射されました。核戦争です」というテロップが入る、熱心に見ていたオタクたちが、「な、なにー!」エアチェックをしていたオタクたちからの抗議の電話でテレビ局の回線がパンクする(「傷だらけの天使たち」に収録」、の方をよく覚えておりますな。

 F-35とは統合打撃戦闘機計画(JSF)に基き、ロッキード・マーティン社が中心となって開発された(あるいは開発中)第5世代ジェット戦闘機に分類されるステルス機である。ほぼ同一の機体構造を用いながら、基本型の通常離着陸(CTOL)機であるF-35A、短距離離陸・垂直着陸(STOVL)機のF-35B、艦載機(CV)型のF-35Cを製造するというマルチロール化を本来の意味で実現した画期的な機種である。また、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)による360度視界、AN/APG-81 レーダーや赤外線・光学ベースのAN/AAQ-40 EOTS等々、その電子装備類はアメリカ空軍のステルス戦闘機F-22をしのぐものとなっている。

 今回岩国フレンドシップディでアジア地域で初めてのデモフライトを行なったF35Bはメインエンジンとリフトファンを使い垂直離陸・垂直着陸が可能である(垂直離陸はまあ、デモフライトぐらいでしか使わないが)。さらに短距離・短距離着陸が可能であり運用の柔軟性を高めている。F35B以前のSTOVL機として唯一の成功例であるハリアー(フォージャーはまあ、アレだから)は滑走着陸はできず、垂直着陸での運用のみであった。F-35Bを運用する英海軍のクィーン・エリザベス級空母では短距離着陸能力で同機の着艦重量制限が大幅に緩和されると言われている。

 なお、F35Bが初めて映画に登場したのは2007年の『ダイハード4.0』 テロリストの策略により誤った情報を与えられたF-35Bがマクレーンの乗るトラックを追撃、ホバリングしながら機関砲でぼこぼこに破壊する。しかし、実際のF-35Bにはそうした固定武装がなくマニアに激しくツッコまれることになってしまった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に豆腐・玉ねぎ・キャベツ・もやしを使った具だくさん味噌汁。150キロカロリー。昼飯は鳳凛でラーメン+替え玉+替え玉。生まれて初めて替え玉2回やっちゃった、ごめんなさい。外食摂取カロリー量一律基準を適用して1,000キロカロリー。夕食はホウレンソウ・ベーコンを使ったスパゲティ。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,750キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させてレンタルブルーレイの『スリービルボード』を見る。これはまあ、アメリカに限らないのですが、だいだいコミュニティの濃密な田舎町というのはジグソーパズルをくみ上げたような感じで秩序が成り立っているものでありまして、ただし、そのジグソーパズルというのは決められた場所に決められたピースをはめ込めばぴたりと決まるという精緻なものではありません。でこぼこでいびつなピースを無理やり押し込んでいるようなものです。ですからどこかがひとたび破綻すればその影響はバタフライ効果の如く秩序自体に大きな影響を及ぼすのであります。

 『スリービルボード』はこの現実を多種多様な人物像を苦いユーモアと共に主にマイノリティの視点から描いた傑作なのです。

 ただ、気になったのはアフガンからの帰還兵士を現地でレイプ殺人を行ってきたのではないか、上層部はそれを隠ぺいしているのではないかと仄めかしていること。最初は戦場体験のPTSDで苦しんでいるであろう帰還兵士を一種のマイノリティとして扱っているのかとも思ったが、この兵士と思われる男は約2000キロも離れたアイダホからわざわざやってきてヒロインのフランシス・マクドーマンドにかなりえげつない脅しを仕掛けているのである。そこにある種の偏見が介在していることは否めないだろう。

 帰還兵士というのは映画を名作にするための道具ではないと私などは思ってしまうのだが・・・。

 ハイビジョン画質は解像度に優れるものの、諧調推移部分に青みが掛かってしまう。音声はDTS-HDマスターオーディオ。BGMの品位が特に素晴らしい。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎから半分ほど見ていた『風に逆らう流れ者』を最後まで。いやあ、日活アクション映画に慣れていないと火薬密輸船での小林旭と神山繁のやりとりが理解できないだろう。神山繁はなるほど潜入捜査官に決まっているのだが、初めて見るような人間にそんな知識はありませんからなあ(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

6月17日(日) 「101回目のブルートゥース」

 6月17日(日) 「101回目のブルートゥース」
 元ネタの「101回目のプロポーズ」は見たことがありません。ついでに言うと「金八先生」も全部のシリーズを通して1回も見たことがありません。「北の国から」も見たことがありません。「オレゴンから愛」はちょっと個人的な事情があって見ましたけど。さらにNHK朝の連続ドラマ小説も子供の頃以来見たことがありません。大河ドラマもやっぱり子供の頃以来見たことがありません・

 基本的に私ってテレビドラマってあんまり見ないんですよ、うん。

 EA-18G グラウラー(唸る者) EA-6Bプラウラー(うろつく者)の後継として、ボーイングF/A-18Fスーパーホーネットをベースに開発された電子戦機。2009年9月22日より運用が開始されている。主翼端のミサイルランチャーに怪奇な形状の電子偵察用ポッドを装備、さらにAN/ALQ-99戦術妨害装置ポッドが搭載されるため、兵装や増槽を装備できるハードポイントは6箇所である。またE F型に搭載されていたM61A120mmバルカン砲は電子戦用装備に置き換えられており、固定兵装を持たない機体となっている。しかし、F/A-18Fとの共通点が多いため、高い対地攻撃能力と自己防衛能力を備えている。AGM-88AARGM(先進対レーダー誘導ミサイル)を搭載できるため、敵のレーダーサイトや地対空ミサイル陣地を破壊するワイルドウィーゼル機としての運用も可能。

 現在EA-18Gを導入、運用しているのはアメリカ海軍のみ。他にオーストラリア空軍が導入予定でありすでに2017年2月よりオーストラリア本土へのフェリーフライトが開始されている。2018年1月、日本政府はEA-18Gの導入を見込み、本年中に改定される予定の中期防衛力整備計画に盛り込むことを検討中であると一部メディアが報じた。基本的にこのEA-18Gは敵制圧地域への侵入・護衛を目的とする機体であり、護衛艦「いずも」の空母化及びF-35B(短距離離陸・垂直着陸 STOVL)の導入と言ういささかうさんくさいニュースよりよほどその手のマニアを驚かせたものである(私も仰天した)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に大根おろしをたっぷり使った釜揚げうどん。300キロカロリー。昼飯はあるところからレシピを入手した常夜鍋。夜じゃないけど(笑)。鍋に酒と水を同量入れて沸かしざく切りホウレンソウと豚肉薄切りを似てポン酢・味の素・牡蠣醤油・大根おろしで食べるのである。特に豚肉が美味くゴハンががっぽがぽいくらでも入ってしまうバイ!という訳で1合食べてしまいました。1,000キロカロリー。夕食は豚肉・玉ねぎ・キャベツ・ピーマン・もやしを使った野菜炒め。500キロカロリー。後は急に食べたくてたまらなくなったカップヌードル
 400キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は2,200キロカロリーなり。食ったなあ。

 その後、プロジェクターを起動させて『マイティ・ソー 3D』を見る。うははは、やっぱりあの筋肉王子の活躍は見て面白いなあ。特にヨツンヘイムへ殴りこむときの理屈の身勝手さ、考えてなさは筋肉王子の名にふさわしいものである(誉めてねえ!)。

 このブルーレイソフトの3Dソフトは立体感は申し分ないのだが、アスガルドの場面で遠景がじらじらする現象が見られた。音声はDTS-HDマスターオーディオ。情報量はいささか心もとないけれども、全能神オーディンの名において重低音の迫力ですべてを許そう。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

6月16日(土) 「フラクタルのロッテ」

 

6月16日(土) 「フラクタルのロッテ」
 児童文学の名作 「二人のロッテ」 私は未だにこれがどういう物語なのか知らぬ。検索すれば簡単に分かるが、それをあえてしないのが私の“矜持”なのだ・・・、って何だそりゃ。

 F/A-18 ホーネット。この機体はノースロップ(現ノースロップ・グラマン)社がアメリカ空軍のLWF(Light Weight Fighter, 軽量戦闘機)計画に際して提案したYF-17をマクドネルダグラス社が艦載機化したもの。LWFの競争試作に置いてジェネラル・ダイナミクスのYF-16に敗れはしたものの、双発、機体が大きく汎用性に優れることなどから、F-14戦闘機、A-7攻撃機の後継問題に悩んでいた海軍が採用したという経緯がある。

 艦載機化のための主な改修点はアレスティング・フックの装備と主脚や胴体構造の強化、離着陸性能の底上げと搭載能力強化のためのLERXの大型化を含む翼面積の20%増大やエンジンの換装強化、全天候運用のAN/APG-65 FCSの装備など。戦闘・爆撃の双方に優れた性能を発揮することからF(戦闘機)、A(攻撃機)を統合したF/A-18という名称が与えられた。F/A-18 A型(単座型)、B型(複座型)の誕生である。そしてこの機体は1987年からより優れた性能を持つC型・D型にアップグレードされた。

 さらにA-6艦上攻撃機の後継機として期待されていたA-12アヴェンジャー攻撃機の開発がとん挫したため、アメリカ海軍はF/A-18C Dを大型化したF/A-18 E Fを採用。とはいえ、両タイプの部品の共通割合は1割程度であり、事実上の新型機ともいえる。その機体規模はアメリカ空軍のF-15に匹敵するものとなり、C・Dタイプより加速力が劣ると言われているが、それ以外は大幅な性能アップを実現。特に顕著なのがミサイル・弾薬などの兵装類を保持したまま着艦できるブリングバックキャパシティ。20トンの最大着艦重量があるため、着艦に必要な燃料の他に実に4トンもの兵装を持ち帰ることができるのだ。これがC・D型ではわずかに1トン強。ほぼ4倍である。

 ちなみにF-14トムキャットのそれは2.5トン。463キロのフェニックスミサイルを6発搭載したまま着艦はできなかった。6つの目標を同時に攻撃可能と喧伝されていたがそれは事実上不可能だった。

 この凄まじいばかりの性能を持つF/A-18D F型はスーパーホーネットと呼ばれる。これをライノ、旧型のC・D型をレガシーホーネットと呼称することもあるようだが、いずれも公式名称ではない。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガー カフェラテ。昼飯は回転寿司。んー、いまいちですな(笑)。特にいわしが酢で〆てあったのにがっかり。〆ているならその旨をきちんとメニューに表示して欲しい。夕食はマルちゃん焼きそば。今夜は軽めにカップヌードルと茹でホウレンソウでとも思っていたのだが、焼きそばの賞味期限が今日までだったもので。珍しく豚肉を使用。ウウーム、やっぱり野菜だけの方が美味いか?

 その後、プロジェクターを起動させレンタルブルーレイの『マイティ・ソー バトルロイヤル』 『ラグナロク』という立派な原題があるのに、なんでバトルロイヤルとかにしちゃったんだ、映画の中でバトルロイヤルなんて出てこないじゃないか、意味分かってないだろ(笑)。

 でも映画そのものは面白かったですよ。ヘラが蘇ってアスガルドで大暴れというメインのストーリーは正直言ってどうでもいいが、だって、ワンパターンなんだもん、流れをぶちきってまで強引に挟み込んでくるしょうもないギャグが私の琴線に触れたのだ。特に素晴らしかったのが、フェンリル狼に立ち向かおうとするブルース・バナー。このクソ狼、武器がぜんぜん効かないわと嘆く元ヴァルキリーのブリュンヒルデに「よっしゃ、まかせとき、僕がなんとかする」と大見栄切って宇宙船から飛び降りる。もちろん、ハルクに変身して戦おうというのであるが、うまく変身できず地上に激突、白目をむいて転がるのである。クライマックスもたけなわという状況でこんなギャグをかますタイカワイティティ監督、あなどれませんなあ。

 ハイビジョン画質はちょっと期待外れ。発色が薄く惑星サカールの猥雑な風景を上手く表現できていない。色の濃さを調整してみたが最後まで違和感はぬぐえなかった。音声はDTS-HDマスターオーディオ。音圧が低くてかなりヴォリュームを上げないときちんとしたサラウンド音場が構成できない。もっともヴォリュームを思う様上げた後はとてつもない迫力を楽しめましたが。

 その後シャワーを浴びていろいろ。録画しておいた「春風亭一之輔 毒演会」の後半、「らくだ」を見る。丁目の半次のキャラクターがより一層、残酷・酷薄になっているのに感心。「あなた、自分のはらわた見たことあります?」で思わず噴き出してしまう。そしてその後の大酔っ払い大会の丁寧な人物描写もよろしい。クズ屋と半次の立場が逆転していく様子に実に説得力がある。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

6月15日(金) 『エロゲー海に捧ぐ』

 

6月15日(金) 『エロゲー海に捧ぐ』
 いや、昔、この映画のファックシーンがテレビでちょっと流されてそのあまりのエロさにびっくり仰天したものであったが、さらにその場面を見た女性アナウンサーが「これって本当に(セックス)しているんですか」という100点満点の質問をしたものでもうオレの脳内はたちまち桃色で染まってしまったものさ。

 三菱F-2はF-16を大型化した機体に空対艦ミサイル(ASM-2)を最大4発搭載可能で、戦闘機としては世界最高レベルの対艦攻撃能力と対空能力を兼備する。F-16からの大型化にともなう重量増を軽減するために、本機では炭素繊維強化複合材による一体構造の主翼を世界で初めて採用している。また、量産戦闘機として世界初となるアクティブフェーズドアレイレーダーやCCV研究機T-2CCVにより蓄積された国産技術によるデジタル式フライ・バイ・ワイヤ (FBW) 操縦システムを導入、平成の零戦とも呼ばれる強力な機体となった。

 F-2は対艦攻撃時にはレーダーによる探知を防ぐため海面上を超低空で飛行する。あまりにも超低空なので見ているこちらの方が頭くらくら(笑)。パイロットによると晴天時にはF-2の青い洋上迷彩も相まって海面との距離が分かりづらくなり、ヴァ―ティゴ(空間識失調)を起こす恐れもあるという。これを聞いてもっと頭がくらくら(笑)。

 超低空を高速飛行すれば当然ながらバードストライク(鳥との衝突。しばしば重大事故につながる。例えば2009年1月15日に起きたUSエアウェイズ1549便不時着水事故 いわゆるハドソン川の軌跡 は離陸直後にカナダガンの群れに突っ込んでしまい2つのエンジンが同時に停止したためである。また私はイギリス海軍の攻撃機バッカニアが超低空飛行中に鳥に激突され風防を割られる映像を見たことがある)の危険が避けられないため、F-2では対策として強化された3分割タイプの風防が採用されている。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとカフェラテ。昼飯に素麺二把。夕食はケチャッピーを使ったスパゲティナポリタン。そしてデザートにアイスクリーム。なんだかんだ言って今日は2,000キロカロリー分食っちまいましたわい。

 その後、プロジェクターを起動させて『妖星ゴラス』HDリマスター版を最後まで。いや、よくこの映画を荒唐無稽だトンデモだっていう人がいるけど、トンデモ度で言えば地球に接近する小惑星を爆破しようとする『アルマゲドン』も『ディープインパクト』も『ガンマー三号 宇宙大作戦』(笑)もあんまり変わりないんやで。あんな超大質量の物体を核を使ったってそう簡単に破壊できるものかっていう。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

6月14日(木) 生まれて水爆戦

 

6月14日(木) 生まれて水爆戦
 太宰治駄洒落。子供の頃、テレビで『宇宙水爆戦』を見てメタルーナミュータントのあまりのグロテスクさに腰が抜けるほど驚いたものです、はい。http://community.phileweb.com/mypage/entry/2949/20160119/ オーディオ・AVファンのブログ集であるが、まあ、DTS Xがどうのとか、ドルビーアトモスがどうのとか、あのヘッドフォンがどうのとか、そういう話題ばっかりで「森友・加計・日大悪質タックル・五歳児虐待」等々がかけらも出てこないのが気持ちよいですなあ(笑)。いや、当たり前ですけど。

 さて、本日は新物件の地鎮祭。午前10時より開始され諸事滞りなく一時間ほどで終了。後は来年一月の完成を待つばかりである。食ったもの、朝飯にかけうどん 300キロカロリー、コーヒー牛乳150キロカロリー。昼飯はラ王の冷麺。もやしをたっぷり乗せて食べる。400キロカロリー。夕食はケチャッピーを使ったナポリタン。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,550キロカロリーなり。

 飯を食ってさあプロジェクターで映画を見ようとした瞬間、大変なことを思い出したのである。そうだ、取り壊してしまった家屋では私の旧ホームシアター用に「オーディオ用クライオブレーカー」を使っていたのだ。クライオブレーカーというのはクライオ処理(マイナス100℃でサブゼロ処理(深冷処理)を行ったブレーカー)でオーディオの音質向上の効果があるとされる。なんでもメーカーによれば原子配列や分子のクラスターが極低温で凝縮され整列されることで、信号の通りがスムーズになるからだと言うのだが・・・これ以上はツッコンではいけませんよ(笑)。

 その効果は正直言って良く分からなかったが購入したときはたしか8,000円弱だったと思う。今買おうとするとマイナーチェンジした製品が1万円するようなので、これは業者さんにお願いして取り外して貰うべきだった。今のホームシアターのブレーカーをこれに交換すればシステム全体の音・絵のクオリティが一段とアップした筈だ。ああ、もったいないことをしてしまった。

 さてその大後悔の後に見たのが日本映画専門チャンネルハイビジョン録画の『妖星ゴラス HDリマスター』である。いやあ、隼号や鳳号のディテール描写が凄いことになっているなあ。船内のメーター類もその動きがはっきりと分かるくらい。そして何より驚かされたのが南極基地建設で船団が氷海を進む場面。砕かれる氷の描写が異様にリアルに見える。フツー高画質になればなるほどミニチュア特撮のアラが見えてしまうと言われるが(個人的にはそうは思わないけど)、まったく逆の結果を生み出しているのである。

 ただ、これはもう何回も言っているのだが(笑)CS放送ゆえの明快な弱点がある訳で、冒頭で白川由美と水野久美が「裸で泳いじゃおうか」「いやーん、スリル満点ね、ハッスル、ハッスル!」とか言ってはしゃいでいる場面(つまり隼号打ち上げの直前)の夜景は暗部の諧調が出ておらず鬼のようなブロックノイズが発生する。

 だからこのマスターを使ってブルーレイなりUHDなりで早く出してくださいと言いたいのだ、私は。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

3月13日(水) 「フリーメーソンとまそたん」

 

3月13日(水) 「フリーメーソンとまそたん」
 これはいくらんでも無理。駄洒落にすらなっておらん(笑)。F-16ファイティング・ファルコンはジェネラル・ダイナミクス社が開発した軽量戦闘機。当初はジョン・ボイドが提唱したエネルギー機動性理論(E-M理論)を適用した昼間軽量戦闘機として開発されたが、後に全天候対空/対地攻撃能力を付与された。正式な初飛行は1974年2月2日。4,500機以上製造され世界20ヵ国以上の空軍が採用したベストセラー戦闘機である。大型化したLERX(機首側面フィン)を胴体・翼と一体で成形するブレンデッドウィングボディ、パイロットの操作を電気的な信号に変え,ワイヤ(電線)で結んだ電気-油圧サーボ・アクチュエーターに入力して電気的に操舵するフライ・バイ・ワイヤシステム等々当時の革新技術の塊のような機体だ。この戦闘機の操縦桿はパイロット右に位置したサイドスティック方式。この操縦桿はほとんど動かずパイロットが加えた操作圧力を感知する。

 なお、岩国フレンドシップディでF-16の凄まじいデモ飛行を披露したのは三沢基地所属のPACAF(PACific Air Forces 太平洋航空団)F-16 デモチーム。「ひそねとまそたん 第3話」で「今年はブルーも三沢のF-16もこないし」という台詞があるが、その三沢のF-16とはこのチームのことなのだ。

 本日は休み。午前7時過ぎに起き出してゴハンを炊く。良い天気ではあるが、布団はこの前干したし、洗濯ものもあんまりないしということでゴハンを炊く。この文章の前後が繋がっていない、脈絡がないと言われるかもしれないが、そんなのは私の知ったことではない。

 朝ゴハンは炊き立てのゴハン半合とベーコンエッグ、茹でホウレンソウ、大根の味噌汁。500キロカロリー。昼飯はスーパーで見つけた新鮮そうなカツオのサクを使った刺身。これでビール500ml缶一本飲んだのだ。残った刺身は細かく切って牡蠣醤油にしばらく漬け込んでおく。それをどんぶり飯にどさとあけてゴマ、刻み海苔、博多万能ねぎ刻み、わさびを乗っけて銀火丼(まぐろが鉄火丼だからかつおだったら銀火丼かなと思って)にする。意外と新鮮ではなかったカツオだが(笑)これは美味かった。半分ほど食ってからぐらぐらのお湯を掛けてお茶漬けにするとこれがまたたまらんかった。600キロカロリー。夕食はマルちゃん焼きそば豚肉抜きヴァージョン。玉ねぎ、きゃべつ・もやし使用。これもなぜか美味いんだよなあ(笑)。400キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて3Dブルーレイ 『インディペンデンスディ リサ―ジェンス』を見る。いやー、しかし悪い時のエメリッヒの映画ってどうしてこんなに退屈なんだろう。まあ、良い時の映画もあまり大したことはないんだけどさ(笑)。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は昔の大食い大会。トンカツうまそーって見せた直後に「大食いするのはつけあわせのキャベツだけです。トンカツ1枚だけ食ってもいいですが、それはカウントされません」 これ、ジャイアント白田が後年、「今の大食いは食材が豪華。俺たちの時はキャベツだけというのもあった」とボヤいていたもんなあ(笑)。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月12日(火) 赤い靴履いてた女の子LGBTさんに連れられて行っちゃった

 6月12日(火) 赤い靴履いてた女の子LGBTさんに連れられて行っちゃった
 こんな駄洒落もそのうちヘイトだ差別だとか言われちゃうのかなあ。昔(おおよそ32年前)、アメリカ旅行での出来事。ボーイングの航空博物館に行こうとしてバスの運転手さんに場所を聞いたら知らなかった。でもその運転手さん、無線で「あー、今、日本から二人の観光客が来ていてボーイングの博物館に行きたいと言うんだ、誰か教えてくれないか」 この時の運転手さん(30代ぐらいか?)のおかげでちゃんと航空博物館に行くことが出来た。どうもありがとうございました。このアメリカの人たちのホスピタリティの高さには感動したものですよ。

 もっともリトルトーキョーの土産物屋で日本人のおっちゃんから「アレなビデオがあるがいらないか、『白雪姫』のカセットに巻きなおしてあげるから税関でも見つからないよ」みたいなホスピタリティはいりませんので(笑)。

 (アレなビデオというのはもちろん、「怪奇大作戦 24話 狂鬼人間」とか「ウルトラセブン 12話 遊星より愛をこめて」とか『ノストラダムスの大予言』とか『恐怖奇形人間』とかではないので念のため。アメリカのポルノフィルムであるって当たり前だ、リトルトーキョーでそんなもん売ってるか!)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にトーストとベーコンエッグ。後はゼロカロリーコーラ。昼飯は膳でラーメン+替え玉。今日のラーメンは美味かった。スープの濃さと出汁がベストマッチ。替え玉の時にクラッシュドニンニクをたっぷり入れたらこれもたまらんかったぞ。夕食はカレーうどん。野菜をたっぷり入れたのでヴァイタミンの補給もばっちりだ。

 その後、プロジェクターを起動させてレンタルブルーレイの『メアリと魔女の花』を見たのだが、これがつまらんかったー、古典すぎる冒険活劇をいまさらやるのはいかがなものか。あの「うわあー、今の我々には使えない力だ!これに触れてはならん!」テーマも今となっては陳腐の極み。というか、何回この手の話を繰り返せば気が済むのか、なんど失敗してもこりずにエイリアンの生物兵器化を目論むウェイランド・ユタニ社もびっくりだぞ。まあ、それでもこれは原発のメタファーなのだ!とか言っちゃう人がいるんだろうなあ。

 演出にも疑問が残る。メアリが夜間飛行の花を何の考えもなしにぶちりともぎりますな(笑)。その後花は枯れて瘴気のようなものが流れ出すのだが、これがフツーの霧になってしまう。てっきりあの瘴気が魔法世界で感知されて魔法使いたちが探しにやってくるのかと思っていたのに。

 鏡でおばあさんから夜間飛行の花を受け取ったメアリ(大きな声では言えないけどこの鏡の件とか魔法学校の様子とかもろにハリー・ポッターだ)、マダムの襲撃まで結構余裕があったのにも関わらずなぜか花を使わない。彼女の魔力は尽きており、あの家まで飛んできたのは箒の最後の頑張りによるもの。本来なら一刻も早く花を使って魔力を回復させなければならないのになんでそうのんびりしとるかなあ。

 ただ、ブルーレイの画質はとんでもなく良かった。高い解像度、立体感と奥行き感の広がり、そしてなにより美しい発色。これで映画がもう少し面白ければUHDディスクを買おうと思ったかもしれん。音声はDTS-HDマスターオーディオ。細かな音の動きに驚愕。音楽やセリフがサラウンドフィールドを飛び回る。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

6月11日(月) LGBTは知っててもそれだけじゃ困ります

 6月11日(月) LGBTは知っててもそれだけじゃ困ります
 カセットLL駄洒落。A-10は、フェアチャイルド・リパブリック社が開発した単座、双発、直線翼を持つアメリカ空軍初の近接航空支援(CAS)専用機。戦車、装甲車その他の地上目標の攻撃と若干の航空阻止により地上軍を支援する任務を担う。運用開始(1977年3月10日)より既に41年が経過した老兵だが、ライト兄弟がライトフライヤーの初飛行に成功して以来、もっともタフな航空機として知られている。

 コクピット周辺はチタン(+ケブラーの内張り)で取り囲まれているので(いわゆる「チタンのバスタブ」)57mm砲でもなんとかなっちゃうぞ。風防は延伸アクリル製で、20mm機関砲(つまりはM61バルカン砲?)に撃たれたって平気だい!機首に装備している鬼の30mmバルカン砲は6,500メートル以内ならあらゆる戦車の上面装甲をぶち抜くぞ。このバルカン砲システムの全体の大きさはフォルクスワーゲン自動車なみだぞ。戦闘行動中の携行SAM(地対空ミサイル)による被弾確率が150%。なぜこんな数字になるかというと、一度被弾しても平気で飛び続けさらに被弾するからだ。それでも滅多に撃墜されないぞ。イラク戦争では片っ方のエンジンを地対空ミサイルで吹き飛ばされたのに無事帰還しているぞ。第二次湾岸戦争における航空機パイロットの戦死者は120人(大半がF-16),A-10パイロットは1人だけ。でも死因は食中毒なんだ(バーボン一気飲みで急性アルコール中毒という情報もあり)、うん。
 
 私はこんなA-10が大好き。だから親しみと敬意をこめてこう呼ぶ、「A-10兄貴」と。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのカップラーメンとお握り。800キロカロリー。昼飯は朝飯が残っていたのでガリガリ君チョコミント味で済ます。130キロカロリー。夕食は突然食べたくなった素麺。揖保の糸だ。後はキャベツ・たまねぎ・もやしの野菜炒めと茹でホウレンソウ。550キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,480キロカロリーなり。

 その後、先日途中まで見ていた『最後の猿の惑星 猿は猿を殺さない!』じゃなかった『猿の惑星 聖戦記』UHDを最後まで。いやあ、ドルビーアトモスの圧倒的ヴォリュームの音場もスゴイが、その画質はさらに上を行く。高画質というより美画質。どこの場面を切り取ってもため息がでそうなほど美しい。これで日本語字幕・音声入りなのだからまさにコタエられぬ。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。「バカ殿」 全員集合のパロディが良い。寺門ジモンの仲本工事真似に大爆笑。眼鏡を掛けてにやにやしているだけなのだが、これが妙にはまっていたのだ。寺門ジモンの物まねで感心したのはこれが初めてではないか(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

6月10日(日) ダイイング明治生命

 6月10日(日) ダイイング明治生命
 信じられないかもしれないが、これは「ダイイングメッセージ」の駄洒落なのだよ、ヘイスティングス君。夜中にフラットベッドスキャナーを使って昔のエロ雑誌のグラビアをスキャンしていたんですよ。この時代のエログラビア雑誌というたらですなあ、高校でたての未成年モデルががんがん脱いでいて、しかも、その数か月後にAVデビューしたりしていたんですなあ。なんとシスティマテックな業界だと感心したりしていたものですよ。ええっと言いたくなるような不細工なモデルさんもいて、でもそういう人たちはエッチな企画もののグラビアにしか出して貰えないみたいな、陰陽の妙というものを感じずにはいられませんでしたって、話がそれましたが(笑)、とにかく、なるったけ高画質でスキャンしたいと思って解像度600dpiでやっていた訳です。

 そうすると必然的に容量が嵩みます。使用していたフラットベッドスキャナーはスキャン容量が一定以上になると自動的に動作を終了する仕組みになっていたのですが、これが予想外に早くやってくる。そして、この時の動作終了音がでかい。私はもうびくーっとしてしまいまして、何やら「夜中に何をやっとる、このバカたれが」と叱られた気分になってしまいまして、思わずごめんなさい!と言っちゃうのです。冗談かと思われるかもしれませんが、一度は本気で謝ってしまったんです。

 どうでも良い話でごめんなさい。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にトーストにスライスチーズ一枚とキャベツの千切りを乗せて少量のカロリーハーフマヨネーズと牡蠣醤油で味付け。二つに折りたたんで食べる。350キロカロリー。昼飯 マルちゃん正麺のカレーうどん。もやし、キャベツ、玉ねぎを使って。400キロカロリー。これが美味いのなんの。汗まみれになるのも快感である。夕食はカニかまをつまみにビール500ml缶一本飲み、マルちゃん焼きそばの豚肉抜きヴァージョンで仕上げ。ちなみにカニかまというのはフツーのカニかまではなくもう見た目が蟹の足身にそっくりな奴。これを添付のカニ酢の他にワサビ醤油、マヨネーズ醤油を用意して味を変えながら食べるのである。大変に美味しい。最初の3本までは(笑)。 550キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,300キロカロリーなり。

 その後は映画を見ずにテキトーにテレビを見て過ごす。午後9時すぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「バカ殿」 上島の竜ちゃんと出川の哲っちゃんのバカな絡みに大笑い。こういうのを見るとマジで5年寿命が延びると思う(笑)。

 午後11時過ぎからプロジェクターを起動させて録画したばかりの日本映画専門チャンネルハイビジョン録画の『キングコングの逆襲 HDリマスター版』 発色の美しさ、洋服のテクスチャー再現など驚くべきもの。でもやっぱり日本映画専門チャンネルだからちょっと早い動きになると画像が破たんしちゃうの。特にモンド島の揺れる草花とかモザイクだらけになっちゃう。

 悲しいのでとっととブルーレイとかUHDディスクで出してください。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

6月9日(土) U-2など吹き飛ばして君も元気だせよ

 

6月9日(土) U-2など吹き飛ばして君も元気だせよ
 ゲーリー・パワーズ事件駄洒落。スティーブン・キング 「ジ・アウトサイダー」 最終回。ホーリーとサブロはボルトン家へ立ち寄り結果の報告とサブロの応急手当。ボルトンママは「ありがとう、あなたたちがいてくれなかったら息子が濡れ衣を着せられていたかもしれない」」 

 その後、ラルフ・ホリーの手配りによってホーウィーとアレックの遺体は霊柩車によってフリント・シティへ戻ってくることになる。付け加えておけばホスキンスの死体移送もホリーの負担によって行われた。それぞれの家族で再会の喜び、死別の悲しみ、悲喜こもごもが繰り広げられる。

 ラルフより説明を受けたビル・ウィリアムスは地域検察官としての最後の仕事に取り掛かる。それはテリーに掛けられた嫌疑を晴らすこと。彼は記者会見を開き、目撃者たちの証言が必ずしも信頼できるレベルではないこと(ジェーン・モリスは子供、エレーン・ストーンホフは目の悪いお年寄りということで最初から弾かれた)。採取された指紋は偽造の疑いがあること。一致したDNAは鑑定結果が100パーセント正しいと考えるのは誤りだということ等々を説明する。

 そして例の講演会でのビデオやホテルで採取されたテリーの指紋が公開される。ビルは記者団に対し宣言した。「我々は公式にテリーへの嫌疑を取り下げた」

 ラルフは仕事へ復帰。なんとか通常の生活を取り戻したかのように見えた。しかし、彼はその実、たびたび悪夢に悩まされている。そんな時、彼はホリーに電話し悪夢について静かに話し合うのであった。

 Fin。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にベーコンエッグとバタートースト。飲み物は麦茶(笑)。500キロカロリー。昼飯はキャベツや玉ねぎ・大根の味噌汁、もずく酢2パック。200キロカロリー。夕食は冷凍食品の水ギョーザ2個とケチャッピーで作ったナポリタン。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『エクスポーズ 暗闇の迷宮』を見る。うーん、これほどキアヌ・リーブスが役に立っていない映画も珍しい(笑)。私はてっきり超自然的な力がヒロインに介入し、疑似的な処女懐胎(旦那は1年以上前からイラクで従軍している。だから疑似的なのだ)をさせたと思っていたのだが、あにはからんや、彼女が身も蓋もないレイプの犠牲者で、そのショックのあまり記憶の改ざん・改変が行われたというお話であった。そして最後の最後で彼女自身が幼い頃に父親から性的虐待を受けたことが明らかになる。

 メタファーがあまりにも過ぎていて話がよー分からんかった(笑)。

 ハイビジョン画質はダメダメ。ノイズが多くまた諧調の推移が破たんしていて鬼のようなトーンジャンプが出る。音声はAAC5.1チャンネル。見るものの不安を誘う不気味な重低音が聞きどころ。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時からプロジェクターを再起動させてチャンネルNECOハイビジョンで録画しておいた小林旭主演の『風に逆らう流れ者』を45分ほど。1回見ている作品だけどやっぱり面白いよ(笑)。特に神山繁とのガン合戦、せっかくチンピラの皆さんが標的として色水入れたカクテルグラスを用意したのに、二人とも知らん顔。神山繁は通りがかったダンサーの衣装のブラジャーや羽飾りを早射ちで吹っ飛ばす。小林旭は旭で神山繁から取り上げていた5個のいかさまサイコロを空中に放り投げてこれまた早打ちで吹っ飛ばす。

 ヘンな場面だけれども(笑)こういうのにグッと来てしまうんだなあ。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧